× Q 翻訳訳語辞典
home   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あの世
   
send sb home: あの世へ送る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
あやまたず
   
the sword sinks inevitably home: 剣があやまたず突き刺される マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
いらっしゃる
   
anybody home: ごめんくださーい。どなたかいらっしゃいませんか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
くに
   
Where's home for a woman of her integrity?: そういう誠実一途の女にとって、くにとはどこだね ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 311
すまい
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 31

ホーム
   
try to steal home: ホームスティールを試みる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
get home: ホームを陥れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387

   
you will always have a home at Green Gables: グリン・ゲイブルスはあんたの家だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
want one’s new home to be perfect in every detail: その新しい家を、隅から隅まで自分の思いどおりに完璧なものにしたがる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
walk sb home: 家まで送る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
violate sb’s home: (人の)家を荒らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 311
this girl has run away from home: 家出娘だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 117
take sb home: (人を)家に連れて帰る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 320
small but still comfortable home: 小さな居心地のいい家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
sb’s old home has changed dramatically: (人の)家の様子がすっかり変わってしまっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 318
sb’s home is not much: 家に金をかけない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
reach home exhausted: 疲れて家に帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
on the way home: 家に帰る前に カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
never sat in sb’s home: 〜の家を訪ねたこともない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
maintain the home’s upkeep and grandeur: 家を不自由なく見栄えよく維持する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
live a life outside the home: 家の外で勝手気ままに暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
let sb enter one’s home: 自分の家に入ることを許す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
have to stay home for ... hours straight: 〜時間一歩も家を空けられない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 26
go on back home: まっすぐ家へ帰る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
go home happy: 心はればれと家に帰る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
give up the large home: 大きな家を出る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
give up one’s nice new home: (人の)新しい家を手放す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
get home as fast as one can: 一刻も早く家へ帰る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
forfeit one’s home: (人の)家が取り上げられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
feel secure with one’s home: 家を維持できる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
explain the situation at home: 家の事情を詳しく述べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
cry every foot of the way back home: 家に帰りつくまでずっと泣き続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
country home: 田舎家 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
can not leave sb at home: (人を)家においとけない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
can’t afford much of a home: 家を維持していくことだってむずかしい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
buy one’s new home: この家を買う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
buy a new home: 家を購入する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
break into home: 家に忍び込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
beautiful home: 豪勢な家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
be driven from one’s homes by sb: (人に)力ずくで家を追われる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
家に
   
take sth home: 家に持って帰る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
sweet dreams at the end of the journey home: 家に帰れば、道はそのまま夢路へと通じている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 98
can’t wait to get home: 一刻も早く家に帰る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
be sent home: 家に帰される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
家に落ちついている
   
if only sb were home more: せめて(人が)もう少し家に落ちついていてくれれば ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
家族に
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 271
家庭
   
observe no distinction between home and workplace: 家庭と勤務場所との区別をつけていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
match something that had faced one at home: 家庭環境と似ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
be the easiest hour in sb’s home: (人の)家庭では、〜が一家団欒の場だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
家路に
   
head home: 家路につく ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154
牙城
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
帰って
   
come home to something: 何かが待つところへ帰ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
帰る
   
run home: 逃げて帰る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 76
帰国
   
within sight of rotation home: 交替帰国を目前にして クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
帰国の
   
be on one’s way home: 帰国の途につく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
急所
   
strike home: 急所をつく キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
   
return to one’s parents’ home: 両親の許に帰る 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
魚礁
   
make a fine home for local game fish: この水域の大型魚の絶好の魚礁になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
郷里
   
one’s family in one’s home province: (人の)郷里にいる続きあいの人々 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
be home for the holidays: 郷里に帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
個人生活
   
invade sb’s home: (人の)個人生活に波紋を起こす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
古巣
   
It was home and the prospect of four stars held a certain mystique: 古巣でもあるし、四つ星への昇進も捨て難い魅力があった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
故郷
   
almost think of ... as one’s home: 〜を故郷のように感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
故国
   
御宅
   
walk you home: 御宅の前まで御供する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
国から
   
write home for the train fare: 国から旅費を送らせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
根城
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 245
自国
   
those in power at home: 自国内の勢力者たち 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 177
自宅
   
work out of one’s home: 自宅で仕事をしている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
work at home doing ...: 〜という仕事を自宅でやっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
lead sb off to one’s home: 先に立って自宅へ案内する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
have three additions to one’s home built: 自宅に三部屋も増築する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
drive home at better than sixty: 百キロを優に超える猛スピードで自宅に帰りつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
call sb at home: (人の)自宅に電話をかける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
call sb at home: (人の)自宅へ電話する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
自分の巣
   
shoot home like a bolting rabbit: 脱兎の如く自分の巣に飛びこむ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 200
実家
   
live away from home: 実家を離れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
haven’t been home for quite a while: 実家に帰るのは久しぶりだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 130
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
住宅
   
suburban home: 郊外住宅 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
親しいもの
   
the sound of one’s voice is becoming the sound of home: (人の)声が(人に)とってなによりも親しいものになりつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
親元へ
   
take sb home: 親元へ送りとどける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
青春の故郷
   
a piece of home: ささやかな青春の故郷 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
   
proceed to make oneself acquainted with one’s new home: 新しい巣と馴染みになることから始める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 28
   
spend most of one’s time at home: 何時でも大抵宅にいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
地元
   
home state: 地元の州 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55
can fix things back home: あとは地元でなんとかなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
地元で
   
be home: 地元で試合をしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
   
go on quickly in the direction one’s own home: そのままじぶんの邸目指して足を早める ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
邸宅
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
田舎
   
leave home: 田舎を出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
back home: 私の田舎じゃねえ、 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
部屋全体
   
it’s so much fun at home: 部屋全体のトーンが一段明るくなる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
別荘
   
winter home: 冬の別荘 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54
本拠地
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
本塁
   
a break for home: 本塁をうかがう ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 108
Tweet