× Q 翻訳訳語辞典
home   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あの世
   
send sb home: あの世へ送る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
あやまたず
   
the sword sinks inevitably home: 剣があやまたず突き刺される マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
いらっしゃる
   
anybody home: ごめんくださーい。どなたかいらっしゃいませんか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
くに
   
Where's home for a woman of her integrity?: そういう誠実一途の女にとって、くにとはどこだね ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 311
すまい
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 31

ホーム
   
try to steal home: ホームスティールを試みる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
get home: ホームを陥れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387

   
you will always have a home at Green Gables: グリン・ゲイブルスはあんたの家だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
want one’s new home to be perfect in every detail: その新しい家を、隅から隅まで自分の思いどおりに完璧なものにしたがる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
walk sb home: 家まで送る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
violate sb’s home: (人の)家を荒らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 311
this girl has run away from home: 家出娘だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 117
take sb home: (人を)家に連れて帰る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 320
small but still comfortable home: 小さな居心地のいい家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
sb’s old home has changed dramatically: (人の)家の様子がすっかり変わってしまっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 318
sb’s home is not much: 家に金をかけない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
reach home exhausted: 疲れて家に帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
on the way home: 家に帰る前に カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
never sat in sb’s home: 〜の家を訪ねたこともない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
maintain the home’s upkeep and grandeur: 家を不自由なく見栄えよく維持する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
live a life outside the home: 家の外で勝手気ままに暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
let sb enter one’s home: 自分の家に入ることを許す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
have to stay home for ... hours straight: 〜時間一歩も家を空けられない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 26
go on back home: まっすぐ家へ帰る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
go home happy: 心はればれと家に帰る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
give up the large home: 大きな家を出る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
give up one’s nice new home: (人の)新しい家を手放す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
get home as fast as one can: 一刻も早く家へ帰る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
forfeit one’s home: (人の)家が取り上げられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
feel secure with one’s home: 家を維持できる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
explain the situation at home: 家の事情を詳しく述べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
cry every foot of the way back home: 家に帰りつくまでずっと泣き続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
country home: 田舎家 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
can not leave sb at home: (人を)家においとけない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
can’t afford much of a home: 家を維持していくことだってむずかしい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
buy one’s new home: この家を買う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
buy a new home: 家を購入する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
break into home: 家に忍び込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
beautiful home: 豪勢な家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
be driven from one’s homes by sb: (人に)力ずくで家を追われる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
家に
   
take sth home: 家に持って帰る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
sweet dreams at the end of the journey home: 家に帰れば、道はそのまま夢路へと通じている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 98
can’t wait to get home: 一刻も早く家に帰る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
be sent home: 家に帰される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
家に落ちついている
   
if only sb were home more: せめて(人が)もう少し家に落ちついていてくれれば ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
家族に
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 271
家庭
   
observe no distinction between home and workplace: 家庭と勤務場所との区別をつけていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
match something that had faced one at home: 家庭環境と似ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
be the easiest hour in sb’s home: (人の)家庭では、〜が一家団欒の場だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
家路に
   
head home: 家路につく ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154
牙城
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
帰って
   
come home to something: 何かが待つところへ帰ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
帰る
   
run home: 逃げて帰る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 76
帰国
   
within sight of rotation home: 交替帰国を目前にして クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
帰国の
   
be on one’s way home: 帰国の途につく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
急所
   
strike home: 急所をつく キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
   
return to one’s parents’ home: 両親の許に帰る 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
魚礁
   
make a fine home for local game fish: この水域の大型魚の絶好の魚礁になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
郷里
   
one’s family in one’s home province: (人の)郷里にいる続きあいの人々 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
be home for the holidays: 郷里に帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
個人生活
   
invade sb’s home: (人の)個人生活に波紋を起こす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
古巣
   
It was home and the prospect of four stars held a certain mystique: 古巣でもあるし、四つ星への昇進も捨て難い魅力があった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
故郷
   
almost think of ... as one’s home: 〜を故郷のように感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
故国
   
御宅
   
walk you home: 御宅の前まで御供する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
国から
   
write home for the train fare: 国から旅費を送らせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
根城
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 245
自国
   
those in power at home: 自国内の勢力者たち 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 177
自宅
   
work out of one’s home: 自宅で仕事をしている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
work at home doing ...: 〜という仕事を自宅でやっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
lead sb off to one’s home: 先に立って自宅へ案内する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
have three additions to one’s home built: 自宅に三部屋も増築する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
drive home at better than sixty: 百キロを優に超える猛スピードで自宅に帰りつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
call sb at home: (人の)自宅に電話をかける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
call sb at home: (人の)自宅へ電話する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
自分の巣
   
shoot home like a bolting rabbit: 脱兎の如く自分の巣に飛びこむ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 200
実家
   
live away from home: 実家を離れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
haven’t been home for quite a while: 実家に帰るのは久しぶりだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 130
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
住宅
   
suburban home: 郊外住宅 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
親しいもの
   
the sound of one’s voice is becoming the sound of home: (人の)声が(人に)とってなによりも親しいものになりつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
親元へ
   
take sb home: 親元へ送りとどける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
青春の故郷
   
a piece of home: ささやかな青春の故郷 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
   
proceed to make oneself acquainted with one’s new home: 新しい巣と馴染みになることから始める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 28
   
spend most of one’s time at home: 何時でも大抵宅にいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
地元
   
home state: 地元の州 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55
can fix things back home: あとは地元でなんとかなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
地元で
   
be home: 地元で試合をしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
   
go on quickly in the direction one’s own home: そのままじぶんの邸目指して足を早める ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
邸宅
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
田舎
   
leave home: 田舎を出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
back home: 私の田舎じゃねえ、 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
部屋全体
   
it’s so much fun at home: 部屋全体のトーンが一段明るくなる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
別荘
   
winter home: 冬の別荘 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54
本拠地
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
本塁
   
a break for home: 本塁をうかがう ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 108

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

your home: 御宅
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
walk slowly home: ゆっくりと家路をたどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
the home front: 個人生活
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 291
the family home: 生家
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 124
struggle home: 辛くも逃げ帰る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 5
strike home: そこまで考えがまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
strike home: 図星をさす
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 79
strike home: 命中する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 322
stay home from work: 店を休む
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 27
stay at home: 外出せずにいる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
skip from home: 蒸発する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 42
set off home: 帰ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
send sb home: (人を)帰宅させる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 317
send money home: 仕送りをする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 57
sb’s home: (人の)国元
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
rush home: 大急ぎで帰ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
run home: 家へ飛んで帰る
run from home: 家出する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
return home: もとへ戻る
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
return home: 家路をたどる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
return home: 帰港する
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 205
recover home: 故郷に帰って、そこで暮す
principal home: 本宅
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
please come home: キタクコウ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
one’s home turf: 国内
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 153
one’s home ring: いつもはめている指輪
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 136
one’s home: 自宅
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
on the way home: 帰る道々
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 356
on one’s way home: 帰りに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
on one’s way home: 帰りみち
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 139
old home: 生家
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 199
live at home: 両親と同居している
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
leave home: 戻って来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
is anyone at home: 今晩は
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 130
is anybody home: 頭ん中お留守ですかあ?
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 172
home on ...: 〜をかぎつける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
home invader: 家に押し入る強盗
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
home base: ホームグラウンド
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
hit home: 胸にこたえる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 117
head for home: 引き揚げにかかる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 289
go right home: 手ごたへがある
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 161
go home: ひきあげてしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
go home: 家路につく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
go home: 帰省する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 277
go home: 帰宅する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
go home: 無罪放免だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
go home: 命中する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
get sth home: (物が)ずばり痛いところを突く
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 50
get home: 帰ってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
get home: 帰宅する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
from home: 国元から
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
feel right at home: 板につく
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 119
feel at home: うちとけた気分になれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
feel at home: 場馴れた態度
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
family home: 邸
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 5
expected home: もうじき帰るはずだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 166
drive home: 家路ににつく
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 135
come home: 凱旋する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
come home: 帰宅する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
come back home: 帰郷する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
call sb home: (人を)帰国させる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 378
bring sth home: 〜を持って帰ってくる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 298
before leaving home: 出がけに
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 112
be one’s home: 〜では勝手気ままに振舞っている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 89
be never home: いつも留守だ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
be home: (人が)やったぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 136
be home: あるべき場所に身体が落ちつく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 108
be back home: 郷里に帰省する
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 9
away from home: 異国に身を置く
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 59
at home: 国内
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 146
at home: 国内で
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 24
a rest home: 保養所
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
a district of wealthy homes: 屋敷街
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 83
well, you’re home nice and early: 真面目に早く帰ってくるじゃないの
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 47
we can all go home: われわれはお役ご免だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
we all go home: おれたち全員無駄足だな
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 518
want to get home the view doesn’t matter: 景色などに目もくれずひたすら家路を急いでいる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 189
want a home and possessions: 一家を構えてそこに落ち着きたいと望む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
there is a sense in which we need to go home: 郷愁はやみがたい
the folk back home: 郷里の人たち
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 193
the crowds have all gone home: みんな家に帰ってだれもいない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
take a taxi home: 送りのタクシーで帰る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
strike home to the heart: 心にしみこんで来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 141
stop on the way home and do: 〜の帰り道、(場所)によって〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
stop off for a drink on the way home: 〜がえりに同僚と酒を呑む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
stop by ... on the way home: 帰り道に〜をのぞく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
still at home with one’s ma: いまだに母親といっしょの家に住む
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
stay home and ...: いながらにして
start staying away from home so much: うちを出る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
stand for home and happiness: 天国の至福を味わう
share a home with sb: (人と)同じ屋根の下に暮す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
seem at home on ...: 〜で本領を発揮する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 298
sb’s home office wants sb to ask: 本社のほうから訊いてこいといわれる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
return home feeling that ...: 〜という思いを胸に帰路につく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 508
ram home with sth: 〜により強調される
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
press each point home firmly but with patience, as if one was trying to persuade a child: ざっとこれだけのことを噛んで含めるように説明する
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
or closer to home: もっとはっきりいおうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
one’s students before going home: 帰りじたくをはじめた生徒
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
on the way home: 帰りがけに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 163
on the way home: 帰りの道は
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
on the way home: 帰宅の道すがら
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 420
on one’s way home: 家路をたどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
on one’s home territory: 任務をはなれての
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 53
nobody is home downstairs: 階下の住人はみな出払っている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 127
make ready to go home: 帰りじたくをはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
make oneself quite at home: ごく当り前といった感じだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
make oneself at home: 勝手なまねをする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
make one’s home there: 住みついている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 172
make in a home: 故郷としてなつかしがる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 80
make home around sb: (人と)一緒になる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 56
make a home for sb: (人に)安全の地を用意する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
look quite at home: 全然場ちがいに見えない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 111
live in the same home with sb: (人と)同じ屋根の下に住む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
leave home at different times on different days: 出勤時間は日によって異なる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
leave home almost an hour after the morning rush: 世間のラッシュからは小一時間ほどずれている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
it doesn’t hit home: しっくり来ない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 222
in the period of a single week one come home past one’s parents’ curfew on XX occasions: 一週間のうちXX回も門限を破る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
I make myself at home: 気楽にさせてもらっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 58
home in on sb: (人の)侵入経路を探知する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
home in on ...: 〜をつきとめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 72
home in on ...: まっすぐ〜に迫る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
hit a home run: ホームランを放つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 238
have come to bring sb home: 迎えに来た
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 51
have been away from home for two months: 二ヵ月ぶりに家に帰る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 251
have always felt completely at home: いつ訪ねても心から寛ぐことのできた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 437
go home to visit one’s family: 実家に帰る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
go home in the morning: 朝帰りする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 312
glad to have found a mischief so close to home: 他人の不幸は鴨の味とばかりに、うれしそうに
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 15
give up and go home: 途中で厭になって逃げ帰ってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 143
give sb sth to take home: (人に)おみやげに〜をくれる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
get ready to go home: 帰り支度をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
get a crucial home run off sb: 試合を決めるホームランを〜から放つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 13
find a home on ...: 〜に落ち着く
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
feel very much at home: まったく気おくれを感じない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 65
feel quite at home and rather happy: とても落ちつき、気分がいい
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 77
feel more at home in ...: 〜の方が落着いていい
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 72
families on their way home from day trips: 行楽帰りの家族連れ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
drive sb home to ...: (人を)車で(場所)へ送る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 408
drive home from sb’s house: (人の)家をあとにする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 59
don’t look like anything to get up in the night and write home to mother about: とりたてていうほどの逸品とはとても思えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
don’t feel completely at home: 何かと気が置ける
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 85
damage sb on home territory: (人の)自宅を襲撃して痛めつける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
come home with all sorts of things, including sth: (物)とかいろんなものを貰ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
come home to sb acutely: (人は)はっきりわかる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
cease to enjoy being at home: つい面白くなくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
can feel at home: 気がおけない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 384
can’t easily come home: おいそれと呼び寄せられる女ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
buy sth to take home as a souvenir: お土産として買っていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 60
businessmen often have home demonstrations: お店屋さんってよく実演販売とかする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 277
bring sth to one’s folk’s home: 帰省のとき、(物を)うちへもって帰る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
bring home still more strongly to sb sth: 〜(であることを人に)あらためて確信させる効果がある
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 10
bring home good reports: 持って返ってくる成績がいつも優秀だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
bring ... home from grocery store: 買い物のついでに〜を買ってかえる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
bother sb at home: 自宅へ押しかける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
begin to plod toward home: とぼとぼと家路をたどることにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
be too close to home: あんまり痛切すぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
be the home of ...: 〜としてあまねく知られている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
be required at home: 帰省の必要がある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
be ready to go home: そろそろ失礼しますと言う
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 116
be more at home doing: 〜してるほうが似合う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
be long way from home: ずいぶんはるばるやって来る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 346
be kept away from home: 引っ張られて帰れない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
be home in an empty house: 無人の自宅で過ごす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
be home and dry: しめたものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 109
be hardly ever at home: うちへ帰ったり帰らなかったりになる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
be hardly able to leave home at night: 夜などめったに出られない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 99
be for one’s long home and no mistake: きっと墓場ゆきだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 209
be close to home: 真実に迫る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
be brought home to one through one’s own personal experience: 自分の個人的体験から思い至る
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
be back to make a nest at the home one have once spurned: かって自分が馬鹿にして出ていった場所に助けを求める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
be at home on ...: 〜になじみが深い
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
as sb is driving home from ...: 〜から帰ってくる車の中で
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 75
as if to drive home one’s point: あてつけのように
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
always feel at home only in ...: この先ずっと、〜にいるときしかやすらぎは得られない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
a piece of home: 故郷の安らぎ
a nice, fancy new home: 見映えのする立派な新居
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
restless contingent that abandons home: わが家をかえりみぬ落ちつかぬ人々の群
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
hammer home one’s advantage of surprise: 奇襲の利を存分にもちいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
after we got home ...: 家に帰って、〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
can all go back home: いくらでも帰って行かれる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 27
find it almost impossible to leave home: なかなか家をあけようとしない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 10
have spent a lot of time at home alone: 家に一人でいることが多かった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 155
And tell him I said I'd really like it if he came home for Christmas: ついでに、わたしから、クリスマスに会えたら嬉しいのだが、とお伝えいただきたい
old home imbued with antique color: 古色じみた家
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 66
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
by the time sb arrive home: 家へ帰りつくころに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
arrive home to find one’s house neat and orderly: 帰宅してみると、家の中がすっかり片づいていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 311
have been away from home: 家を留守にしていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
throw a ball through the home-plate screen: 投げた球がバックネットを突き破る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
beyond home: 家を離れて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
go home for a bit: いっぺん家に戻る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
run home blithely: 元気よく家へかけて帰る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 38
sth be brought home to sb: 〜がよみがえる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 40
bring home to sb: (人に)思い知らせる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 58
have come from a broken home: 両親、あるいは片親のいない家庭で育つ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 401
business at home: 家庭のこと
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
There was no answer at either McCord's home or his business: マッコードの自宅も会社も応答はなかった
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
by the time one got home: 家についてみると
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
happily unconscious of the new calamity at home: 新しく家で起っていた災厄のことなどは、幸いに少し知らず
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
call home: 家に電話を入れる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
call home once a day: 一日に一度、家に連絡を入れる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 465
the home-run champion: 最高のホームラン打者
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
clear off home: さっさと帰る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 231
go home to the cold comfort: さむざむとして家へもどる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 306
simply did not come home: 朝まで家にもどらなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
coming home from ...: 〜からの帰り道
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
ツイート