× Q 翻訳訳語辞典
rush   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あふれる
   
a rush of adrenaline: アドレナリンがあふれる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
あわただしく来る
   
an influx of people rush through to do ...: 人々があわただしくやって来て〜していく オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 64
あわてて
   
rush home: あわてて帰る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
あわてて〜する
   
come rushing out: あわててとびだしてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 53
いそぎ
   
it isn’t all that great a rush: そこまでのいそぎでもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
かけよる
   
rush to sb: (人のところに)かけよる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 114
せきたてる
   
rush sb: (人を)せきたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
たちまち殺到する
   
such fraternal embraces are bestowed upon sb by ... as can rush at sb: たちまち殺到した〜は、我先にと(人を)抱擁する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
たてこむ
   
before the rush: お店がたてこむ前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
のぼる
   
the blood rush to one’s head: 頭に血がのぼるのをおぼえる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
ほとばしり出る
   
feel the rush of light and heat, the flames: 光と熱、炎がほとばしり出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
a breath of heat rushes: 熱気がほとばしり出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
まっしぐらに天空へ馳せのぼる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 355
やっつけ仕事
   
just rush the customers through: 早くやっつけ仕事をするだけ 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 152
わきのぼる
   
great gouts of air rush turbulently to ...: ごぼごぼと巨大な気泡が〜にわきのぼる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 342

モーション
   
be giving sb a desperate rush: すごい勢いで(人に)モーションをかけている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 289
ラッシュ
   
leave home almost an hour after the morning rush: 世間のラッシュからは小一時間ほどずれている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159

俄然
   
rush at sb without warning: 〜に俄然として心づく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
快感
   
string out on the rush of ...: 〜の快感に酔う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
逆撫でする
   
rush sb: (人の)神経を逆撫でする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
急ぎ
   
while there is a rush on the mission: 急ぎの作戦とはいえ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
急く
   
you didn’t rush: 急いてはいけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
駆けつける
   
The news of the birth brought Seishu rushing to his wife's side: 出産の報せをきいて青洲は駆けつけると、 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 102
rush to sb’s rescue: 助けに駆けつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
rush to sb’s house: (人の)家へ駆けつける 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 53
駆けよる
   
rushing over sb: (人の)そばに駆けよる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 46
駆ける
   
rush down the corridor: 廊下を駆け抜ける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
rush along the hall: 広間を駆けぬける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 375
breathless from rushing to get to the station: 大急ぎで息せききって駅に駆けつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 115
駆け寄る
   
rush toward sb, an instinctive act: 矢も楯もたまらないようすで駆け寄ろうとする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 69
駆け込む
   
rush into ...: 〜へ駆け込む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
慌てる
   
not to rush it: 慌てるな ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 250
雑沓
   
stand aside from the rush: 雑沓から離れて立つ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 135
刺すような痛み
   
feel an immediate rush to one’s gut: 腹の底へきゅっと刺すような痛みを感じる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 200
焦る
   
rush to do sth: 〜することを焦る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 357
人混み
   
stand aside from the rush: 人混みからちょっと離れる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 56
素早く
   
rush into one’s clothes: 素早く服を着込む カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 35
早速
   
rush back to sb: 早速(人の)所へ出掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
走る
   
息せき切って
   
arrive in a rush: 息せき切ってかけつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29
突進
   
pell-mell rush: 熱狂的な突進 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
繁忙
   
the year-end rush: 年度末の繁忙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
分泌
   
adrenaline rush: アドレナリンの分泌 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
茂み
   
till it glides gently in among the waving rushes: やがて灯心草のさやさやそよぐ茂みにすうっとすべりこんでいく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
乱れ雲の流れる
   
below that rushing sky: 乱れ雲の流れる空の下に スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 172

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

rush up: 駆けつける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 228
rush to ...: 〜へとんでいく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 123
rush to ...: 急いで〜しに行く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 20
rush through ...: あわてて雑に〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
rush right over: さっそく飛びついてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 203
rush out: 勢い込んでたずねる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 71
rush on down: 潰える
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 65
rush on: かまわずつづける
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 254
rush on: 急き込むように言葉を接ぐ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 335
rush of ...: 切迫した〜
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 264
rush indoors: 屋内に駆けこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
rush in to the attack: 攻め入る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 91
rush in pursuit: 襲って来る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
rush in ...: 〜に奔入する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 222
rush in: 駆け込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
rush home: 大急ぎで帰ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
rush by outside: 外をひゅひゅうという音をたてて過ぎていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
rush behavior: 軽挙妄動
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
rush at sb: つかみかかる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 116
rush about: 忙しく飛びまわるようになる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 212
in a rush: あわてて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
get too rushed: ひどく性急なやっつけ仕事になる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 166
come rushing along: あたふたやって来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 304
weariness comes rushing back upon sb: 疲れがまた出てくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 47
there is no need to rush: ゆっくりいこう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
terror rush into sb’s face: さっと恐怖の色を顔に浮かべる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 255
rush up to ...: 〜へ駆上る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
rush up and down: あたふたする
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
rush tumultuously in at the door: あたふたと部屋にかけこむ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
rush through one’s work: 仕事もそこそこに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
rush over to ...: (場所に)かけつける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
rush out of ...: あたふたと〜を飛び出して行く
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 294
rush hell out of sb: (人を)追っかけまわす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
rush headlong toward some kind of goal: 一瀉千里に流れていく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 143
rush down the mountain to escape the cold: 震え上がるほど寒い山からさっさとおさらばする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
rush blindly into sb’s arms: むやみに(人の)ご機嫌をとる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
rush back to the lavatory: トイレに駆け込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
rush ahead on ...: 〜へ衝き進む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401
rush after sb and beg sb to stay: 追っかけていってどうか行かないでくれとすがりつく
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 115
rush about trying to find what has happened to sb: (人の)消息を尋ねに駈けずりまわる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 292
pause in one’s rush for the stairhead: 階段のおり口に急いでいた足をとめる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 32
one’s action is rushed: その行動は猪突猛進
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 223
new suit of English tweed they had rushed to have ready in time: その日に無理矢理に間に合わせた英国物の新調の背広
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
never rush any fences: 何事につけても慎重だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 80
make a rush at sb: わっとばかり押しよせてくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 59
let’s resume the gold rush: またいっしょに金もうけをやろうじゃないか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
it its the rush and roar of rain that sb typified: (人の)予言したのは、沛然たる豪雨の来襲だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
it all comes out in a almost hysterical rush: まるでヒステリーでも起こしたように言葉がほとばしり出る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
in an angry rush: いらだちいそいで
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
in a kind of bum’s rush: 浮浪者たちでごったがえしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
heat of shame rushes up on sb: 恥辱で全身が熱くなる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 230
go downstairs in a headlong rush: あわてふためいて階下へ急ぐ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 102
feel the blood rushing to one’s head: 頭のなかが、ふくれ上ってゆくのが判る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
feel a rush of excitement: 胸が高鳴る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 43
everything around sb seem to rush into a different space: 空間ごとゆがんだようだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
don’t be in a rush to get up: 焦らずに気長に養生したまえよ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 310
could just go in the sweet rush of spending: 浪費というあのハイな状態になるのはたやすい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
come rushing over from ...: (場所)から駆けつける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
come rushing after sth: いちもくさんに〜を追って来る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 112
be rush enough to ...: 敢えて〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
be ready to drink up the rushing waterfall: ほとばしる滝の水を飲み干そうと待ちかまえている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 139
be a rushing sound in the sky like rain: 空中にざっと雨のような音がする
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 107
all confused, rushed into the house: けたたましく玄関から転げ込んでいらっしゃる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
In a rush Nate interrupted again: ネイトはまたもやあわててさえぎった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
whole assembly, exalting their pilgrim’s staves rush round sb in a body: 会衆たちは皆めいめい巡礼杖を振り上げながら、一団になって(人の)まわりに押し寄せる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 34
avoid rush behavior: 軽挙妄動は慎む
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
cannot face the prospect of cramming into a rush-hour train: ラッシュアワーの電車に乗ることを思うとぞっとする
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 115
feel no rush to jump into things: ことを急ぐつもりはさらさらない
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 88
rush headlong to ...: 先走って〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 245
make a headlong rush for ...: 〜へ雪崩れ込む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 177
in one’s hasty rush to tell sb some insignificant rumor: くだらない噂をあわててご注進にやってきたために
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 164
rush at sb with the very same intensity: 同じこの勢いで殺到する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
rush out into the night: 暗がりに飛びこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 58
It was rush hour and the traffic going south rumbled overhead: ちょうどラッシュアワーで南へ行く車の流れが頭上で轟音をたてていた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 442
not to rush home, you only regret it: あわてて帰るとろくなことにならないぞ、と
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
Suddenly they rush toward the exist to the left, each struggling to be first: たちまち先を争って、左手の出口に突進していく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 226
ツイート