× Q 翻訳訳語辞典
mistake   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あやまち
   
the worst mistake one ever make in one’s life: 人生最大のあやまちを犯す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
うかつ
   
be sb’s mistake: うかつだ ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 14
かんちがい
   
without trying to explain the mistake that sb have made: 相手がかんちがいしてるということを説明するいとまもあらばこそ、だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 50
ききまごう
   
there is no mistaking ...: 〜は、ききまごうべくもない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 347
とちり
   
without too many mistakes: 大してとちりもせずに ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 108
do not like mistakes at work: 仕事のとちりには厳しい 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 14
なにかのまちがい
   
this has to be a mistake: なにかのまちがいじゃありませんか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
it must have been left there by mistake: 〜がそこにかかっているのはなにかのまちがいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
ならない
   
it will be a mistake to interpret literally sb’s plea that ...: 〜してくれという言葉をその通りにとってはならない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
へた
   
by mistake: へたすりゃ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
へま
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 385
make a serious mistake: たいへんなへまをやる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
まちがい
   
without trying to explain the mistake that sb have made: 相手のまちがいを正すひまもなく ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
make no mistake: まちがいなく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
had felt it was a mistake to start: 〜はまちがいじゃないかという気持ちが(人)には最初からあった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
bad mistake: まちがい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180

ヘマ
   
we’re not going to make any more mistakes: もうヘマはしないぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
ミス
   
a mistake not to be repeated: 二度とやってはならぬミス クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379

案に相違する
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 26
過ち
   
rectify one’s mistake: 過ちを償う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 325
always make the same mistake: いつもおなじ過ちを繰り返す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
過誤
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 26
過失
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
勘ちがい
   
He laughed a little, embarrassed by his mistake: 勘ちがいに気づいた彼は、軽く声をたてて笑った スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
a big mistake: とんでもない勘ちがい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
勘違い
   
make an awful mistake: とんだ勘違いをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
make a mistake: 勘違いをしてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
勘違いする
   
they mistake acting high and mighty for dignity: 偉そうに振舞うことを品格と勘違いしてる カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 268
間違い
   
just because of a mistake over sth: (物)のことでちょっと間違いをしただけなのに アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 338
have many mistakes: いろんな間違いを犯す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 522
clear up mistakes: 間違いをクリアする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
見まごう
   
there is no mistaking sth now: もう見まごうべくもない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
誤解
   
be making a terrible mistake: なにかひどい誤解をしている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 200
誤算
   
be probably a bad mistake: 大きな誤算でしょう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 168
考えもの
   
it’s a mistake to be too well known: 顔を知られすぎるのも考えものだ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 127
混同する
   
mistake ... for ...: 〜と〜を混同する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 422
思いちがい
   
that is where one make one’s mistake: それが(人の)思いちがいのもとだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 287
思い違い
   
make an extraordinary mistake: とんでもない思い違いをする 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 70
失策
   
make a mistake: 失策をおかす アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 32
失態
   
have a laundry list of all the mistakes sb has made: (人の)犯した失態とやらを数えあげる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 209
失敗
   
turn out to be a grave mistake: とりかえしのつかない失敗となる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
one mistake and ...: ひとつでも失敗すれば〜になる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 23
手違い
   
Any mistakes like Monte Carlo and there would be no second chance: モンテ・カルロのときのような手違いが生じたら、もう二度とやりなおしはきかないのだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 256
手抜かり
   
It was your mistake to think your father's eyes were like two knotholes: 父親の目を節穴だと思っていたのはお前の手抜かりだ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 426
手落ち
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
受け取る
   
others may have mistaken ... for ...: 〜と受け取った向きもあるだろうが、それは違う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 257
大はずれ
   
<例文なし> デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 44
   
expose sb’s mistake: (人の)非を責める ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 229
了見ちがい
   
sb’s mistake: (人の)了見ちがい カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 95

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb is mistaken: 錯覚だ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 153
sb’s greatest mistake: 運の尽き
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
make a mistake: しくじる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 259
make a mistake: 思いこみ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 86
make a mistake: 書き損じる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
make a mistake: 身を誤る
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 74
made a mistake: 手違いがあった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 104
by mistake: うっかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 33
by mistake: うっかりして
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 272
be quite mistaken: お門違いである
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 239
be no mistake: 紛れもない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 47
be mistaken: 人違だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
be far mistaken: 思いすごしだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 42
and no mistake: はいさようならってとこ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 53
almost certainly a mistake: まずい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
unless I’m very much mistaken I think ...: おれの目に狂いはないよ。〜にちがいない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 98
there was no mistaking the air of ...: まぎれもなく〜な空気がただよっている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 379
there must be some mistake: それは何かの間違だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 238
there is no mistaking the location whence it issues: 圧痛点が著明だ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 180
there is no mistaking sb: まぎれもなく(人)だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
there is no mistaking ...: 〜がかくせない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
say with an earnestness that can not be mistaken: 声には紛うかたなき誠意がこもっている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 148
realize that one’s remark is a mistake: しまった、と思う
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 174
mistake daily intimacy for license: 平素の親しみある振舞いを許容とはきちがえる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 67
mistake a threat for a deed: 脅迫を本気にとる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
make the mistake of doing ...: 万一〜する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 186
make the mistake of doing: まちがえて〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
make an awful mistake: ひどいことをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
make a very bad mistake: 大まちがい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
make a mistake in doing: 〜して損をする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 56
made a mistake about you: あんたという人を見そこなっていた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 172
it would be a great mistake not to do: せいぜい〜しなければ損だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
it would be a bad mistake to do: 〜しておいてはいけない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
I say nothing about the social mistake: きみたちの結婚の身分違いということについてはなにも言うまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 150
have made one’s most fatal mistake: 〜が(人の)命取りになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
have made a mistake: まずいことをしてしまった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 387
had made a mistake and hadn’t really meant to come in at all: 入る気はなかったのについうっかり入ってしまった
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 139
drop sth by mistake: うっかり(物を)とりおとす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
don’t make one feel nervous, or point out one’s mistake: 押しつけがましくなくて、寛大だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 70
did the hospital make a mistake: 病院で赤ん坊をまちがえられたのではないか
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 12
can make a mistake: (人の)眼に狂いがある
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 114
be no mistake about sth’s reliability: 〜は確実に違いない
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 11
be mistrustful of having made a mistake in one’s late demonstrations: 今の興奮状態は、われながらまずくはなかったかというふうに、ちょっと心配そうな顔をして見せる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 316
be for one’s long home, and no mistake: きっと墓場ゆきだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 209
AA, or I am much mistaken: この目に狂いがなければAAだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 68
A would not be mistaken for B: AがBでないことは確かだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
bad mistake: 大まちがい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
how could sb make that mistake: (人が)そんな間違いをするだろうか
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 436
it is a capital mistake to do: 〜するのは、たいへんなまちがいだ
deducting a mere trifle for this slight mistake: このちょっとした過ちのために、少しは評価も落ちている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
disastrous mistake: 取り返しのつかない誤り
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 11
an easy mistake to make: よくある間違い
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 280
mistake ... for emotion: 感極まったせいだと受け取る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 257
mistake for exaltation: 昂揚のしるしと勘ちがいする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
feel like a mistake: まちがいのような気がしてならない
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 207
be the first mistake: 間違いの第一歩だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
It was a mistake too calling on people without forewarning them: 予告もなしにひとの家を訪ねるのもまちがいだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 431
"Oh, no, it takes me to make such a mistake" said Anne forlornly: 「いいえ、あたしでなけりゃ、やらないばかなまちがいです」とアンはしょんぼり答えた
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 257
it is a fundamental mistake to do: もともと〜ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
a genuine mistake: まったくのまちがい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 454
hideous mistake: けがらわしい失策
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 174
honest mistake: 悪意のない間違い
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
had make an extraordinary mistake indeed: とんでもない思い違いをしていたのだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 70
isolate the first mistake: 最初の間違いに気がつく
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 118
make a mistake in judging sb: (人を)見まちがえる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 357
Look, Mr Stern, this was an honest mistake: いいですか、スターンさん、あれは悪意のない間違いだったんです
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
make occasional mistake: 失敗することがままある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
own up that one made a mistake: (人が)わるかったということは自分からみとめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 151
be a terrible mistake on sb’s part: (人が)ひどい思い違いをする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
Henryk went home that night petrified that he had made a disastrous mistake: ヘンリクはその夜とりかえしのつかない誤りをおかしたことに茫然自失しながら帰宅した
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 11
The publishers have made the mistake of calling this book a novel: 版元は、まちがえてこの本を小説と呼んでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
see that sb made a mistake: 自分の過ちに気づく
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 21
it takes sb to make such a mistake: (人)でなけりゃならないばかなまちがい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 257
It is a capital mistake to theorize before one has data: 手がかりがないうちに理屈をつけるのは、たいへんなまちがいだ
without trying to explain the mistake that sb have made: 相手の思い違いを説明するひまもない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
ツイート