× Q 翻訳訳語辞典
mother   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おっかさん
   
My elder sister and my mother were in the kitchen: 姉さんやおっかさんが勝手の方にいた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
おふくろ
   
you are not my mother: あんた、わたしのおふくろじゃないじゃんよ! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 48
my mother: おふくろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
everyone except his wife and his mother: 女房とおふくろぐらいのもんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
cornholing your mother: おふくろ相手にアナルセックス スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
お母さん
   
sb’s natural mother: 本当のお母さん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356

マザファッカー
   
You go with this mother here: このマザファッカーとこれからどっか行って カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
ママ
   
I’m going to tell your mother just how bad you behave: そんなお行儀の悪い恰好をして、ママに言いつけますよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99

子持ちの女性
   
this mysteriously wistful mother of two: このどことなくさびしげな二人の子持ちの女性 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
世の母親
   
worry as mothers do about ...: 〜については、世の母親並みの心配をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
生みの親
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 61
   
sense of oneness between mother and child: 母子一体感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 82
milk from a mother’s sweet titty: 母の甘美な胸より滴れる乳 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
after one’s mother’s death: 母亡きあと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
母さん
   
be the real mother that she should be: 本来の母さんの姿に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 530
母なる
   
母御
   
have a smart mother behind one: 賢い母御がついている 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 28
母上
   
say terrible things about my mother: 母上のお身のうへのことで、なにか不埒なことを言う ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 26
母親
   
one’s close attachment to one’s mother: 母親への強い愛着 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
mothers prototypically: 母親タイプの女 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
mother critical: 母親危篤のため トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
mother’s strong build: 母親ゆずりのしっかりした骨格 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
have been raised by one’s mother: 母親の手ひとつで大きくなった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
completely overshadowed mother: 存在感の希薄な母親 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
a mother with an unruly child: 聞き分けのない子どもを前にした母親 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 47

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

want mothering: 母性愛をほしがる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 31
one’s mother’s father: 母方の祖父
Mother of God!: でかした!
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 161
would turn on one’s mother: 人の道などわきまえない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 312
father, mother and son: おやこ三人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 107
don’t look like anything to get up in the night and write home to mother about: とりたてていうほどの逸品とはとても思えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
do not want one’s mother any more: 甘えることをしなくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
because of one’s father and mother: 親の七光で
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 149
be born of the same mother: 一つ腹から生まれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
after all, you are my mother: 血を分けた親子だもの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
accompany one’s mother on the meat trail: 母オオカミについて肉のにおいを追っていく
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 105
dislike showing affection for one’s mother in sb’s presence: 母親に甘えるところを(人に)見られたくない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 92
be against having one’s mother-in-law move in with them: 姑と別に暮したい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
perhaps because his mother was always accusing him of rudeness,: そう思ったのは、あなたは行儀がわるいわね、と母にしょっちゅう叱られていたせいかもしれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 37
Richard's mother looked at him approvingly: リチャードの母親は自慢そうに息子を眺めた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 220
see sb as trying to step into one’s mother’s place too soon: (人)のことをいますぐにでも母親の座につこうとしてる人間と思ってるんじゃないかしら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
Alexandra has serious problems which require the assistance of a mother: アレクサンドラが重大な問題をかかえて、いますぐ母親のたすけを必要としてるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
come to one from one’s mother: 母親からゆずりうける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
... skills come from one’s mother: 〜の才能は母親ゆずりだ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 127
our mother is so complacent in her old age: 家のお母さんはくだけている
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 102
it must have cost my mother to send me that money: これは母親が大変な苦労をして送ってくれた金だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 159
one’s dead mother: いまはいない母
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 205
pious defeated mother moaning by the fire: 打ちのめされ、暖炉のわきでうめくだけの信心深い母親
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 7
Your mother and I would often discuss your deficiencies and shortcomings: わたしは前々から折に触れて君の母親と、君の性格上の欠点や、損な性分について話し合って来た
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 143
make sb feel like a den mother: (人が)母親になったような気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
earth mother:根の母
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
estimate of one’s mother: 母親観
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
everyone around one, even one’s mother: 母親も世間の人間もみんな
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 1
still hear one’s mother shouting at sb in exasperation: たまりかねた母が(人に)そう叫ぶ声が、いまでも聞こえるような気がする
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 14
Her mother spoke as if it were nothing extraordinary: 母は意外な風もなく、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 38
The mother bear went on staring intently for a while, then said finally,: すると母親の熊はまだしげしげ見つめていたがやっと云った
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 294
They always flop, though, and it drives my mother crazy when he does it: しかし、こういうのはきまって失敗するもんだから、おやじがショーに投資すると、おふくろは頭に来ちまうんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
break sth gently to one’s mother: (物事を)お母さんに知らせるのに、慎重に切り出す
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 139
have got one’s mother’s hair: 母親の髪を受け継いだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
'He's my baby boy,' my mother would say: 「この子は私のお腹を痛めた子供です」と母は言った
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
one’s mother’s image: 母親に生き写し
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
When he was with his mother in her car she talked incessantly: 母の車に乗っているときは母がひっきりなしに喋っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 353
be inlaid with mother-of-pearl: 真珠貝の象眼細工で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
This didn't sound good to me but my mother insisted: それじゃずいぶん具合が悪いみたいじゃないかと僕は思ったが、母は譲らなかった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
a mother-in-law’s interference in the life of a married couple: 夫婦の間に立ちはだかる姑の存在
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 67
It was a small act, but Chieko was moved by her mother's kindness: なんでもないようなことなのだが、千重子は母の心づくしを感じた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 127
late mother: 死んだ母親
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 90
Seishu ate a leisurely lunch, and then returned to his mother: 悠々として昼食を摂り終わった青洲は、母親の枕許に坐ると
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 135
in a like-son-like-mother way: この親にしてこの子あり、というような
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 110
the way your mother listens, scolds, pats you: 母親はよく話を聞いてくれたか、怒りっぽかったか、愛撫してくれたか
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 41
as well as I know my mother’s maiden name: 火をみるより
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
a very mature little girl who is a mother-hen type: 気性のしっかりした世話好きの女の子
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
At last she voided the money order and wrote a letter to her mother: 考えたあげく小切手を引き裂き、母親に手紙を書いた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
mother’s milk:たのしみの最大なるもの
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
mother-in-law:姑
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
It would seem that my mother-in-law sometimes complained about me to my wife: 妻の母は時々気拙い事を妻にいうようでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
mother-to-be:これから生む母親
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
My mother used to say Bill Keeton was a schizophrenic: ビル・キートンは分裂症だって、うちの母がよくいってたわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
Delicate kid, mother in the nut-house, it's watertight compassion: デリケートな子どもで、母親が精神病院とくりゃ、文句なしの特別配慮理由なんだが
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
Obviously his mother had already warned him: おそらく、母親から何か聞かされているのだろう
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 431
'Who?' said his mother not sounding particularly interested: 「だれなの?」母親はさして関心がないような口ぶりできいた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 247
peering at one’s mother’s bedroom through the peephole: 覗き穴から眺める母の部屋
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
have problems with one’s mother-in-law: 姑の苦労をする
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 94
reach one’s mother: 母親のもとにたどりつく
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57afternoon
go along with sth for Mother’s sake: 母のためにがまんして(物事に)参加する
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 13
But Mother's there, and besides, God said so: だっておっかさんも行ってらっしゃるし、それに神さまがおっしゃるんだわ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 120
endear sb to Mother: 〜がお母さまのお気に召している
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
old Mother Nature put the leaves: 母なる自然は木の葉を散らせる
ツイート