× Q 翻訳訳語辞典
kept  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have kept for all these years: いまでもちゃんととってある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
Everyone kept apologizing, as if they were genuinely sorry: 皆、いかにも気の毒がっているみたいに慰めを言うのよ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
be to be kept as it was: すっかり昔のままにしておく手はずになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 348
He kept saying they were too new and bourgeois: 新しすぎるし、第一、ブルジョアくさいって言うんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
be kept busy: 忙しそうに動きまわっている
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 105
not having kept a more careful eye on ...: 〜について迂闊であったこと
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
be carefully kept a secret: 特に入念に秘密にしておいた
Cautiously he kept pulling: 注意深くたぐりつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
Bob chain-smoked and kept the windows rolled up: ボブは窓を締め切った車のなかで立てつづけに煙草をつけた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
have kept up a correspondence with sb: 頻々と便りを寄こす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 279
have kept sb in the dark about sth: (人に〜について)知られずにきた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
how much one every day kept down and perverted: そしてまたことさら本性を押え、ゆがめた生活だったことか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 277
At least she had not kept the baby out of spite or defiance: とはいうものの、子どもを手もとに残したのは腹いせのためではなかったし、世間を見返してやろうと考えたためでもなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
in a voice kept deliberately low.: ことさら声をひそめて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 49
be kept at a respectful distance: 敬して遠ざけられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
The both of them kept thanking me so much it was embarrassing: 二人して何度もていねいにお礼を言うもんだから、僕は具合が悪くなっちゃった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 171
Even his Englishness was a well-kept secret: 生来のイギリス人らしさすらも、隠されて表には出ない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
They kept insisting everything fit the theme: 何から何までテーマに合っているとキャストは言い張る
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 194
be kept extremely occupied every day: それこそ毎日忙しい日を送っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 224
kept on growing shorter --and fatter --and softer: ますますちぢんでいって--ふっくらして--ふわふわしてきて--まるまるしはじめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
kept getting postponed: そのうち、そのうちと一日延ばしで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
kept on growing shorter --and fatter --and softer --rounder: ますますちぢんでいって--ふっくらして--ふわふわしてきて--まるまるしはじめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
loving hands have kept sth: 〜は愛情をこめて丹念に保存してある
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 194
He kept asking me to get continuances: それでやっこさん、延期申請を出せ出せとずっとおれにいいつづけていたんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
the roof has been kept whole hitherto: 建物の屋根はこれまで保全されてきた
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
be kept away from home: 引っ張られて帰れない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
the house can be kept up: 家が立ち行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
Indeed, the locality of our retirement had been carefully kept a secret from my own former associates: 第一、今までの友人たちに対してさえ、僕は、この隠れ家のことは、特に入念に秘密にしておいた
irresponsible making of promises which are never kept: 口先だけのいい加減さ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
But not the company he kept: だが、つきあっていた仲間はいかん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
She kept the clock, too, dead bird and all, for a while: 時計は鳥の鳴かぬまま、しばらく妻の手もとで大事にされていた
be kept to a minimum: 最小限に抑えられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
what kept you?: おそかったじゃないか
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 168
too absorbed in ... to have kept a proper look-out upon sb: 〜に夢中で(人への)目配りを怠っていた
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 174
this must be kept secret from the sb: このことは(人に)知らせてはいけない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
have kept quiet about ...: 〜について、ずっと胸に秘めてきた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
have kept in touch: 交流を続ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 377
had kept one’s eyes on sb so well: 〜のことにはあれほど目を光らせてた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 177
could be kept quite quiet: 隠密に運ぶことも可能だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 112
be well kept: 手入れが行き届いている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
be not kept on the mantelpiece: マントルピースの上に飾られるものではない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
be kept working on Mars: 火星では大事に使われる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 12
be kept waiting: 待ちぼうけをくわされている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 141
be kept out by ...: 〜に追い出される
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62
be kept out: 摘発する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 119
be kept for the time being: 預けられている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 391
be kept as well: 〜もまた行きとどいたものである
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
as can be kept from knowledge of sb: できる限り(人の)耳に入れないようにする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
a well kept tree: 手入れの行き届いた木
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
be kept in limbo: どっちつかずの位置にとめおかれる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 89
But he kept walking, for his mind refused to rest: だが、頭が休もうとはしなかった。彼は歩きつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186
I was kept waiting at the place I went to: 行った先で、待たされちゃって・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 103
Old Sally's ankles kept bending in till they were practically on the ice: サリーの奴は、足首のとこが内側に曲がって、今にも氷にくっつきそうになるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 200
The baby kept prancing in her lap, squirming to get down: 赤ん坊は彼女の膝でぴょんぴょんとはね、下におりたいとあばれつづけていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
be kept at a respectful distance: ある疎遠感をもっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 33
be kept at a run with sth: 〜でてんてこまいの毎日となる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 34
won‘t sb be savage if I’ve kept sb waiting!: こんなにお待たせしちまって、こっぴどくしかられなきゃいいが!
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28
be a well-kept secret: 隠されて表には出ない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
He had been trying to quit for almost two years and kept almost making it: アランはこの二年ばかり禁煙を心がけ、今度こそやめられると思っていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
the secret is well kept: 秘密は完全に保たれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
ツイート