× Q 翻訳訳語辞典
taste   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なかなかいける
   
taste like ...: 〜に似てなかなかいける メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 262

一口
   
taste from one’s cup: 一口すする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
感じる
   
can distinctly be tasted in sth: (物にも)気配は顕著に感じられる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
感触
   
get a taste of it: 感触をつかむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
興味
   
have gotten a taste of doing: 〜に興味をもつようになる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 162
苦痛
   
give sb just the slightest taste of what one is suffering: 自分が味わわされている苦痛を少しでもお返ししようとしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
後味
   
a nasty taste: いやな後味 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 192
口にはいる
   
taste sth’s salty sting: 塩からい味が口にはいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
口のなかに唾がわく
   
can still taste sth three days later: 三日経っても、思い出すだけで口のなかに唾がわく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
口をつける
   
venture to taste it: 思いきってちょっと口をつけてみる ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
好み
   
according to taste: 好みに応じて ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 67
考え方
   
for sb’s taste: (人の)考え方からすれば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
趣味
   
with a taste for doing: 〜を趣味とする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
there is an item for every taste: どんな趣味にもかなう品物がそろえられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
possess sb’s tastes: (人の)趣味をうけついでいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
in the best of taste: 趣味も満点 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 103
have terrific taste in some things: 物によってはすごく趣味がいい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
be much to one’s taste: (人の)趣味にまったく合わない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
be inclined to severity in one’s taste: 唐めいた趣味を持つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
上品
   
transform sb’s house into a place of taste and style: (人の)家を上品な凝った造りにすっかり改めてしまう カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
乗り気
   
don’t have much taste for ...: 〜することにあまり乗り気ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
   
somebody with better taste: もっと舌の肥えたやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
体験する
   
Besides, people talk better when they've tasted jail: それだけじゃない、留置場を体験した人間は、ほんとのことをしゃべるようになる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
珍味
   
taste so much better than ...: 〜などは足下にもおよばない、それは素晴しい珍味だった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 249
美味
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 16
   
think one can still catch far back in one’s throat the fierce taste of ...: のどの奥に〜の強烈な味がまだ残っているように思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
shudder at the taste: その味におぞけをふるう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
have the taste of ...: 〜の味がする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
can not seem to get the taste out of one’s mouth: いまだにあの味が口に残ってるみたいでね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
味がする
   
don’t taste right: 妙な味がする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
can’t taste the whiskey: ウィスキーの味がしない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
味覚
   
miss the taste of ...: 〜の味覚を思い出す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 68
料簡
   
have good taste that ...: 〜とはいい料簡だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
be in bad taste: 料簡がよくない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 9

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

taste pretty good: 〜は素晴らしいものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
taste fantastic: ものすごくうまい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 257
sure taste great: 実にうまい
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 31
have got taste: 好みがいい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 390
elegance and taste: 風流
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 29
don’t taste right: 釈然としない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
aim at popular tastes: 一般向き
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
wife with expensive tastes: 金づかいの荒い妻
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 95
well known as a man of fashion and taste: 洒落者で趣味人でもあるはずの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 117
want a taste of what it would be like to do: ただちょっと気分に浸りたい
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 251
taste the full bitterness of being prisoners: 捕われの身だということを、しみじみと思う
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 71
taste fully the happiness: 幸福を満喫する
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 66
suit the tastes of sb: (人の)気に入る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 179
sb’s triumph is rather more pronounced than good taste permitted: (人の)勝ち誇っ態度が目にあまる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 266
one’s first taste of pack cruelty: 初めて経験した群れの残酷さ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 116
one’s first and last taste of ...: (人の)記憶に残る唯一の〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47
it tastes absolutely grand: すばらしい味だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
have no taste for ...: 〜はさっぱり、わからない
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 41
have little taste and a great deal of greed: 眼も利かない癖に、只慾ばりたがる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 95
have got gourmet tastes in ...: 〜に関してはうるさい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 33
have got a pretty taste in love songs: 恋の歌もなかなかうまい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 143
have another taste of one’s drink: 酒をすする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
have a taste for intoxicating narcotics: ドラッグにはまっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
give sb a taste of sb’s own medicine: (人の)鼻を明かしてやる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 28
drink slowly, like a connoisseur, lingering on the taste: いかにも酒好きらしく、なめまわすようにしてゆっくりと飲む
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 12
develop an unexpected taste for fried white bread: 思いがけないことに、白パンの揚げたものはちょっとした好物になる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 103
being a person of a refined taste: 風流な坊さんですね
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 20
be in bad taste: 悪趣味の部類に属する
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 135
at the first taste: 最初の一口で
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 313
anything in bad taste: たちの悪いいたずら
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
acquire a taste for sth: (〜に)すっかり味をしめる
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 70
a woman with expensive tastes: 金のかかる女
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
a taste of battle: 戦いの匂いをかぎつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
as if he could actually absorb the bad taste: わるい味をほんとうに飲みこんでしまおうとでもいうように
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
recent addition and more sb’s taste: これは最近入れたものでどちらかというと(人の)好みだった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 58
with a taste for keeping bees: 養蜂を趣味とし
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
make it taste better: もっとましな味にする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 141
taste better: 味のいいものに変わる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
nothing is taste better than ...: 〜が何よりだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
but the taste of sb seems to be decidedly opposed to ...: 第一、〜は、およそこの(人の)趣味とはそぐわないものだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 327
sb whose taste is so coarse, and whose temper is so overbearing: 趣味低劣、性質倣岸の(人)
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
conform to Western taste: 洋風にしつらえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 6
a curiously embalmed taste: 防腐剤のような妙な味
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 85
be dull stuff to sb’s taste: (食物が)(人の)舌にはなじまない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 161
an exceedingly strange taste: ものすごく変な味
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 121
far too vigorously for ... taste: 〜の好みに合わぬ威勢をこめて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
have a very artistic taste of one’ own: (人)独特の芸術味豊かな手なみ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
the whole case has left a bad taste in my mouth: なんとも後味の悪い事件だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 226
how much do one’s taste matter?: この際趣味などと言っていられるだろうか?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 58
more sb’s taste: どちらかというと〜の好み
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 58
sb’s triumph is rather more pronounced than good taste permitted: (人の)勝ち誇った態度が目にあまる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 266
there is a consequential good taste in the plainness of her clothes: 粗末なものを身につけていても必然的にいい趣味を見せる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 23
find sth in questionable taste: あまりいい趣味だとは思えない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 122
recognize the taste: この味にはおぼえがある
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
fierce taste of rye: ウィスキーの強烈な味
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
sharp taste: 刺戟ある味
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 96
because one is not perhaps sufficiently modern in one’s taste: たぶん音楽の好みがあまり現代的じゃないからだろう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 153
taste bud:味蕾(みらい)
辞遊人辞書
leave a unpleasant taste in one’s mouth: 居心地がわるい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 194
have a very artistic taste of one’s own: (人)独特の芸術味豊かな手なみ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
ツイート