× Q 翻訳訳語辞典
staring   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
じっとにらむ
   
a staring sort of look: じっとにらむような目つき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388

見ひらかれた
   
sb’s staring eyes: (人の)見ひらかれた目 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 139
大きく見開かれた
   
strangely staring unblinking eyes: 不思議に大きく見開かれた、まばたきをしない目 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be staring ahead: きっと前方を見つめたままだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
staring straight ahead: つんと前を向いて
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
half expecting to see oneself staring back: 画面から自分の顔がこっちを見ているのではないかと半ば本気で考える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 36
but it beat having that dying geranium staring at me: 枯れてしまったゼラニウムの鉢を置いておくよりはずっと気がきいている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 36
be staring and bewildered: 急にびっくりしたような顔になって、怪訝そうに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
catch sb staring at one: 〜の目は、じっとこちらを見つめている(人の)目とぶつかる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 270
drive sb stark staring mad: すっかり頭に来る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 78
with a vulgar drop scene staring one in the face: すぐ目の前を俗っぽい垂れ幕が遮っている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
The mother bear went on staring intently for a while, then said finally,: すると母親の熊はまだしげしげ見つめていたがやっと云った
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 294
sit, staring at those fixed, glazed eyes: ぎょろりと据わった眼とにらみ合っている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
keep staring at ...: 〜から眼を離せない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
keep staring at ...: 目は〜に釘づけになる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 201
leave sb staring sober: ぞっとして目をむいている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 35
the body of my own child staring lifelessly up at me: 生命のない目で見上げているのはわが子の遺体
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 53
notice sb staring at ...: (人の)視線に気がつく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
stand staring at ...: なすすべもなく、ただ呆然と〜を眺める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
staring into one’s eyes: 目の奥をのぞきこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
everyone staring at sb: (人の)顔をあっけに取られて見つめた人の目、目、目
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 280
find oneself staring at ...: ついまじまじと〜見いる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 44
John said, staring breathing shallowly,: ジョンは浅く息をしながら彼をまじまじと見つめた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 214
staring into ...: 〜を凝視する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
keep staring at ...: 〜を穴のあくほど見つづける
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 193
staring suspiciously: 疑わしげな視線を走らせる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 125
be silent and staring: 無言で目を大きく瞠っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 12
be staring at ... with lips drawn tight: 唇をぎゅっと引きしめ、茫然と〜を見ている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 124
one’s eyes are staring at ...: その目が〜に釘づけになっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
keep staring: (人の)視線は〜に貼りついている
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 152
be still staring at sb: まじまじと見つめつづける
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 481
be staring stupidly up into the sky: ぽかんと空を見上げている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 78
be staring at sb: (人に)視線を注いでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
be staring at ...: 〜とにらめっこ
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 59
be staring at ...: 〜に眼は釘づけになっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 58
staring at ... the whole time: 〜をずっと眺めながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
When I opened the fridge, there was a dead guy staring back: バートの冷蔵庫を開けたとたん、なかから死人がわたしをにらみ返した
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
She sat in the exalted chair, staring at the phone, willing it to ring: 一段高くなった椅子に腰をおろして、電話をみつめながら、ベルが鳴るのを手ぐすね引いて待った
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 123
ツイート