× Q 翻訳訳語辞典
appreciation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありがたみ
   
a completely new appreciation for oxygen: つくづく思い知る酸素のありがたみ ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 50
ほめ言葉
   
<例文なし> ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 280

観念
   
have a basic appreciation for personal hygiene: 最低限の衛生観念は備えている ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 304
鑑識眼
   
have quickened sb’s appreciation of the personal appearance of other people: 他人の容貌風姿にたいする(人の)鑑識眼はだいぶ肥えた ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
驚く
   
open one’s eyes wide in appreciation: 驚いて眼をみはる マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 150
好意
   
with suitable signs of appreciation: しかるべき好意の表現とともに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 74
賞嘆
   
say with due appreciation: 賞嘆の声を上げる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 117
味わう
   
begin to eat sth with cheerful appreciation: 〜をうれしそうに味わいながら食べはじめる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 28
理解
   
no one in this house has the least appreiciation or interest in cooking: 料理にまるで理解も関心もない一家 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shout of appreciation: 嘆声
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
one’s appreciation: 〜の受けた感動
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 117
letter of appreciation: 礼状
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
in appreciation: よくやったといいたげな
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 17
certificate of appreciation: 感謝状
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 181
with no clear appreciation: かくべつ賞でるふうもなく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
under the pretext of showing one’s appreciation for sb’s kindness: 色々(人に)世話になるという口実のもとに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
sb’s quip is rewarded by sb’s smile of appreciation: (人の)当てこすりに、(人が)得たりと微笑んでみせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 91
oblige with a rich laugh of appreciation: さもおかしそうにげらげら笑う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
next, one’s appreciation to sb: つづいてお礼申し上げたいのは、(人)です
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
never be without an appreciation for money: 金銭軽視主義者ではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
lead back to an appreciation of just how crucial ... is: 〜の重要性に改めて気づかされることになる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 73
just a small token of my appreciation: これ、気持。ほんのお祝い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
have always had exactly the same appreciation of good food: ずっと以前から嗜好品がまったくおんなじだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
give sb a solid roar of appreciation: 吠えるような喚声をあげて(人を)迎える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
examine sth with rich professional appreciation: 医者らしい手つきで、ゆっくりと調べる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 52
a passion that went back to a childhood appreciation of ...: 子供のころに〜が気に入って以来
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
one individual’s capacity for self-appreciation: 一個人がどこまで自分を讃えられるか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
in light of the new appreciation and vision of ...: あらためて評価しはじめている現状からすれば
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 21
make low sound of appreciation: 感嘆のどよめきを洩らす
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 233
ツイート