× Q 翻訳訳語辞典
style   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜を思わせる
   
start speaking ... style: 〜を思わせる会話に突入する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214

はやり
   
come into style: はやりかけている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 104
もののいいかた
   
with a style as bald as ...: 〜に劣らぬあけすけなもののいいかたをして ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 267
やりかた
   
it is just one’s style: いかにも(人の)やりかただ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
よそおう
   
the ponderous style in which he now squared his forearms on the table: そしていま、テーブルに両腕をのせ、億劫さをよそおい、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 13

スタイル
   
style one is on top of: (人の)得意なスタイル トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
ライフスタイル
   
be the latest in style: そういうライフスタイルがいまの流行だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279

凝った造り
   
transform sb’s house into a place of taste and style: (人の)家を上品な凝った造りにすっかり改めてしまう カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58
手口
   
His style is so professional and predictable: 彼の手口はいかにも玄人らしくて見当がつきやすいので、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 73
   
the style of ...: 〜の趣 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
趣味
   
be not one’s style at all: ぜんぜん趣味じゃない グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 21
書体
   
that style is called copperplate: それ、カッパープレート書体っていうのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
振舞い
   
be in style thought or outlook like sb: 振舞い、考え、行動において、(人の)真似をしている ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 68
身振り
   
one’s usually boisterous style: いつもの仰々しい身振り マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 126
体裁
   
get no style points: 体裁をつくる必要はない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 398
態度
   
with a laid-back style: いたっておおらかな態度をとっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
調
   
Howard Hawks style: ハワード・ホークス調 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25
調子
   
explain in the easygoing style: 気安げな調子で話す バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 62
文章
   
style="font-size: xx-small;"><例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 200
様式
   
Revival style: ルネサンス様式 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

travel in style: にぎにぎしい旅行だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 202
sth, grown-up style: これが大人の〜である
in style: ぱりっとした身なり
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 648
in a modern style: 今様に
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
grand style: 本流
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
cramp sb’s style: (人が)お手上げだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 225
cramp sb’s style: (人が)手を焼かされる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 94
to top it all off with style and panache sb decide to do ...: 更に有終の美を飾ってやろうと〜する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 106
to hit the ball sb have perhaps the most unique style: (人の)打法ほどユニークなものはないのではないか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
throw the words out in rough, tomboysh style: あらあらしく蓮っ葉に言い捨てる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
that’s not my style: あたしとは違う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
style oneself in the ways of ...: 〜のスタイルを身につける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
sth is not sb’s style: (物が)(人にとって)無縁のものだ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 192
most of the architecture in the cities of the Hanseatic League is in this style: ハンザ同盟の都市は、みんなこんな造りが多い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 209
live generally in good style: 豪勢に生活をはじめる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
I’m not cramping your style am I?: おれがいるからって、遠慮するこたないだろ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
do sth with great style: 〜をそつなくこなす
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
can’t be styled ...: 〜とはまだ言えない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 119
a shambling style of walking: よろめくような足どり
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 111
the simple, almost crude, style of fishing: 実にラフな釣り方
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 215
In contrast to the altogether Western-style Yokohama villa: 横浜の御別邸が諸事洋風なのに引きかえて
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 189
The style he was always wanting for his novel: あの人がかねて自分の小説に使おうとしているスタイル
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
bastion of civilized style: 洗練された様式の牙城
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 5
a ranch-style brick-and-shingle dwelling: 煉瓦造りにこけら葺きのランチハウス
solidly built farm-style houses: いかにも堅牢なつくりの農家スタイルの家
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
charming and graceful style: 親しみやすさと飾り気のなさ
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 65
confrontational life-style: 戦闘的ライフスタイル
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
cool laid-back style: さりげない冷静さ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 385
crowded life-style: 狭い家に住む
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 324
in the same diffident style: 気弱そうな口調をかえずに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 220
the European-style restaurants: 西洋料理店
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
execution-style killing: 処刑風殺人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
fail or prevail in the style of its telling: 伝え方で、みながそれを真実と見るか否か
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
family-style pub: スナック
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
The nose was flat, the hair-style full and mid-European: 鼻は低く、ヘアスタイルはごてごてした中欧風
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
Japanese-style freedom: 日本的な自由
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
the hair-style is full: ヘアスタイルはごてごてしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
want to get out of this lousy life-style: こんな汚ならしい生活とはおさらばしたい
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 94
groundwork for American-style individualism: アメリカ的な個人主義が生まれる素地
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 47
have a small Japanese-style room: (人の)部屋は小さな日本間だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
speak Howard Hawks style: ハワード・ホークスの映画を思わせる早口の会話
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
in the Corinthian style or something near it: コリント様式を模した
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 42
resume one’s plainer style: またくだけたものいいにもどる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 382
Smiley proposed in the same diffident style: スマイリーは気弱そうな口調をかえずにいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 220
But now clothing that purposely destroys that harmony is coming into style: 今は、わざと、調和をやぶるような、衣装がはやりかけてんのどすけど・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 104
a really “super” Western-style lavatory: 洋式の「すんばらしい」便所
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 12
refurbish in a modern style: 今様に改める
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
feel a little style-crampingly self-conscious: どうも照れ臭さが先に立って今ひとつのめり込めない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 210
have a swaggering style of walking: 威張ったごとき歩き方をする
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
Her smooth, vivacious style was clearly a king of tightrope walking: その滑らかな文体、その闊達な書きざまは、明らかに一種の綱渡りだった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
ツイート