× Q 翻訳訳語辞典
slight   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜気味
   
a slight cold: 風邪気味 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 34

あるかなきかの
   
be accompanied by a slight whoomph: あるかなきかのヒューンッという音が唱和される プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
いくぶん
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
いくらか
   
speak with a slight Spanish accent: いくらかスペインなまりだ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
いささか
   
with a slight internal wince: 内心、いささかひるみながら アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 97
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 168
いささかの
   
the slightest tremor: いささかの動揺 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 136
かけら
   
there is not the slightest hint of ...: 〜についてヒントのかけらも与えられていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 25
かすかに
   
the slight grimace which tighten one’s mouth: (人が)かすかに顔をゆがめ、口もとをきゅっと結ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
slight somewhat bewildered nod of sb: (人が)なんとなく当惑を隠せずかすかにうなずく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
こころもち
   
a slight double chin: こころもち二重顎 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 144
ささやかな
   
slight feeling of alienation: ささやかな違和感 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 28
さっぱり
   
without the slightest indication of ...: 〜らしい気配はさっぱり見えない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 67
すこし
   
one’s voice has a slight edge to it: 何時もとはちょっと違うすこし険のある声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
a slight edge on one’s voice: 声がすこし尖る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 204
そっと
   
have a slight tug on sb’s arm: (人の)腕をそっと引っ張る コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 84
ちょっと
   
the slightest wind will blow ... away: ちょっとでも風が吹けば〜はたちまち吹きとばされる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 21
the slightest exposure would ...: ちょっと日に当たると〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
say with a sort of slight melancholy smile: 言って、ちょっと淋しそうに笑う 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 22
don’t want to be even the slightest obstacle to ...: 〜にちょっとでもさわりとうない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 238
a slight breeze: ちょっと風が吹いて 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 114
ちょっとした
   
deducting a mere trifle for this slight mistake: このちょっとした過ちのために、少しは評価も落ちている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
be yet proof against slight surprise: まだどうもちょっとしたことにも驚く癖が残っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
ないがしろにする
   
slight sb: (人を)ないがしろにする マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 259
なにか
   
feel a slight embarrassment at ...: なにかうしろめたい心情を伴って 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 119
ほっそりと
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 270
ほっそりとした体格
   
be slight smooth-skinned, shy-mannered: ほっそりとした体格、なめらかな肌をもった内気そうな人物 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 131
ほんの心もち
   
step only a slight step back: ほんの心もちうしろへ下がる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 331
みじんも
   
never allow the slightest hint of ...: 〜はみじんも顔にあらわさない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 33
やせている
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 146
ゆるい
   
slight grade: ゆるい勾配の坂 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
drive up the slight grade toward the house: 家に向かってゆるい勾配をのぼる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 141

  一つ
   
refrain from making the slightest noise: 物音一つたてない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
一寸した
   
when sb makes even the slightest faux pas: (人の)一寸した過ちにも 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
稀薄な
   
the basis is extremely slight: 根拠がまるで稀薄だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
軽い
   
suffer a slight paralysis of one’s right side: 右半身に軽い麻痺が残る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
suffer a slight hemorrhage: 軽い喀血をする 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 6
A slight humming in my ears: 軽い耳なりがした 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 26
些か
   
..., however slight: 些かでも 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 74
細い
   
be slight of build: 細いからだつきだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
細身
   
be pathetically slight: いたいたしいほど細身だ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 75
弱々しく
   
be too slight: あまりにも弱々しく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
小さな
   
know how slight a thing would overset the delicate organization of the mind: 精神というような微妙な組織はどんな小さなことでくつがえるかもしれないものであることを十分知っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 38
少し
   
a slight imperfection or blemish in a new item of furniture: 新しい家具に少しでも不備な点があったり、小さな傷がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
少しの
   
there is not the slightest sign of suspicion in sb’s eyes: (人が)少しも疑い深い眼を向けない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
少しばかり
   
relate the incident, with slight modifications: 一部始終を、少しばかり手直しして話し聞かせる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 53
痩身
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
多少の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 28
多少は
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 212
等閑にする
   
slight one’s own beauty: 自分の美しさを等閑にする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
不快な仕打
   
do not particularly take this as a slight: 友の不快な仕打を別に気にかけもしない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 82
侮蔑
   
I don't intend to pass over a slight like this in silence: おれはこんな侮蔑を黙って見のがしておくつもりはない・・ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 180

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

slightest response: あるかなきかの反応
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 216
slight hill: 小高い丘
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 194
in a very slight way: 多少
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 182
without the slightest sign of ...: 一向〜のけはいもない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
without the slightest movement: 身じろぎもせず
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 75
without the slightest difficulty: 一向苦にする様子もない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 86
without giving it the slightest thought: なにも考えずに
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 158
there is not the slightest movement: びくとも動かない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 53
there is a slight chance that ...: 〜である可能性もまったく考えられないわけではない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 102
there has not been the slightest indication: そんな気ぶりも見せなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
the slight movement up among ...: 〜の間をさっと抜けるもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
strain one’s ears to catch the slightest sound: まわりの物音に賢明に耳を澄ませてみる
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
slight bruise on the side of one’s head: 頭の横をかすめる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
show not the slightest sing of doing: なかなか〜するけしきもない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 182
seem of only slight relevance to one’s preceding words: あまり関連もなく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 54
raise the slightest question of ...: 〜の問題をおくびにももちださない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 284
paying not the slightest heed to one’s visitor’s reaction: 客の感情など一向無視して
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 170
outsmart anybody around one without making the slightest show of ...: まわりに〜と気どられることなく、みんなをうまく出し抜く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
one’s voice seems to have a slight edge: 声に、ほんのわずかだがとげがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
on no occasion made the slightest objection to ...: 〜に対して嫌な顔を見せたことは一度もない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 216
none of sth give even the slightest tinkle: (物は)カチッという音もたてない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298
nobody one know would have shown the slightest interest: 興味を惹くはずがない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 27
never have the slightest urge to do: 〜する気持ちなどこれぽっちも起きない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 153
never have the slightest ...: 何らの〜もない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 109
never harbour the slightest doubts about ...: 〜に毫も疑惑を持たない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 40
never feel the slightest ...: 〜をうけたことはさらさらない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86
never be slightest bit dissatisfied with ...: これっぱかりも不服なんぞもっていない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 71
make the slightest attempt to do: 一向に〜を試みようとしない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 121
make some slight provision for sb: (人の)生活を、いくぶんなりとも助ける
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 17
make not the slightest sound: 音というものを立てない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 15
make not the slightest movement: まるで身動きもならない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 215
make a very slight contribution to sb’s intake of ...: いささかの〜の補給にはなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 393
make a slight moue of disappointment: ちらりと不満げなしかめっ面をのぞかせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
make a slight inclination of one’s head to indicate ...: かすかに頭をかたむけ、〜のしぐさを見せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
keep on walking without paying the slightest attention to sb: 知らん顔をしてよそを向いて歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
haven’t the slightest idea what ... is: 〜とは何であるかを一向に理解しない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
have the slightest intention of ... ing: 〜するつもりはこれっぽっちもない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 351
have the slightest fuckin idea: 考えもしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
have not the slightest interest in ...: 〜におよそ関心がない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
have not the slightest intention of doing ...: 〜する気は毛頭ない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
have not the slightest intention of doing: 〜する気にはとてもなれない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 456
have not the slightest idea what ... is: 〜がどういうものか、まるで知りません
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 10
have not the slightest idea what ... is: 〜がどんなものか、これっぽっちも知らない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 131
have not the slightest idea what ... is: 〜がなにかも実はちんぷんかんぷんなのだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
have not the slightest idea what ... is: 〜とかいったって、全然わけがわからない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
have not the slightest idea what ...: なにがなにやらさっぱりわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
have not the slightest idea: ついぞ見当もつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
have never seen the slightest hint of imagination in sb: (人)には想像力のかけらもそなわっていない、とにらんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 347
give sb just the slightest taste of what one is suffering: 自分が味わわされている苦痛を少しでもお返ししようとしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
give a slight bow: 軽く会釈する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
feel a slight revulsion because of ...: 〜に小憎らしさを覚える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 66
don’t know the slightest thing about sb: どこの馬の骨か判らない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
don’t have the slightest idea if ...: 〜か、知れたものじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
do not seem to bother sb in the slightest: (人は)まず気にしていないようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
do not bother sb in the slightest: へいちゃらだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 21
can charm sb with the slightest gestures: ちょっとしたしぐさに、(人の)気持をくすぐるものを持っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
be so clearly a slight form of good breeding: 明らかに、ただ育ちのよさがさせた一片の儀礼というだけのこと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
be never taken into the slightest account as ...: 〜として、いささかの考慮にもはいらない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
a slight thickening abound the chin: あごのあたりがすこしたっぷりとしてきた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
assume such a slight form: ささやかな形をとる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 28
a slight crackling sound: ぱりぱりというごくかすかな音
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 34
dare to mention a slight blemish: 小さな欠点をあげつらう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 94
detect a slight unevenness in sb’s gait: 足どりがおぼつかないのに気がつく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 43
that makes a slight difference: それでちょっと狂いがくる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 40
there was a slight droop to sb’s eyelids: まつげがそっと微かに伏せられた
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 177
each slight gesture: 小さな動作のいちいち
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 95
there is something about sb’s body that gives it a slight edge over the older woman’s: 体つきも母親よりわずかにまさっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 63
slight favours that might so incommode sb: さては少々(人を)痛い目にあわせてやろうという親心
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 218
there is a slight film of dust: うっすらと塵がつもっている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 95
a slight gasp: かすかな叫び声
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
there is a slight interval in which ...: 〜するまで、いくらか余裕はある
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 225
walk with a slight limp: 歩くとき片足を軽くひきずる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 7
give sb a slight starboard list: 肩をいくぶん右にかしげさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
feel at most a slight distrust of sb: (人に)かすかな不信がある程度だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 281
the occasional slight movement of ...: 時々、〜をかすかに動かす
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 73
slight sb so often: (人を)あんまりないがしろにするから
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 259
have a slight overhang: わずかに外へ張り出す恰好になっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
each with a slight protective gesture to the other: おたがいをかばいあうようにして
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 207
She was rewarded with slight movement and a great burst of agony: が、指はほんのわずかしか動かず、すさまじい痛みが逆襲に転じてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
there is a slight rustling: ミシリという音がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 15
sb’s slight almost smug smile: (人の)ほとんどほくそ笑みとも見える頬笑み
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 186
Tweet