× Q 翻訳訳語辞典
careful   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いけません
   
You must be more careful: いけませんわ。 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 6
つとめて
   
sb were careful to be polite: つとめて行儀よい口をきく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
できるだけ
   
say with careful casualness: できるだけさりげなくいってみる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 230
ひとつひとつに
   
careful consideration of ...: ひとつひとつに立ち入っている 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 147
まめ
   
be careful about things like that: こういうことはまめだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
わざわざ
   
be careful to tell sb that ...: 〜とわざわざ(人に)断る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140

意識する
   
have gotten careful with what one say to sb: (人に)対して口をきくとき、とても意識する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
可愛い
   
people are so careful of their skins: みんな自分が可愛い アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 236
気をつける
   
you be careful: くれぐれも気をつけて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 190
please be careful: くれぐれも気をつけて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
please be careful: くれぐれも気をつけてくれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
be very, very careful: くれぐれも気をつけて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 311
be very careful with sb: (人に)よくよく気をつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
be careful: 気をつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 218
計算を働かせて
   
be careful to do: 計算を働かせて〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
細心さをもって
   
be extremely careful: 極度の細心さをもつ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 221
思慮深い
   
careful foresters: 思慮深い森林居住者 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 74
取扱いに気をつける
   
be careful: 取扱いに気をつけてね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
手厚い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112
周到に
   
be careful to point out ...: 周到に〜を指摘する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
慎む
   
be careful: 慎む アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 231
慎重に
   
very careful: ことのほか慎重に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 466
節約な
   
be a careful type: 節約なたちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
大事に
   
be as careful of ... as possible: 〜を能うかぎり大事にする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
丹念に
   
after yet more careful writing: またひとしきり丹念に書きとめてから ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
a more careful examination would have done: もっと丹念に〜して見れば、〜かもしれない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 153
注意して
   
a more careful inspection: 注意してみれば クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 328
丁寧な
   
careful eulogiums, packed with useful medical details: 有益な医学的説明が盛りこまれた丁寧な賛辞 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 57
沈着冷静
   
入念な
   
on careful consideration: 入念な検討の結果 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
careful reconnaissance: 入念な偵察 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 540
油断しない
   
always be careful not to forget that ...: 〜だから油断しては不可ない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
油断せずに
   
never relax its careful and steady watch on the other: 油断せずにじっと相手をうかがう 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
用心
   
One cannot be too careful: だから用心に越したことはない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 124
用心する
   
get to be a little careful here: ここからはちょっと用心しなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
用心ぶり
   
be being careful to the point of paranoia: (人の)用心ぶりは、パラノイアに近かった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
養生
   
try to be careful of course: 養生はしなさる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
留意する
    辞遊人辞書
冷静
   
Those in Earth orbit tended to be circumspect, careful quiet: 軌道ステーションの住人たちは、おしなべて思慮深く、冷静で、控えめだった セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 119
緻密で
   
a careful and thoroughly analytical mind: 緻密で非常な分析力ある頭脳 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 421
ツイート