× Q 翻訳訳語辞典
proper   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜として
   
proper to a judge: 判事として 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 18
〜らしい
   
lend the proper air: 〜らしい雰囲気を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144

あるべき
   
its proper shape: それぞれのあるべき形 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
be in its proper place: あるべき位置にある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
いい
   
that is a very proper question to ask: それはあまりいい質問じゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 249
うってつけの
   
proper pair of raving whatsits: うってつけのなんとかコンビだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
きちんと
   
find a proper job: きちんと働く 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 123
しかるべき
   
with the proper kind of pressure: しかるべき圧力をかければ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
proper uniform: しかるべきユニフォーム プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322
proper channels: しかるべきルート ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
しかるべき筋からの
   
proper authorization: しかるべき筋からの命令 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 176
そのもの本来の
   
give lesson in the proper use of sth: そのもの本来の使い方を教える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 116
それぞれの
   
keep all sb’s facts firmly in their proper place: 覚えたことがちゃんとそれぞれの場所におさまっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 370
たしなみのよい
   
a proper lady: たしなみのよいレディ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 252
ただならぬ
   
hold back its proper power: ただならぬ力を秘める 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 161
だいぶ
   
lead sb a proper dance: だいぶ(人を)ひっぱりまわす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
ちゃんと
   
take proper care of sth: 〜をちゃんとあずかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
とりすましている
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 209
ふさわしい
   
the proper thing to do with sb: (人に)対してはふさわしい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
<例文なし> ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 95
まさしく〜
   
Proper stinking with it: まさしくラムのにおいです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 272
まさに
   
in the proper ... tradition: まさに〜流 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 47
まっとうな
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 252
まともな
   
how could a child grow to proper adulthood without sth?: 〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
eat proper food: まともな食べものを食べる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 59
a drawer with a proper lock: まともに鍵のかかる抽斗 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 190
めざす
   
enter the proper office: めざすオフィスに入る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
らしい
   
a proper gate, huge and secured affair: がっしりした大きな門らしいもの フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 40
ろくに
   
not bother to attempt any sort of proper examination: ろくに診察もしない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 126

キチンと
   
wear proper clothes: お召物だってキチンとしてる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 12

確実に
   
which finish sb off, proper: その結果、確実におだぶつになる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 154
恰好の
   
the proper ambassador with a great sense of ...: 〜をわきまえた恰好の大使 ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 60
堅実
   
proper citizen: 堅実な市民 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 56
充分
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
   
it is more proper if ...: 〜するのが順だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
所定の
   
proper place: 所定の位置 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
正式な
   
proper paper: 正式な文書 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 130
的を射た
   
set the proper course: まさに的を射た姿勢を打ち出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
当然
   
the proper thing to do with sth is ...: (物が)あれば〜するのが当然と考える セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 40
本格的
   
proper farming: 本格的農業 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
粒選りの
   
a proper staff: 粒選りの参謀 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 313

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

proper way: 定石
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 200
proper type casting: 配役の適否
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 195
natural and proper: 本来的な
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 26
fine and proper: 立派な
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 140
under the proper circumstances: 状況さえこしらえてやれば
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
the event’s proper history began during ...: その事件は〜時代にすでに種をまかれた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
receive one’s proper share: 貰うものはちゃんと貰っておく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
put one’s monstrous strength to proper effect: 滅法もない怪力をふるう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
put ... in a proper perspective: 〜に序文を添える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
offer sth with the proper reverence: もつともらしく差出す
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
not sure of proper protocol: どう挨拶していいかわからない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 260
not be proper for some Reasons: いろんな理由でくだらん話である
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 15
no matter how long one sleeps one never seems to have a proper sleep: いくら寝ても寝たりない感じだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 165
no be able to do a proper sth: (物事が)満足にできない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 162
mark the occasion with proper amenities: 〜を記念して気持のいい一席といく
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 32
look like a prim and proper French businessman: 人品卑しからぬフランス人ビジネスマンといったところだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 187
it would not be proper to ...: 〜したりしてはいけない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 151
horde is probably the proper term: 大集団とはよく言ったものよ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 447
have a proper respect for sb: (人に)一もく置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 244
follow a proper pattern: それに応じた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
everything is in its proper place: 目鼻立ちがととのって見苦しい欠点はない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 20
cap one’s life with a proper death: 死花を咲かせる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 109
behave in a very proper manner: 見たところ外見は、あくまでもお物堅い風体なり容貌なりだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
be not considered proper: 無用のものとみなされておりました
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 48
be lacking in the refinement proper to a child of good family: 恵まれた家庭に育ったという繊細さがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 313
be convinced that this is the only proper way: こうでなくちゃいけないと思う
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
be careful to display just the proper amount of ...: 〜をほどほどにみせる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
be an adept in the art of how exactly to make the proper approach: どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
be an adept in the art of how exactly to do make the proper approach: どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
at one’s own paper-bestrewn table proper: 書類のいっぱい散らかった(人の)事務机に
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
stray from the proper course: 常軌を逸する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 166
knock from one’s proper course: 常軌を逸する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
treat sb with proper deference: (人を)下へも置かないようにする
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 222
be established as natural and proper: 本来的なこととして決まっている
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 26
fill out the proper papers: 正式な文書をまとめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 130
get a proper outfit for sb: (人に)ちゃんとした身なりをさせてやる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 93
too absorbed in ... to have kept a proper look-out upon sb: 〜に夢中で(人への)目配りを怠っていた
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 174
proper mess you made of your feet: この足、ひどいことをしたものだ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 50
proper politeness requires many aspects to a ceremonial meal: 正式な食事は礼儀作法にうるさい
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 125
set the proper course: 的を射た姿勢を打ち出す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
And they think it's all fine and proper: そういうのを立派なことだと考えている連中がまだいるんだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 140
ツイート