× Q 翻訳訳語辞典
passage   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あちこち
   
passages from sb’s letter: (人)の手紙のあちこち カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 64
ひとこま
   
a simple youthful passage: 単なる青春のひとこま ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 199

シーン
   
passage about ...: 〜するシーン トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233

移ろい易さ
   
there are mementoes enough to mark the passage of time: 時の移ろい易さを思い知らせてくれるものもたくさんないわけじゃない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
一節
   
give this final preposterous passage in full: この最後の方図もない一節をそっくりかかげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
横町
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
箇所
   
passages of a book sb find moving: 本の中で見事な箇所 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 245
推移
   
with the passage of time: 時代の推移によって 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 92
通過
   
転変
   
it was a moment of passage: 思えばこの時が転変のはじまりだったのだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 181
文章
   
test the tone of the passage: 文章の調子をたしかめる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
路地
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s rite of passage: 通過儀礼
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 279
with the passage of time: 日がたつにつれ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 227
with the passage of each day: 一日増しに
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 169
with passage of time: 時がたつにつれて
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 230
set forth on one’s returning passage to ...: 〜へと帰途につく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
offer sb passage home: 故郷まで船で送ろうと申し出る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 200
let one’s eyes skim over the passages: その部分をぱらぱらと適当に読み飛ばす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
in a passage of a second: 一瞬にして
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
before sb is another long passage: 前方にはまたしても長い抜け穴がある
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
slop down the passage away from the door with the voices: 女たちの声のするドアを背にだらしなく歩いて行く
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 111
before sb is another long passage: 目のまえにはまた長い通路がある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
but, when he had thrown the door open, the passage had been empty: ・・・さっとドアをあけると、もう通路に人の気配はなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 67
at the end of the passage: 通路のつきあたりに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
none of this would end up as a simple youthful passage: このような局面は単なる青春のひとこまとして終わらない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 199
every single passage: 廊下という廊下
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 45
Needless to say, this passage extols the fundamental principles of democracy: 以上の引用文が民主主義の根本思想を謳ったものであることは云うまでもないが、
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 47
respond immediately to this passage: これを読んですぐぴんと来る
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 61
an intricate and wonderfully florid passage: 見事にこまやかで華やかなパッセージ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
leave them in the passage: 廊下でみんなと別れる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
passage one is looking for: 目指す箇所
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 268
ツイート