× Q 翻訳訳語辞典
used   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつも
   
used to do: いつも〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 28
その昔
   
used to be sth: その昔、〜だった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
だった
   
of course one does now, but one used to be: (人が)〜しているがあれでもとは〜だった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
やみつき
   
be pleasant enough that one may even get used to it: けっこう快適だから、へたするとやみつきになりかねない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411

以前は
   
used to consider it a disgrace to do: 以前は〜だと恥のようにきまりが悪かった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
慣れた
   
well used to ghostly company: すっかり幽霊の相手を務めるのになれた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
慣れている
   
be not used to strangers: 人慣れしていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
   
昔〜していた
   
sb one used to know: 昔知っていた(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
昔の
   
sb one used to know: 昔の知り合いの(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
平気になる
   
grow used to it: だんだん平気になる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 466
   
used to tell sb ...: 〜というのが口癖だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
用ずみの
   
Lucky for me that my laboratory recycled used astronomers: 幸いにして、研究所は用ずみの天文学者の再利用を図っている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

used to think: 昔、よく思ってた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
used to say: (人の)口癖
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
used to say: よくいってたわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
used to do: 〜していた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 300
used to do: よく〜してたわ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
used to believe: かねがねそう思ってます
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 127
used to be a ...: 元〜だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 33
used to be: 昔のこと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
used to ...: 〜してくるようになった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
used to ...: 前なんて〜していた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
get used to sth: なじむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
well used to one’s business: こうしたことには慣れっこだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 331
used to say ...: 〜が口癖だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
used to call sth: (物を)〜といっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
the old doctor sb used to go to: 通っていた老医
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
sb’s eyes, pocketed by all that used flesh: たるんだ肉の奥にある目
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
not the thing one is used to doing: 今まで(人が)〜したことのない(物)
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
get used to handling sth: 〜を使いこなす
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 164
get used to doing: 〜するコツをマスターする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
get used to ...: 〜になじむ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202
get used to ...: 〜に順応する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
can’t get used to sth: どうも〜に馴染めない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 155
become used to ...: 〜に馴れっこになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
be used to that: それは何も今にはじまった話ではない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 233
be used to ...: 〜になじんでいる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
be obviously used to the tide of officers: 士官たちを川の流れのように見送っているに違いない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 27
be not used to doing ...: 〜した経験などもちあわせていない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 28
be not used to doing: 〜は〜するような国ではない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 254
be just used to sb: ある種の腐れ縁のようなものなのだ
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 199
be hard to get used to: 馴染みにくい
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 3
be getting used to sth: だいぶ馴れてきた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
be getting so well used to queer things happening: もうおかしな出来事にはいいかげんなれっこになっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 90
Why, this is absolutely as it used to be!: ああ、ここはすっかりもとの通りだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
used for keeping all thing in their places: いっさいのものをちゃんとあるべき秩序に保たせる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
feel all used up and in no mood for romance: かなり疲れ果てていてとても色恋に向けるエネルギーなんてない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
have also occasionally been used in ...: 〜はまた〜で使用されてもきた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
used at one time to pull quite a pretty rope: ひと頃はかなりいい腕だったものです
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 32
be used to the bustling atmosphere of ...: 〜のもつ雑駁さに関しては慣れっこになっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 178
used to beat sb regularly: しょっちゅう(人を)ぶん殴っていた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
you mean what we used to call ...: ああ、昔の〜だね
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 150
what we used to call ...: 〜時代に使っていた巷の言葉でいえば〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
what sb used to call: (人が)いうところの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
a certain selection and discretion must be used in ...: 〜には、ある程度はっきりした取捨選択が必要だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
to make certain one is not being used: 相手になめられないように
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
the final voice sb used was almost proud, and certainly serious: けっきょく(人は)ほとんど誇らしげな、真剣そのものの声で答えた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219
evasions and challenges and rhetorical subleties used in conversation: 会話に必要な遁辞とか修辞学的な言いまわし
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49
one’s clothes are clearly well used: 服は見るからに着古しだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
used to complain of loneliness: 寂しいというのが悩みの種だった
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 39
used to look with wonder at the black confessionals: よく驚異の念をもって黒い懺悔室を見やった
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 196
a corner used for consultation: 応接のための場所
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 70
Cool--that was the word we used back then: そうなんだよ。イカしてるっていったんだよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
the correct energy is used: エネルギーに過不足がない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
the craziness that used to go on: かつての常軌を逸した振舞い
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 48
old, no-longer-used holiday decorations: 使い道のない古いクリスマスの飾り付け
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 279
the desolate firetraps sbs used to live in when sb is child: 子供のころに暮らしていたわびしいおんぼろ家
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 537
used to consider it a disgrace to do: 以前は〜だと恥のように極が悪かった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
the method one used to dispatch sb: あのとどめのさしかた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
do what sb used to refer to as ...: 〜と呼んでいた手を使う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
the phrases everybody used during the war: 戦争中に通用していた定まり文句
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 275
the secret figured into why sb used to do: しょっちゅう〜していたのは、その秘密の故だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 576
used to be quite frightening: もとは随分酷かった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
as one’s eyes gradually got used to the darkness: 眼が暗さに慣れるにしたがって
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 48
have grown used to ...: 〜に幼いころからなじんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
a half-used book of stamps: 使いかけの切手帳
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 42
be used to very hard work: 働きもの
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 183
used to spend long hours doing: 〜するために長いあいだ留守にしがちだった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 387
you know how sb used to be about doing: (人の)〜能力は人も知るというものだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
My husband used to play tricks on me a lot: わたし、主人にしょっちゅうひっかけられていたんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
be used implicitly to ...: 〜をちらつかせて〜する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 344
Over time the instruments used to implement national strategies have changed: 産業政策を進める際の手段も、時代とともに変わってきた
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 211
intended for ... but never used: 〜のために用意されて、それっきりになっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 276
be used to this misdirected interest from women: こういう誤解に基づいた女性の誘いには慣れている
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 130
She used to ask me for permission to use the john: 前なんてあの人、お手洗いを使うときにまで、いいですかっていちいち訊いてたんだもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
used to make a lot of jokes about ...: 〜ではないかと、よく冗談を言いあったものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
it’s just a question of getting used to it: 馴れの問題だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 240
used to stand for the longest time: 長いこと立っていた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
"You used to tell me never to stop looking," he said: 「目で見ることをやめてはいけない、というのがきみの口癖だったな」そう彼はいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
have the look of one used to authority: 権力者然とした顔をする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
used to shout a lot about doing: 〜したいって、前からやいのやいの言ってた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 189
become one of the yardsticks used to measure how ...: 〜ということのひとつの尺度になっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
He used to mope for weeks when she ignored him: 彼女に無視されると、いつも何週間も落ちこんでいた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 197
My mother used to say Bill Keeton was a schizophrenic: ビル・キートンは分裂症だって、うちの母がよくいってたわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
the neighbors used to say that ...: 〜と近所ではそういう評判だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
the neighbors used to say ...: 近所の人に言われたもんだよ、〜って
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
He never could get used to the sound of foreign telephones: アメリカ以外の国の電話にはいつまでたってもなじめなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202
be used for virtually nothing: 遊ばせておく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 105
ツイート