× Q 翻訳訳語辞典
French   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
モノをしゃぶる
   
French sb: (人の)モノをしゃぶる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pardon the French: どうも失敬
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
Content yourself with admiring her French dressing: 彼女のフレンチ・ドレッシングに舌鼓を打つだけで我慢してくれ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 185
can play the French horn with a certain amount of proficiency: フレンチホルンをかなり吹ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
he had announced in his thick French: 訛りの強いフランス語で彼はいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 112
bad French: 品のないフランス語
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 104
clamorous French cafe: 騒がしいカフェ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 15
something in French comes over the speaker: フランス語が何かを告げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
be conversant with French literature: フランス文学に通じた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 232
other French crumb that we don’t get much good of: あまり役にも立たないガラクタ知識
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
'They have a talent for diarrhoea,' a French friend observed: 「腹を下す才能がある」とあるフランス人の友だちは言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
dignified French: みごとなフランス語
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 130
'The French don't understand these things,' he said disparagingly: 「フランス人はこういうものは駄目ですよ」彼は見下げ果てた態度で口を歪めた
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 121
sb’s French is not good enough to translate ...: (人の)フランス語力では〜しか訳せない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 337
fancy French restaurant: 高級なフランス料理店
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 52
faultless French: 非の打ちどころのないフランス語
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 363
flounder in one’s inadequate French: たどたどしいフランス語で礼を言う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 285
but in this clamorous French cafe such formality was out of place: この騒がしいカフェでそんな堅苦しいのはそぐわなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 15
speak gin-sodden French: 卑しげなフランス語をふりまく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
get a pretty good working knowledge of French: フランス語でも、かなり用を足せるようになる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 316
a very good French chef: たいそう腕のよいフランス人のシェフ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
he said gravely, pronouncing it as a French: 彼はフランス語風発音でもったいぶってつげ、
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 36
know some French: フランス語ができる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
look like a prim and proper French businessman: 人品卑しからぬフランス人ビジネスマンといったところだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 187
I called for a reservation at the fanciest French restaurant I knew: 僕はこれまでに行ったことのある中でいちばん高級なフランス料理店に電話をかけてテーブルを予約した
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 52
sail along in French: フランス語をあやつる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
say in one’s schoolroom French: 教科書どおりのフランス語でいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 82
speak French: フランス語をやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
stooping French bread: 前のめりのフランスパン
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
tuck into French dip: フレンチ・ディップを食べる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 178
be unmistakably French-American: フランス系米人のものにまぎれもない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 137
unsteady French: 怪しげなフランス語
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 12
speak vestigial French: フランス語は片言の域を出ない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 93
Tweet