× Q 翻訳訳語辞典
knowledge   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
完全に見抜く
   
sb’s intimate knowledge of my own: 僕の胸の中を完全に見抜いている ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 85
関知
   
do not have any knowledge that ...: 〜の件にいっさい関知していない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 84
気づく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
悟る
   
the knowledge of that: そう悟る アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 53
雑学
   
use one’s encyclopedic knowledge: 博覧強記の雑学を利用する デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 111
仕入れてきた
   
given one’s new knowledge of sth: 〜を最近どこかで仕入れてきたことから見て トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
思い
   
bitter knowledge: 辛い思い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
自覚
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 323
情報
   
have critical knowledge: 重要な情報をもっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 264
心あたり
   
have knowledge of sth: 〜の心あたりがある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
造詣
   
scientific knowledge: 医学的造詣 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 166
知っている
   
by one’s knowledge that ...: 〜ことを知っているからこそ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
知っていること
   
pretend knowledge or deafness: 知ったかぶりをしたものか、聞こえぬふりをしたものか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
知りぬいている(人)
   
replace sb’s knowledge of ...: 〜を知りぬいている(人を)排除してほかに乗りかえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
知る
   
be not comfortable with one’s knowledge of ...: 〜を知って眉をひそめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
知識
   
with encyclopedic knowledge and brilliant minds: すべての知識の荷ない手、滅相もなく頭のよい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 354
unable to contain the knowledge that crowds one’s brain: 頭に詰め込んだ知識をしまっておけない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
his head still crammed with useless knowledge: 頭のなかにはまだ愚にもつかぬ知識が詰まっていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 24
hands-on knowledge: 実務の知識 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 246
gain a knowledge of sth none of the others can match: 仲間の誰もがかわない広範な知識を得る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
extraordinary desire for knowledge: 知識欲に富むこと 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
年季
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 80
秘密
   
public knowledge: 公然の秘密 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 199
物知りぶり
   
show off one’s knowledge: 物知りぶりを示す ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without one’s knowledge: (人の)眼を盗んで
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
with sb’s knowledge: 今それを(人に)話しておく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 242
the fount of all knowledge: 全能
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 46
previous knowledge: 前から知り合っていた様子
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 295
without one’s permission or knowledge: (人の)許可なしに、内緒で
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 366
to the best of my knowledge: 誓っていうが
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 7
the terrible knowledge is always before sb: それを毎日目のあたりにすることが(人は)どんなに恐しかったことか
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 107
the knowledge that ... belongs to sb alone: 〜を知るのは(人)ただひとりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
the knowledge only anger sb’s further: そう思うといっそう癇癪がおこってくるのをどうにもできない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 140
the certain knowledge that ...: 〜という確信
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 191
that is about the extent of one’s knowledge: 知っているのは、これだけだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
show off one’s knowledge: 物知りぶる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
should have no carnal knowledge of sb: (人と)性交すべきではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
reverently disclaim all intention to offend, or any knowledge of having wilfully done: 恐縮して、決してわるぎがあったのではないし、わざと〜した覚えはないといいわけをする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 44
one’s intimate knowledge of police business: 刑事稼業の裏表
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 53
never have to sb’s knowledge: (人の)頭に入ってこない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
it is common knowledge that ...: 〜を誰も知っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
have the fullest knowledge of ...: 〜というものを熟知している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
have sufficient actual knowledge: 充分な証拠を見つけている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 87
have no knowledge of ...: 〜がわからない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
have much knowledge in the ways of sth: 〜のことを熟知する
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 25
have any guilty knowledge: 何か身におぼえがある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 151
get a pretty good working knowledge of French: フランス語でも、かなり用を足せるようになる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 316
disavow knowledge of sb: 身に覚えがないと言い張る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
demonstrate consummate knowledge of sth: 〜のことはよく心得ているといわんばかりに
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 148
common knowledge that ...: 〜という、誰でも知っているようなこと
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 186
be common knowledge to sb: (人に)何でもない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be common knowledge among ...: 〜の知るところとなる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 26
be a matter of public knowledge: 公知の事実である
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
as can be kept from knowledge of sb: できる限り(人の)耳に入れないようにする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
Florentyna said, passing on her newly acquired knowledge: フロレンティナは仕入れたばかりの新知識を受売りした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 119
acquire the knowledge of ...: 〜に関する知識を自分のものにする
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
give sb the benefit of one’s knowledge: 知識をひけらかす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 200
have few calls on one’s knowledge: 出番はほとんどない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 174
common knowledge:周知
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
create ... knowledge base: 〜のデータベースを構築する
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 25
Jessie's knowledge of fashion and shop management was daunting: ジェシーのファッションと商店経営に関する知識にはリチャードも顔負けだった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 233
this knowledge makes sb exceedingly discreet with ...: 〜を知っているので、〜を殊の外慎む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 138
display one’s knowledge: 知識をひけらかす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 7
dissemination of special knowledge: 特別な知識はあまねく流布すること
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 19
the knowledge economy: 情報化社会
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 28
the knowledge of her imputed embarrassment: その架空の羞恥心
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 169
because sb’s knowledge of machines is so great, sb cannnot: 機械に対する知識が豊富なので〜できない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
an inexhaustible knowledge: 無尽蔵の知識
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 363
knowledge gap:未知の領域
辞遊人辞書
one’s utter lack of knowledge of ...: 〜に暗い
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
be patently lacking in the basic knowledge: 基礎的な知識が乏しい
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
local knowledge: 土地者の知識
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 200
pick up lots of stray knowledge: 頭の中にさまざまな雑学が蓄積される
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 122
the narrowness of one’s knowledge: 己の知識の狭隘さ
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 109
His knowledge of Helen's inner realm was nodding, at best: ヘレンの内面世界についてのスターンの知識は、最高に見ても皮相的なものにすぎなかったし、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
opening one’s eyes to the knowledge that ...: 目覚めて〜と気づく
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 35
one’s knowledge of ... is pitiful: 〜に関する(人の)知識は気の毒なほど貧しい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
reveal the narrowness of one’s knowledge: 己の知識の狭隘さが露呈する
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 109
be happy to share this extensive knowledge with sb: その知識の一端を披露せずにはいられない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
show off one’s knowledge: 知識を披露する
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
because sb’s knowledge of machines is so great, sb cannot: 機械に対する知識が豊富なので〜できない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
the unreliable nature of adult knowledge: 大人の知識のあやふやなこと
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 70
ツイート