× Q 翻訳訳語辞典
dull   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜にまみれた
   
along the street comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61

おさまる
   
dull sth: (うずきは)おさまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
けだるい
   
a dull distant clanking: けだるくて遠い、がらんがらんという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
ずんとくる
   
feel dull hot pain in one’s hands: 手にずんとくる鈍痛をおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
たれこめる
   
dull sky overcast: 雲は低くたれこめる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 161
だらけた
   
have a dull empty look: だらけた、けだるそうな表情がある 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 131
だるい
   
feel dull and dazed: だるいような、眼がまわるような感じにとらえられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
つやを失う
   
be dulled by straighteners: 直毛剤のためにつやを失った トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
とろんとした
   
large dull eyes: 大きなとろんとした目 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
どんよりくもった
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 343
どんよりくもる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
どんよりした
   
large dull eyes: 大きなどんよりした目 ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
どんよりとした
   
two dull listless eyes: どんよりとしたものうげな瞳 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 119
はりのない
   
in the dullest possible voice: およそはりのない声で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
ぼやけさせている
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
まるい
   
an old needle with a dull tip: 先のまるい針 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
もの憂い
   
stare at sth with dull eyes: もの憂い目で(物を)じっと見つめている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 171

間のびした
   
it’s dull cackle echoes: (動物が)間延びした声をあげる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 188
光を失う
   
dull and go dust: 光を失い石くれと化す ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
黒く
   
feel a dull dragging fatigue around the ankles: 踝のあたりに黒く澱んでいる疲労を感じる 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 252
小さな
   
pattering lump of dull ice on one’s body: パラパラと音立てて体に積る小さな氷片 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
生気がない
   
face and eyes are dull: 顔も目も生気がない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 234
生気のない
   
dull creature: 生気のない動物 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 263
退屈
   
the dull and mean town: 退屈で狭量な街に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
淡い
   
the first dull glow: 最初の淡い光 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
地味な
   
Dull translation jobs or fraudulent copy, it's basically the same: 地味な翻訳仕事だってインチキなマーガリンの広告コピーだって根本は同じさ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 84
張り合いのない
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 145
頭の悪い
   
chide sb in the curt, bloodless way that a schoolteacher corrects a dull pupil: 教師が頭の悪い子を叱るような、ずけずけと仮借ない叱責調だ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 222
鈍い
   
split sth with a dull crunch: ばりっという鈍い音をたてて〜を砕く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
鈍らせる
   
dull the edge: 切れ味を鈍らせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
鈍る
   
sb’s mind is dulled by sb’s illness: (人の)理解力が病気のために鈍る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
鈍感
   
be dull to sth: 〜に対して鈍感だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 255
薄汚れた
   
dull white walls: 薄汚れた壁 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
平凡な
   
a dull picture: 平凡な写真 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
凡庸な
   
dull software programmer: 凡庸なソフトウェア・エンジニア ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
面白くない
   
in one’s effort to make a dull if comfortable area somewhat more lively: この泰平なぶん面白くない土地に、いくらかでも活気を与えようと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 371
面白味がない
   
dull pedestrian: 面白味がない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
野暮だ
   
more substantial (if duller) sb: 野暮だが頼りがいのある(人) アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 144
淀んだような
   
feel a dull melancholy occupy one’s soul: 淀んだような憂鬱さが(人の)心を領する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 381
籠るような
   
the dull roaring of engines: 籠るような爆音がひびくこと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

tediously dull: 面白くもおかしくもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 282
will never be dull: 一生退屈しないだろう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
we are really very dull ordinary sort of people in our family: ぼくたち家族は、ごくごく普通の平凡な人間だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 92
to help a dull day along: 退屈しのぎに
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 18
the slow, dull tempo: 時間がだるいほどゆっくり流れていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
seem to be an incredibly dull sort of book: 堅苦しい感じの本
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
sb’s eyes grow dull: 目が輝きを失う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
say sb with sb’s dull malign grin: 意地の悪い笑いを浮かべながら言う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 54
put up with dull times: つまらない思いをする
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 69
one’s body feels dull and heavy: ひどくだるい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 90
never a dull moment: 息つく暇もない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
lift one’s eyes which feel dull and heavy and look at sb: 重たい瞼を上げて(人の)顔を見る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 231
fell heavy and dull: 重苦しい気分にとらわれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 98
be dull stuff to sb’s taste: (食物が)(人の)舌にはなじまない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 161
be dull and poky: ずんぐりしている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
be a dull grey from head to foot: 一面に灰色を帯びている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
after a few dull efforts to get to sleep again: それでもまだ何度かウトウトしかけたが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
a dull rumbling echo comes: ごろん、ごろんと鈍い響きがきこえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
a dull dark red: くすんだ赤
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 5
Elementary, and tediously dull: 多少の知識があれば誰にでもできることだし、第一、面白くもおかしくもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 282
in the dull brief summer twilight: 束の間の夏の薄明の中に
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 75
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
create a dull glow on ...: 〜を鈍く光らせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 180
a dull-looking woman: 気のきかなさそうな女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
crow of a dull-witted rooster: 間の抜けた鶏の声
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 187
an extremely dull-witted dancer: すこぶる鈍物のダンサア
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
get sb through a dull day: 退屈な一日をなんとかやり過ごす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 88
have food during a cold, dull winter: 寒い退屈な冬の間、食べるものに不自由しない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 42
a heavy, dull man: がっしりした体躯の鈍重な男
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 14
dull heavy explosions: ズズーンとひびく鈍い爆発音
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
it isn’t possible to be dull: 退屈するなんてことない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 35
a dull reverberation: 鈍い地響き
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 26
This was the dull somber sound of blows striking upon flesh: 打たれる肉の鈍いおごそかな音が伝わってきた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 369
dull woodenish ticking of the old clocks: 鈍く冴えないかちかちという古時計の音
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 21fraudulent
ツイート