× Q 翻訳訳語辞典
float   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さらされる
   
float around: 人目にさらされる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 129
ただよう
   
float like dust: 塵のようにただよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
たゆたう
   
floating face to face uplifted: 天を振り仰ぎつつたゆたっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 54
ふわふわ
   
float away: ふわふわと散る O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 236
ふわふわうかぶ
   
float in the air: ふわふわ宙にうかんでいる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 31
ふわふわとただよう
   
one’s voice float out: (人の)声がふわふわとただよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
ふわふわと漂う
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 286
ふわふわ浮かぶ
   
float in the air: ふわふわ空中に浮かんでいる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
ぽっかり浮かび上がる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
ぽっかり浮かんでいる
   
seem to float within ...: 〜のなかにぽっかり浮かんでいるような気分 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153

屋台
   
put on a procession of floats: 屋台が出る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
空中を走る
   
the strange sounds floating back: 空中を走る奇妙な音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
現われる
   
a knowing smile floats over sb’s mouth: 心得顔の笑いが口許に現われる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 187
資金
   
a secret float: 秘密資金 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
宙に浮かんでいる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 15
宙に浮かんで見える
   
be so raised sb float: どのくらい高いかというと、宙に浮かんで見えるほど高い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 153
浮かびあがる
   
float dimply purple on the horizon: 水平線のむこうにうっすらと蒼く浮かびあがる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
浮かぶ
   
luminous faces float in the dimness: 淡い闇の中に人の顔がほんのりと浮かび上がる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
float into one’s mind: (人の)脳裏に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
浮かんでは消える
   
scene floats before sb’s mind: (人の)頭の中に場面が浮かんでは消える ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 220
浮き上がる
   
seem to float in a kind of ethereal mist: 立ちのぼるかげろうのなかに浮き上がって見える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
浮く
   
seem to float over the gently shuttling knuckles of one’s hand: (人の)手の指のつけねの部分を、宙を浮くようになめらかに移動していく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
浮遊する
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 188
目星をつける
   
float sb as the leading candidate: 容疑者として(人に)目星をつける ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 302
浪の上に寐る
   
float quietly one one’s back: 仰向になったまま浪の上に寐る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the weekly float: 一週間分
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
have floating around: 出まわっている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 51
floating-point-operation: 浮動小数点演算
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
floating around: そこらに出まわる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 437
float through life: 惰性で生きる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 630
float outside oneself: 頭の中が真っ白になる
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 116
float notions: あたりさわりのない意見を口にする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
float into ...: (場所に)ふらふらと入り込んでくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
not so much driving as floating on air: 車を運転しているというよりも羽根がはえて空をとんでいる気分だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
float round in their arms light as a scarf: かれらの腕に抱かれ、スカーフのようにフワフワと旋回している
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 24
float down to earth: ふわりふわりと舞い降りる
float down the stairs into ...: ふわふわと階段を駆けおり〜に身を投げる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 182
float around one’s head: ふんわりと顔をつつみこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
float in to fill the bleak room: その殺風景な部屋いっぱいに漂う
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 102
indeed they float deep in the water, but ...: それらはかろうじて浮くことは浮くが、〜
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 248
float away on a fresh wave of narrative: あらたな饒舌の波に乗って流れだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
odd-shaped fishing float: 不思議な恰好をした浮き
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
float through the afternoon on the raft in the tree: 木立に浮かぶ筏に乗って、午後の中を漂う
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 21
Tweet