× Q 翻訳訳語辞典
forever   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あくまでも
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
いつになっても
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
いつまでも
   
be forever lost in sth: 〜にいつまでも没頭している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
いつも
   
I'm forever realizing things too late: 僕はいつもあとになってからいろんなことを思い出す 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 28
An angry young man, it seems, who was forever brandishing his samurai sword: 血の気だけは多くていつも日本刀をふりまわして、といったタイプさ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
すっかり
   
have only to hear ... once to know it forever: 〜を一度聞いてしまえばすっかり覚えてしまう レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 141
ずいぶん時間がかかる
   
it takes forever to catch a cab: タクシーをつかまえるのにずいぶん時間がかかる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 115
たえず
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
とことん
   
hate sb forever: (人を)とことん憎み続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
どこまでも
   
sleep forever: どこまでも眠る ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 274
のべつ
   
forever twitter about sth and sth: のべつ(物事)やら(物事)やらを喋々する ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 48
もう一生
   
think sth to be behind one forever: 〜をもう一生やることはないと思う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
やまない
   
be forever hounding Nature to her deepest lairs: どんな深山幽谷もさぐりつづけてやまない オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77

永遠の
   
go on forever: 永遠の旅をつづける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
延々
   
have to wait what seems to be forever for the next: つぎがくるまで延々待つ破目になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
古い
   
have known sb forever: (人と)古い知り合いだ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 80
口を開けば〜する
   
forever do: 口を開けば〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 286
始終
   
so they're forever coming back home here: そして始終川へ帰りますからね 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 85
続ける
   
have forever mourned: 嘆き続けた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
無制限に
   
The Bundespost couldn't keep technicians on call forever: ブンデスポストとしても、技術者を拘束して無制限に待機させることはできまい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 83
矢鱈に
   
forever get dragged back into the past: 矢鱈に過去へ引戻される 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be forever safe: 手つかずで生き延びる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 528
you’re forever hearing about ...: 〜の話は、もう耳にタコだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 86
won’t stand ... forever: 〜など、もうこれっきりにしてもらうぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
will be shamed forever: 面目は丸つぶれだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 114
wander on and on forever: どこまでも歩く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 64
think one is forever doomed to do: 〜の運命にあると思い込んでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
that moment seems to last forever: 時間がものすごく長く感じられる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
seem to be taking forever: 一朝一夕にはまとまらない様子だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 239
on and on forever: どこまでも行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 84
it takes sb forever to do: 〜するのにさんざん手こずる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 182
I wish sth would go on forever: 消えるのが惜しい
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 7
forever preoccupied with one’s own narrow gains and losses: 自分のわずかな利益や損失に明け暮れしている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 158
forever exchange empty sake cups: 空の盃で献酬する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
end the matter once and forever: この問題にきれいさっぱりけりをつける
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
change forever into a bad boy: ぐれはじめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
be forever since ...: 〜からずいぶん長い時間がすぎる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 220
Fay had briefly loved the man but then soon hated him forever: フェイはひとときのあいだ彼を愛したものの、それはすぐに憎悪に変わったし、それもとことん憎み続けることになった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
dead forever to such stimulation: こうした刺激を受けてももう永久に反応しない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
can’t do this forever: いまの状態を永久につづけることはできない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
drift off forever into ...: 〜のなかに永遠に漂い去る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
the wide expanse of grass seems to stretch on forever: 限りなくつづいている草の群
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
Indeed, the grave stood like some monstrous thing, forever separating us: むしろ二人の間に立って、自由の往来を妨たげる魔物のようであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 42
do not last forever: いずれ行き詰まる日がやってくる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 24
be forever snooping and spotlighting those dark streets: たえず暗い横町を走りまわり明りで照らす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 105
forever strive, strive: いつも人と張り合って奮闘に奮闘を重ねる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
We would have waited forever if we had waited for Dua: デュアを待っていたら、永遠に待ちぼうけだ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 211
ツイート