× Q 翻訳訳語辞典
narrow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かかる
   
the blame is narrow down to sb: 責任は(人の)上にかかる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 102
か細くなる
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
しかめる
   
sb’s face narrows: (人が)顔をしかめる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 56
すうっと細める
   
sb’s eyes narrow: (人)、すうっと眼を細める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
せばめる
   
narrow the field: 範囲をせばめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 321
せまい
   
negotiate the narrow lane: せまい道をすり抜けるように走る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 289
ひそめる
   
narrow one’s eyes: (人の)眉をひそめる カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
ほっそりした
   
sb’s face is a narrow oval: ほっそりした卵型の顔 フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 13
narrow face: ほっそりした顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
a narrow face: ほっそりした顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47

横幅がない
   
He was a smallish man, narrow: どちらかといえば小男で横幅もない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 133
間口の狭い
   
a narrow building whose window announce tersely ...: 窓に〜とあるだけの間口の狭い建物 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 89
窮屈な
   
the narrow confines of its hole: 窮屈な巣穴 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
狭めていく
   
steadily narrow one’s interest: 興味の範囲をじりじりと狭めていく バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 171
狭苦しい
   
The street was grey and narrow: 通りは薄よごれて狭苦しく、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
narrow bed: 狭苦しいベッド スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
緊張
   
sb’s face be narrowed: (人の)顔が緊張する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
険しさをおびる
   
Eyes narrowed at that, all of them, Kelly saw: これには全員の目が険しさをおびるのをケリーは見た クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 91
限定される
   
even narrower: 〜よりさらに限定されてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
細い
   
a narrow street: 細い通り ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
細くなる
   
sb’s eyes are narrowed to slits: 目が糸のように細くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 142
細めて
   
one’s eyes narrowed attentively at ...: 目を細めて〜を注視している サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 47
細める
   
look at sb through narrowed lids: 不審に目を細めて(人を)見返す セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 194
細長い
   
narrow menu: 細長いメニュー 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 130
細長く
   
one’s narrow brooding face: 細長くてもの思わしげな(人の)顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
小さな
   
provide a narrow pathway out of sth: 〜のおかげで、小さな抜け道ができる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 248
特定の
   
narrow job skills: 特定の職能訓練 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 201
薄い
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
範囲をしぼる
   
narrow sth down to one of ...: 〜まで範囲をしぼる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 106
平べったい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the narrow street: 小路
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 52
sb’s face narrows: 険しい顔をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
narrow-shouldered man: 撫で肩の男
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
narrow to ...: 〜に絞られる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 189
narrow one’s eyes: 眉間に皺を寄せる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 32
narrow one’s eyes: 目をすえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
narrow ... down: 〜をもう少し詳しく説明する
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 139
have narrow upturned eyes: 釣り目
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
with one’s narrow wrinkled eyes: 細い皺だらけのうす眼
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
win by the narrowest of margins: からくも勝つ
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 40
the windows are tall and narrow: 細長い窓が高い場所についている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
the good-humored mouth narrows down to a tight slit: いたずらっぽい口もとがきゅっと結ばれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
the field was narrowed down: 的がしぼられた
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 21
that is a narrow escape!: まあ、危ないこと!
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 29
stare at sb without moving, one’s eyes narrowing in concentration: (人は)動かず、いぶかしげな目で彼女を見ている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 17
smile broadly, one’s eyes narrowing: (人は)目を細めて笑う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 114
one’s eyes narrow to slits: 糸のように細められた眼
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
narrow piece of shit: ヘナヘナのもやし野郎
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
life on the straight and narrow: 清く正しい世界
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
keep sb on the straight and narrow: (人に)堅気の暮しをさせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 83
here is a narrow corner: せっぱつまったんだぞ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 273
have some very narrow escapes: 何度も間一髪で逃げのびる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 78
have had some narrow shaves: 何度か危うい場面があった
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 406
capable of treading the narrow hazardous path of ...: 複雑な〜の迷路をやすやすと歩むことができる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 83
the white foam burst from the bottle’s narrow neck: 細い瓶の口から白い泡がほとばしる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 87
clear the narrow confines of its hole: 窮屈な巣穴を出かかる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
a close, narrow alley: 狭い袋小路
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 213
Kind of narrow and crooked and cluttered up: 中途半端に折れ曲がってごみごみした狭い道である
narrow defile: 狭い通路
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
a very dimwitted narrow-minded man: ものすごく鈍くて偏屈な男
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 24
with other narrow winding street diverging: それからまた幾つも分かれ出る、やはり狭い、曲がりくねった横丁
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
what to do with one’s legs in their narrow slacks: 細いズボンにつつまれた二本の脚をどういう形にすればよいのか
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 32
narrow experience: 見聞のせまい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 10
narrow one’s eyelids: 目を細める
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 15
the narrow path that follow the wall: 垣沿いの小径
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 439
forever preoccupied with one’s own narrow gains and losses: 自分のわずかな利益や損失に明け暮れしている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 158
ignorant where the narrow lobby leads: この狭い廊下がどこに通じているのかわからない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
lurch away down the straight narrow road: まっすぐな細い道をゆらゆら走りだす
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 23
be narrow-minded enough never to do: 決して〜しない狷介なその気性
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 103
a narrow pebbly beach: 小石まじりの狭いビーチ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
it is a narrow lane for quite a way: ずっと狭い道を通る
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
fit into one’s narrow frame of reference: 信頼をかちえる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 76
The Black Cat was a sleazy strip joint on a narrow side street off Hamra: 《ブラック・キャット》は、ハムラ通りからはいった狭い裏通りの、ストリップを見せる安酒場だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 120
have a very narrow squeak: 間一髪難をのがれる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 21
squeeze through the narrow waterway: 狭い水路すれそれに動く
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 140
thread one’s way along the narrow streets: 狭い街々を抜ける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
narrow street: 狭い路地
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
the narrow streets typical of Kyoto: 京らしい狭い通り
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 130
have a narrow vantage: 視野がせまい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
Tweet