× Q 翻訳訳語辞典
alarm   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あわてる
   
be a little alarmed at what one have done: 自分のしたことにちょっぴりあわてる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
おどろかせる
   
nothing to alarm sb: 〜をおどろかせるようなことはいわずにだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
はっと
   
one’s head jerks with alarm: はっと首をもたげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 575
びくっとする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
びっくり仰天する
   
'Oh no!' Nettie said, alarmed all over again: 「なにをおっしゃるんですか!」またまたびっくり仰天してネッティは答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
やばい
   
feel alarm: やばい、と思う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98

ポケットベル
   
alarm be set: ポケットベルを肌身はなさない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 241

一騒動
   
become an alarm: 一騒動になる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 406
危機感
   
with alarm: 危機感で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
uncontainable alarm: 抑えがたい危機感 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 342
気負い
   
tell sb without alarms: 気負いもなくつげる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
怯えさせる
   
I walked on tiptoe so as not to alarm them: 僕は羊を怯えさせないように、音を立てずにゆっくりと歩いた 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 101
脅かす
   
alarm sb: (人を)脅かす アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 243
驚かせる
   
He did not want to alarm him: 相手を驚かせたくはない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
驚き
   
with alarm: 驚きで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
驚愕
   
peculiar sense of alarm: 一種奇妙な驚愕の感情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
緊張
   
wonder in alarm: 緊張して思いを巡らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 303
警戒心
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
警戒
   
automatic alarm: 本能的警戒 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
警急
   
the sudden wail of the alarm klaxons: とつじょ警急サイレンが鳴りひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
警報
   
the hoarse call of the alarm: 耳ざわりな警報 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
警報音
   
wailing alarm: けたたましい警報音 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
心配になる
   
be a little alarmed at what one have done: よけいなことをしたかしらと少々心配になる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
素頓狂な声を出す
   
be alarmed but interested: 素頓狂な声を出したが、面白がっていることは一目瞭然だ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 68
非常事態
   
bellow to raise the alarm: 大声で非常事態を知らせる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 328
不安
   
see the alarm in sb’s eyes: (人の)目のなかにもしやという不安を読み取る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
mounting alarm: 不安がつのる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
不審をまねく
   
not to alarm the sentry tower: 監視塔の不審をまねかぬよう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
呆れる
   
one’s capacity for sth alarm one: 自分の(物の)量にも我ながら呆れる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 198
狼狽
   
identify on sb’s face an alarm: (人)には狼狽がはっきり見えた 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 22
conveyed simultaneous reproach and alarm: 咎める気配と狼狽とが、同時に感じられた 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 50

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

not seem alarm: 眉ひとつ動かさない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
mustn’t be alarmed: びくついちゃいけません
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 146
look vaguely alarm: 顔に警戒の色がうっすらと浮かぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
in some alarm: おやっと思って
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 150
in some alarm: ふっと不安になって
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 141
in alarm: 少しおじけて
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 190
false alarm: 空振り
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
be very alarmed: どぎまぎする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
be highly alarmed: 驚愕する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
be alarmed: おどろく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
be alarmed: まさに寝耳に水の事件
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 165
be alarmed: 愕然とする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
appear faintly alarmed: 面上には、かすかな懸念の色が浮かぶ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 137
a false alarm: 誤報
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
trip an alarm device of some sort: 警報装置にひっかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
sb’s little eyes swivel in alarm: 相手の小さな目玉がぎろりと剥かれる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 175
partly from the damping influence of this alarm: 一つには、何やら恐くなって勇気がくじけたため
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 264
one’s voice wavering with alarm: 不安にふるえる声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
one’s eyes fill with alarm: (人の)眼は警戒の色に満たされている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
one’s alarm voice carries across ...: (人の)ひきつった声が〜にひびきわたる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
Nothing to be alarmed about.: 心配なさることありません
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 134
leap back in alarm: 慌てて退く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 17
in case we have an alarm: いざという時にそなえて
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 164
if one did, one would be more alarmed: 〜するほうが不自然なぐらいだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
fill sb with alarms: (人を)ひやひやさせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 37
feel the stirrings of alarm in one’s soul: 胸騒ぎをおぼえる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 20
draw one’s feet back in some alarm: ぎくっとあとずさり
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 60
draw one’s feet back in some alarm: 思わず足をひっこめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
don’t want to alarm sb: よけいな心配はさせたくはない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 380
cry out in a shrill voice of alarm: びっくりして金切声をあげる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
begin to feel less alarmed: いくらか警戒心が弱まる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 38
be not yet alarmed: まだパニックというところまでは至っていない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 52
be looking seriously alarmed: 本気でひきつっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 212
be alarmed by ...: 〜に目を見張る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 5
be a false alarm: 予想が見事にはずれる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 18
alarmed quacking of ducks: びっくりしたあひるがぎゃあぎゃあ騒ぐ音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
alarmed by the thought that ...: 〜という事実に愕然となって
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 304
alarm rise to one’s face: (人の)顔に警戒の色が浮かぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
a fresh alarm bring sb to a standstill: 新しく肝をつぶすような目にあって、棒立ちになる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 124
... be causing sb considerable alarm: 〜がひどく気になってくる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 38
know all about alarm systems: 警報装置の使い方は熟知している
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 40
a cheap alarm clock: 安物の目覚まし時計
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 23
a small, cheap alarm clock: 貧弱な目覚まし時計
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
crack in alarm: 警告を発する
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 21
give rise to a false alarm: 〜に、やったぞと早まった声があがる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 157
three-alarm fire: 地震、雷、火事にいちどきに見舞われる
alarm goes off: 警報が鳴る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
I then noticed, in one corner of my untidy desk, a small, cheap alarm clock: ふと、乱雑な机のすみに、貧弱な目覚時計があるのに気がついた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
Her mouth had fallen open a bit and her face was rigid with alarm: 口が少しあんぐりとなり、驚きで顔がこわばった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
an alarm that is more than simple embarrassment: 当惑以上に狼狽
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 22
sow alarm: 敵を動揺させる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 172
alarm them: 向こうをおどろかせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
ツイート