× Q 翻訳訳語辞典
temper   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かっとなり易い性格
   
bode temper: かっとなり易い性格を物語る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 199
かんしゃく
   
nasty temper and pride: かんしゃく持ちで、生意気な性格 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
しょうぶん
   
a nasty, vicious temper: いやな、いけすかない性分 ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 169
もって生まれた性格
   
with one’s temper: もって生まれた性格で ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
もっと穏やかなものにする
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 104
やさしさをそえる
   
be tempered by sth: (物に)やさしさをそえている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
ゆるめる
   
temper one’s criticism of sth: 〜に対する強硬姿勢をゆるめる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 275

   
sb’s temper would remain: 肝が残ろう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
機嫌
   
sb’s temper is not at all improved: (人の)機嫌はなおらない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
   
tempers get short: 気が立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 344
how one’s remarks should have produced such an exhibition of bad temper: 自分の言葉がなぜあんなに(人の)気を悪くしたのか E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 76
気まぐれ
   
have a temper: 気まぐれだからな ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
気性
   
violence of temper approaching to mania: 気ちがいじみた気性の荒さ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 208
気分
   
a piece of theatre that greatly improves the tempers of all going to and fro: 道行く人々は下手な芝居を見るよりよっぽど痛快な気分になる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
激情
   
in an outburst of temper: 激情にかられた 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
固める
   
temper one’s resolution: 志を固める 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 210
弱まる
   
age and time temper sth: 年齢と年月のせいで〜が弱まる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
心地よい
   
the tempered cool shadows reign: 心地よい、涼しげな樹蔭があまねくひろがる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 84
性格
   
quick, violent temper: 短気で凶暴な性格 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
always mask a jackrabbit temper: カッとなりやすい性格のカムフラージュといってもよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
a nasty, vicious temper: 意地の悪い、いじけた性格 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 179
性質
   
sb whose taste is so coarse, and whose temper is so overbearing: 趣味低劣、性質倣岸の(人) ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
短気
   
if only one had controlled one’s temper: 自分が短気さえ起こさなかったら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
怒りっぽい態度
   
have an unusually adult temper: 子どもとは思えないほどマセた、怒りっぽい態度だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
不機嫌
   
This did not improve his temper: ふつうなら気持ちのよいお湿りのはずなのに、ヒューの不機嫌はいっこうにおさまらなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
様子
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
和らげる
   
we have to temper truth,: 真実というやつは和らげる必要があるんだ、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68
癇が強い人
   
this gives sb a look of some temper: そうとう癇が強い人だという感じだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 53
癇癪
   
keep your temper: 癇癪を起こしちゃいかん ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 62
癇癪玉
   
feel that one is losing one’s temper: だんだん我慢がならなくなってくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 70
feel that one is losing one’s temper: もういまにも癇癪玉が破裂しそうになる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 68
feel that one is losing one’s temper: 自分でも、だんだん腹が立ってくるのがわかる ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 81

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

temper: short: いらいらしている
steamy tempers: いらだつ神経
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 486
sb’s temper flashed: (人の)怒りが爆発した
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 225
refine and temper: 練り上げ鍛え抜く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
recover one’s temper: 落ちつきをとり戻す
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 101
lose one’s temper: かっとなる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 349
lose one’s temper: ついわれを忘れる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 91
lose one’s temper: 頭にくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 483
loose one’s temper: ひどく立腹する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 63
keep your temper: あせりなさんな
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 65
keep one’s temper: 頭にきてもじっとこらえる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 103
control one’s temper: 自分を抑える
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 28
be tempered gradually: 徐々に薄らいでいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 303
woman of perfectly even temper: まったくものに動じない女性
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 54
with one’s short temper: 血気さかんな
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 63
the pattern of sb’s temper: (人の)そのような傾向
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
sb’s temper have hardly cooled: 肚の虫がおさまらない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 242
one’s temper reached straining point: 今にも堪忍袋の緒が切れそうだった
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 205
on the verge of a temper tantrum: いまにもかんしゃく玉を破裂させそうな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
make no similar display of temper: きげんをそこねた様子を見せない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 35
lose one’s temper with one’s friends and with oneself: 仲間や自分自身に当り散らす
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 78
lose one’s temper at ...: 〜にかっとなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 411
it doesn’t help sb’s temper: (人の)気分はいっこうに晴れない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 191
in a more facetious temper than is usual with one: いつにない上機嫌で
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 19
improvise a temper tantrum about ...: 〜にかこつけて癇癪玉を破裂させる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 229
I reckon I’ll lose my temper unpleasantly: ただじゃ置かないぞ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 154
hold one’s temples until one’s temper cools: こめかみを押え、気持ちがおさまるのを待つ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 491
have got a spice of temper: 癇癪もちだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 37
God tempers the wind to the shorn lamb: 神は弱者の不幸は軽くしてくださる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 94
even losing one’s temper: 怒気まで含んで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
develop a quick and nasty temper: すぐかっときてきついことを口にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
be of uncertain temper: お天気屋である
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 120
be anxious not to lose one’s temper: 癇癪を起こしたくない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 223
Shiro, however, adamantly opposed the idea, even losing his temper:: それなのに四郎はかたくなに怒気まで含んで断わりつづけたのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
the military tendency to raise one’s temper automatically: 感情をつのらせる軍人の習性
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 5
let sb’s temper get the better of one: 怒りにわれを忘れる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 301
be rich nourishment to the child’s pride and black temper: あの子供の高慢と邪心とをいよいよ助長する
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
sb in a terrible display of temper: おそろしいけんまくをした(人)
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 96
a fine example of sb’s strong temper: (人)一流の強気
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 26
temper is frayed: 神経がささくれだつ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 134
do not improve one’s temper: 不機嫌はいっこうにおさまらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
be nothing but a inartistic temper: 芸術性のかけらもないただの短気にすぎない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 30
be stretched as thin as one’s temper: みずからの堪忍袋の緒が切れそうなありさまで、(人の)意欲はいまにも失せそうだ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 97
sunny temper: にこやかさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 153
due to sb’s too vile temper it was said: (人の)気性に愛想がつきたからだそうだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 77
Tweet