× Q 翻訳訳語辞典
note   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いう
   
let me just note that ...: これだけはいわせてほしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
うかがう
   
take covert note of sb: (人を)さりげなくうかがう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
お手紙
   
Nettie got my cake-box, and there was a note inside it: ネッティがケーキのいれものをもって帰ってきたんだけど、なかにお手紙が入ってたの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
"A note for your employer," Gaunt said: あなたのボスへのお手紙 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
くらべあう
   
note each other’s ...: おたがいの〜をくらべ合う デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 12
ことわる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
しぐさ
   
pleading, yielding note: 従順な、甘えるようなしぐさ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 80
せりふ
   
right note to strike with sb: (人の)ハートにぐっとくるせりふ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
ひと言
   
include a note saying that ...: 〜とひと言そえる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
ひびき
   
bring a note of doing: 〜のひびきをこめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 231
a wistful note: ものほしげなひびき レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 232
a steady note of indignation: ついてはなれぬ憤懣のひびきがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
ふと頭に引っかかる
   
note that ...: 〜が、ふと頭にひっかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
めざとく察知する
   
the relentless observer inside notes: (人の)内部に棲みついた辛辣な観察者はめざとくそれを察知する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
もの
   
leave a curious note: 妙なものを残していく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
a discordant note for sth: 〜にそぐわむもの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 428

ノート
   
look at one’s notes: ノートに眼を落とす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
have sth in one’s notes: ノートに記録する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
メモ
   
scribble one’s own notes: メモを取る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
point at sb to make a note: (人に)指をつきつけ、メモをとれという身振りをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245

遺書
   
Didn't find a note right?: 遺書はみつからんのでしょう? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
   
be well known for the length of time one can hold a note: ひと息で音をずうっと出していられることで知られている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
音色
   
the wind plays a long trombone note: 風が長く尾をひくトロンボーンの音色をかなでる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
pieces with only one note--long very persistent wails: ひとつの音色がずうっとつづくすすり泣きのような音楽 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
at the first notes: 最初の音色が流れると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
確かめる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 65
楽器の音
   
The notes drifted a long way in the still-dark afternoons: 雲の垂れ込めた静かな午後など、楽器の音はずいぶん遠くまで風に流されていくものだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
気がつく
   
I noted in passing, that ...: ふと気がついたのだが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 112
気づく
   
note the lack of ...: 〜がないことに気づいた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 82
He had noted the gloves when Polly came to the door: ポリーが戸口まで迎えにきたとき、アランは彼女の手袋に気づいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
be slow to note that ...: 〜に遅ればせに気づく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
記憶にとどめる
   
A medical history, he noted: "病歴"という言葉を記憶にとどめた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
脅迫状
   
It was hard to explain the note: 脅迫状のことを説明するのは厄介だった クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 157
響き
   
bass guitar note: ベースギターの響き ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
見てとっている
   
note sth: 見てとっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 179
見てとる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
見られる
   
note in ...: 〜に見られる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
見通しを口にする
   
note darkly: 暗い見通しを口にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
見逃さない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
言う
   
note with both satisfaction and sorrow: うれしさと悲しさこもごもに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
合図
   
send notes: 合図を送る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
紙切れ
   
one’s hand closed on the note: 紙切れを握りしめた手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
資料
   
closely typed notes: ぎっしりタイプされた資料 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 8
手紙
   
note of conditions: 条件を提示してきた手紙 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
get a note that says ...: 〜という手紙をことづかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 369
書き置き
   
On the table was a note from my girlfriend:: テーブルの上にはガール・フレンドの残していった書き置きがあった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 207
心覚え
   
make a note on ...: 〜を心覚えする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
説明する
   
That's against the law, by the way," the cop noted: ちなみにそれは違法です」警察官が説明するところへ、 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 204
知る
   
note position of sth: ありかを知る アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 294
注意
   
note that ...: 〜という点に注意する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 104
注釈
   
long note: 長々とした注釈 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
註釈
   
be described by sb in sb’s note as ...: (人の)註釈のなかで〜と呼ばれる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
伝言
   
somehow get a note to sb: (人に)なんらかの手段で伝言を渡す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
頭に入れる
   
note everything that came and went as the minutes passed: 刻々の動きを残らず頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
表情
   
without comparing notes with other eyes: お互いの表情を見交わすまでもなく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
文章
   
dictated notes: 口述筆記による文章 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 554
聞きとる
   
A little pride in that one, Kelly noted: ちょっぴり誇らしげな口調をケリーはききとった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 577
報じる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
目にとめる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 27
余韻
   
by the time the note dies away: その余韻が消える頃には カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 35
葉書
   
send short notes written on postcards: 短い葉書を書く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
留意する
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
訛り
   
Welsh note: ウェールズ訛り ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

write a note: 一筆書く
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 295
thank-you note: 感謝状
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 221
take notes: 取材ノートをとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
take notes: 書きとる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
send a note: ことづける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
scribble notes: 注をつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
on that note: それをきっかけに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 149
note ...: 〜を眼にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
jot down notes: メモを取る
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 44
compare notes: 情報を交換する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 173
compare notes: 情報交換
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 248
be noted: 心にとめておく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
you must take note of that: そのことを肝に銘じておくがいい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
write sb a note: 走り書きして(人に)見せる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298
write notes and leave them: 書置きを残す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
without noting anything else of interest: ほかには別に目をひくようなものはない
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: 目についたのはこのくらいのものだ
wait to observe and take note of ...: 〜を一目見ようと待ちかまえる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
voice a note of caution: くれぐれも用心してくれと声を大にして言う
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 285
there is a note of genuine feeling: (人の)口調には、感慨がある
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 102
there is a changed note in sb’s voice, wheedling: いざなうような口調に変る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 30
the one incongruous note is ...: ただひとつ不似合いなのは
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
take note of sth: 〜を気にかける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 254
take helpless note of whatever one see: 現状を現状のまま受取る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
start on a sour note: 幸先がよくない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 43
send sb a thank-you note: 礼状を書いて出す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
refer to one’s notes: 書いたものを読み上げる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
possess no special qualities worthy of note: (人に)特色がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
one’s voice taking a note of respect: 語調を改める
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 146
one’s voice contains a note of tentative coyness: (人の)声音に湿りと甘さを感じる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 54
on that note of finality: 最後の締めくくりとして
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 239
note with a chuckle: 笑って半畳を入れる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
note some mild errors: ささやかなまちがいは、いくつかある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
note every variation of face: 表情の変化一つだって、決して見逃しはしない
never be noted for ...: 〜して有名になったという話はきかない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
make one’s mental notes at every point: 変化のいちいちを頭に入れる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 222
make notes on the correct readings alongside ...: ルビをふる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 141
make note of ...: 〜に注意を奪われる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 93
make mental notes for ...: 〜について、あれこれ心づもりもある
make mental note to do: 〜することと自分にいい聞かせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 264
make another ecstatic mental note: またまた欣喜雀躍しながら心に留める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 89
make a note to do: 〜を心覚えする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
make a note on ...: 〜になにかを書きつける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
make a note of the address: ところ番地を控えておく
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 19
make a mental note to buy sth: 忘れないうちに(物を)買うことにしよう、と思う
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 63
make a mental note to ...: 〜と心に決める
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
make a mental note to ...: 忘れずに〜しなければ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 19
make a mental note of: を頭に入れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 120
keep note in longhand: 手書きのメモを残す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
just to kind of compare notes: ただ何となく、ふーん、というほどの軽い気持で
it is interesting to note ...: 〜は注目に値する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 35
having noted the references to ...: 〜を引合いに出しながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
explode on a contemptuous note: 突然声を荒らげて、軽蔑をあらわにする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 308
duly note ... on one’s pad: せっせとメモを取る
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 166
dead on the right note: 言いたいことにはぴったりだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 186
copy of notes from ...: 〜が送稿してきたやつ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 15
contain a note of confidence: 信頼感がこめられている
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 35
be sure to keep a mental note of ...: 〜はしっかり頭に叩きこんでおくほうがよい
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 73
be noted for ...: つとに名高い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
be duly noted for the record: 記録にしっかり残されている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
be a note of reserve: 何か隠しているようなところがある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 194
as one observer notes ...: 〜と言う人さえいる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 60
answer with a note of doubt in one’s voice: 不審そうに返事をする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
a scrawled note on sth: 何やら下手くそな字で書きつけた
a gentle note of solicitude for sb’s plight: (人を)いたわる優しさ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
a beautiful note of strength run in its depth: その底に一筋の美しい強さが通っている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
with all the warmth of a diplomatic note verbale: 外交口上書のあたたか味そっくりこめて
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 396
angry note: 腹立ちまぎれの反論
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 67
be fine enough to catch the new note all but drowned in the fierceness: 荒々しさにほとんど消されているこの新しい声色を敏感に聞きとっている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 246
a childish “thank you” note: たどたどしいお礼の手紙
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 177
a crisp C-note: 真新しい百ドル札
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 462
that damn note: この手紙の野郎
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
the only disappointing note is sth: 唯一いただけないのは〜だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
conclude on a rather dismal note: ともすれば滅入りがちな結論
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 65
inject a dissonant note into ...: 場違いに
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 85
"Doubtless," Smiley said, and made a note: 「あきらかに」と、スマイリーはいって、メモした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
farewell note: 書き置き
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 115
Hands me a scrawled note on much-folded paper: 何やら下手くそな字で書きつけたよれよれの紙切れを突き出した
sb’s voice take on a somewhat spurious hearty note: (人の)声は作りものの親しげな調子を帯びる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 21
there is a hysterical note in sb’s voice: 声がうわずっている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 342
Indeed, ..., he even managed to bring a note of warning to his voice.: いやむしろ、声に警告のひびきすらこめてきた。
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 231
Her Swiss German had a steady note of indignation;: そのスイス・ドイツ語には、ついてはなれぬ憤懣のひびきがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
She had sent a note to the warehouse saying she was indisposed: 倉庫には病気で休むとことづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
take note of more and more examples: あるわあるわ実例が次々と出てくる
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 43
pass through another note: 新しいノードをさぐる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 169
Don't you normally take note of her car?: ふだんから彼女の車のことを気にかけていたのですか?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 254
of note:注意すべき
辞遊人辞書
of note:注目すべき
辞遊人辞書
of note:著名な
辞遊人辞書
official thank-you note: ちゃんとした感謝状
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 221
ツイート