× Q 翻訳訳語辞典
note   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いう
   
let me just note that ...: これだけはいわせてほしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
うかがう
   
take covert note of sb: (人を)さりげなくうかがう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
お手紙
   
Nettie got my cake-box, and there was a note inside it: ネッティがケーキのいれものをもって帰ってきたんだけど、なかにお手紙が入ってたの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
"A note for your employer," Gaunt said: あなたのボスへのお手紙 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
くらべあう
   
note each other’s ...: おたがいの〜をくらべ合う デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 12
ことわる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
しぐさ
   
pleading, yielding note: 従順な、甘えるようなしぐさ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 80
せりふ
   
right note to strike with sb: (人の)ハートにぐっとくるせりふ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
ひと言
   
include a note saying that ...: 〜とひと言そえる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
ひびき
   
bring a note of doing: 〜のひびきをこめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 231
a wistful note: ものほしげなひびき レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 232
a steady note of indignation: ついてはなれぬ憤懣のひびきがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
ふと頭に引っかかる
   
note that ...: 〜が、ふと頭にひっかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
めざとく察知する
   
the relentless observer inside notes: (人の)内部に棲みついた辛辣な観察者はめざとくそれを察知する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
もの
   
leave a curious note: 妙なものを残していく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 203
a discordant note for sth: 〜にそぐわむもの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 428

ノート
   
look at one’s notes: ノートに眼を落とす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
have sth in one’s notes: ノートに記録する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
メモ
   
scribble one’s own notes: メモを取る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
point at sb to make a note: (人に)指をつきつけ、メモをとれという身振りをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245

遺書
   
Didn't find a note right?: 遺書はみつからんのでしょう? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
   
be well known for the length of time one can hold a note: ひと息で音をずうっと出していられることで知られている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
音色
   
the wind plays a long trombone note: 風が長く尾をひくトロンボーンの音色をかなでる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
pieces with only one note--long very persistent wails: ひとつの音色がずうっとつづくすすり泣きのような音楽 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
at the first notes: 最初の音色が流れると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
確かめる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 65
楽器の音
   
The notes drifted a long way in the still-dark afternoons: 雲の垂れ込めた静かな午後など、楽器の音はずいぶん遠くまで風に流されていくものだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
気がつく
   
I noted in passing, that ...: ふと気がついたのだが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 112
気づく
   
note the lack of ...: 〜がないことに気づいた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 82
He had noted the gloves when Polly came to the door: ポリーが戸口まで迎えにきたとき、アランは彼女の手袋に気づいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
be slow to note that ...: 〜に遅ればせに気づく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
記憶にとどめる
   
A medical history, he noted: "病歴"という言葉を記憶にとどめた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
脅迫状
   
It was hard to explain the note: 脅迫状のことを説明するのは厄介だった クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 157
響き
   
bass guitar note: ベースギターの響き ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
見てとっている
   
note sth: 見てとっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 179
見てとる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
見られる
   
note in ...: 〜に見られる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
見通しを口にする
   
note darkly: 暗い見通しを口にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
見逃さない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
言う
   
note with both satisfaction and sorrow: うれしさと悲しさこもごもに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
合図
   
send notes: 合図を送る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
紙切れ
   
one’s hand closed on the note: 紙切れを握りしめた手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
資料
   
closely typed notes: ぎっしりタイプされた資料 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 8
手紙
   
note of conditions: 条件を提示してきた手紙 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
get a note that says ...: 〜という手紙をことづかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 369
書き置き
   
On the table was a note from my girlfriend:: テーブルの上にはガール・フレンドの残していった書き置きがあった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 207
心覚え
   
make a note on ...: 〜を心覚えする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 402
説明する
   
That's against the law, by the way," the cop noted: ちなみにそれは違法です」警察官が説明するところへ、 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 204
知る
   
note position of sth: ありかを知る アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 294
注意
   
note that ...: 〜という点に注意する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 104
注釈
   
long note: 長々とした注釈 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
註釈
   
be described by sb in sb’s note as ...: (人の)註釈のなかで〜と呼ばれる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
伝言
   
somehow get a note to sb: (人に)なんらかの手段で伝言を渡す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
頭に入れる
   
note everything that came and went as the minutes passed: 刻々の動きを残らず頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
表情
   
without comparing notes with other eyes: お互いの表情を見交わすまでもなく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
文章
   
dictated notes: 口述筆記による文章 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 554
聞きとる
   
A little pride in that one, Kelly noted: ちょっぴり誇らしげな口調をケリーはききとった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 577
報じる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
目にとめる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 27
余韻
   
by the time the note dies away: その余韻が消える頃には カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 35
葉書
   
send short notes written on postcards: 短い葉書を書く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
留意する
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
訛り
   
Welsh note: ウェールズ訛り ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
ツイート