× Q 翻訳訳語辞典
rub   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をさする
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 26

あてつける
   
rub it in rather unmercifully: 情け容赦もなくあてつける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 145
こすりあわせる
   
chuckle to oneself and rub one’s long, nervous hands together: ひとりたのしそうな顔つきで、長くてほっそりした手をこすりあわせる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
こすりつける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
こする
   
rubbing one’s eyes, trying to wake up: 眠い目をこすりこすり バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 266
rub the sleep from one’s eyes: 目をこする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
rub the crud out one’s eyes: 目やにをこすりとる グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 15
be rubbed vigorously: 〜がさかんにこすられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 224
さする
   
rubbing the portion of oneself which have suffered in the assault: 攻撃されて傷ついたあちこちをさすりながら セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 177
rub sb’s shoulders: (人の)背中をさする 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 89
rub one’s hands: 両手をさする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 54
rub at ...: 〜をさする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
rub ...: 〜をさする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
incessantly rub one’s chin with one’s right hand: あごを右手でしきりにさする 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
しごく
   
idly to rub the material back and forth: 生地をあてもなくしごく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
すりよせる
   
the kitty rubs on ...: 猫、〜に身体をすりよせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
なすりつける
   
rub grease across the shirt in glaring dark-gray stripe: 油をなすりつけられたシャツには、四本のねずみ色の線がくっきりと残る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
なでさする
   
rub one’s chest: 胸をなでさする 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 25
rub at one’s insane heart: 狂わしい心臓の上をなでさする 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 148
ぬぐう
   
rub it twice vigorously across and down sb’s face: (人の)顔を、たてよこ十文字に力をこめてぬぐう ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 193
はらう
   
try to rub the salt out of one’s eyes: 目に沁みる海水をはらう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
ひきあいに出す
   
rub it well in about ...: 〜を何度でもひきあいに出す ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 189

愛撫する
   
be rubbing sb: (人を)愛撫しつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
手でこする
   
rub frantically: とりみだしたように手でこする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
突き合わせる
   
be rubbing noses with my folks every day from morning to night: 毎日、朝から晩まで、おやじやおふくろと鼻を突き合わせている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
撫でまわす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
撫でる
   
rub the fur: 毛を撫でる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
rub sb’s cheek: 頬を撫でる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 138
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 144
揉む
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

vapor rub stuff: スースーする軟膏
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
some of it would rub off: あやかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 164
rub oneself: 体をすりつけてくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 442
rub one’s hands: 揉み手をする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 15
rub in ...: (〜を)強引に切り抜ける
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 157
rub against ...: 〜にこすりつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 237
there is something that rubs sb the wrong way: なにか気持の内側がザワザワと腹立たしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
rub shoulders with sb: (人と)なれ合う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
rub sb the wrong way: (人の)神経を逆なでする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
rub sb’s face in it: (人の)神経を逆撫でする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 259
rub one’s long, nervous hands together: 長い繊細な手をこすりあわせる
rub one’s feet dry: タオルで足をふく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 74
rub one’s eyes in disbelief: 目を見はる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 121
proceed to rub in: さらに念を押しにかかる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 137
feel one’s heart rub itself raw with worry: 心配で胸が痛む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
come rubbing itself against ...: 〜にすり寄ってくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 282
ツイート