× Q 翻訳訳語辞典
throat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
のど
   
told sb gallantly, having problems with one’s throat: 健気に言ったが、のどに詰まるものがあった デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 220
think one can still catch far back in one’s throat the fierce taste of ...: のどの奥に〜の強烈な味がまだ残っているように思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
sb’s throat works spasmodically: のどが発作的にひくひく動いている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 298

咽喉首
   
with a weak rattle in its throat: まるで咽喉首でも絞めつけられるように哀れな音を立ててきしむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
咽喉笛
   
be cutting one’s throat over sb: (人のことで)咽喉笛を切りかねない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
   
something has caught in one’s throat: 喉になにかがからんでいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
sb’s breath puffs through sb’s throat: 息が喉を抜ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
sb’s Adam’s apple moves up and down in one’s throat: 喉仏が上下する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 360
say slowly in a raspy growl that issues from the back of one’s throat: 喉の奥でかすれるような太くてひくい声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
one’s throat works: 喉をひくつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
one’s heart trys to cram its way up into one’s throat: 喉もとにせりあがった心臓が、出口をもとめてもがく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
one’s heart is jackhammering wildly in one’s throat: どきんどきんと高鳴る心臓は、いまにも喉からとびだしそうな勢いだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
grab sb’s throat to control sb: 喉をつかんで(人は)動きを封じられた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
feel one’s heartbeat in one’s throat: 心臓の動悸が、喉の奥からせりあがってくるような気がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
feel a lump in one’s throat: 喉に何かがこみあげるのを感じる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323
fat throat: 肉のだぶついた喉 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
cut sb’s throat: (人の)喉をかき切る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
clutch sth to one’s throat: 〜を喉の部分で握りしめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
a muffled squeak escapes one’s throat: くぐもったような金切り声を喉の奥から洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 304
a long howl tears out of one’s throat: 喉の奥から長く尾をひく叫び声を洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
喉の奥
   
laughter fill up sb’s throat: 喉の奥に哄笑がこみ上げてくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 183
trace sth’s tiny hard trail down one’s throat: 喉の奥を〜がぎくしゃくと通りぬけていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
喉もと
   
the sweet white line of one’s throat: 白くやわらかい曲線を描く喉もと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
喉首
   
I'll come over and cut his goddam throat: そっちへ出向いて、馬鹿犬の喉首をかき切ってやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
grip sb by the throat: (人の)喉首をつかむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
喉笛
   
jump at the lamb’s throat: 羊の喉笛に食らいつく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 241
   
one’s long throat where the hair grew coarse and unshaven: まばらなひげが伸びている長い首 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
from one’s forehead to one’s throat: 首まで 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
首根っこ
   
get sth by the throat: 〜の首根っこをつかむ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 173

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

cut sb’s throat: ただじゃすまんぜ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 146
clear one’s throat: 咳きこむ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 444
clear one’s throat: 咳ばらいする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
clear one’s throat: 咳ばらいをする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
clear one’s throat: 咳払いする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
the creditors are at sb’s throat: 借金とりに追われている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 213
put a lump in sb’s throat: 胸に熱いものがこみあげてくる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 12
one’s breath catches in one’s throat: (人は)息を呑む
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
cut one’s own throat: 敵に塩を贈る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 70
crowd’s roar gathers throat: 観衆のどよめきがひときわ高まる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 241
clear one’s throat loudly two or three times: 咳払いを二つ三つする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 235
clear one’s throat demandingly: 注意を引こうとして咳払いする
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 46
are not at each other’s throats anymore: もう昔と違ってとっ組み合いの喧嘩などはしない
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 27
a brief gagging noise come from one’s throat: 吐き気をこらえるような声を洩らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
feel an annoying tickle at one’s throat: 咽喉がむずむずする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 485
be caught at the back of one’s throat: 喉の奥につかえてしまう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 230
one’s throat is bare for one’s greater ease: ゆっくりくつろぐためか、咽喉元まであけて見せている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
I distinctly saw sb’s bare throat: のどがむきだしになっていました
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 186
a viral infection causing considerable soreness of the throat: 喉の激しい痛みを伴うウィルス性の病気
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 79
wave of hysteria rise to sb’s throat and are choked back again: ヒステリックな発作が波のように喉もとにこみあげ、やっとのことでおさまる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 21
pull the collar against one’s throat: 襟をかきよせる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 112
considerable soreness of the throat: 喉の激しい痛み
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 79
cut one’s throat: 〜の喉をかき切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
cut-throat:ならず者
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
one’s throat is dry: 喉はからからだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
fill one’s throat: 喉いっぱいに詰まる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
go for sb’s throat: 喉に食いついてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 93
drop down and take hold of sb’s throat: 落ちてきて首にからみつく
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 32
confession that rises involuntarily to one’s throat: 思わず咽喉まででかかった告白
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 285
lay one’s hand on one’s throat: 喉に手をあてる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 148
swallow a lump in one’s throat: 生唾を呑む
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 73
clear one’s throat noisily: 大きな咳ばらいをする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
one’s throat is painfully dry: ひどく咽喉が乾く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
collar pinching at one’s throat: 襟を喉に食い込ませる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 166
the man’s throat where the wire pressed: 針金が首に深くくいこんだ
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 187
put sth in sb’s throat: 喉笛に深々と〜を突き立てる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
I could see his throat muscles quiver: シドの喉の筋肉がこまかく震えていたわ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 263
reedlike throat: ほっそりとした咽喉
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 80
the mucus keeps rising in one’s throat: 喉からこみ上げて来る
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 12
ツイート