× Q 翻訳訳語辞典
beneath   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の上から
   
can be spied out even beneath ...: 〜の上からそれと窺われる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 54
〜の底
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170

その実
   
beneath all one’s surface eccentricity: 表面的には変人に見えるが、その実 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 114

奥の
   
beneath the glasses: 眼鏡の奥の セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 156
耐えかねる
   
beneath the weight of sth: 〜の重みに耐えかねる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 638
知らない
   
details are beneath sb: 細部まで知らない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 176
中に
   
tuck sb firmly up beneath the eiderdown: 羽根布団の中にきっぱり寝かしつける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 51
内側で
   
beneath its purple pall: 紫色の棺衣の内側で ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 182

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

trapped beneath ...: 〜の下敷きになったので
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 175
light beneath ...: 〜のやや下に位置する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
beneath the eaves: 軒下
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
beneath sb’s nose: 鼻先に
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 145
be beneath sb: (人よりも)みすぼらしい
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 24
wearing only one’s underwear beneath one’s coat: 下着の上には直接コートをはおり
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 39
quake far beneath the surface: 意識の深層を揺り動かす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
often act with a playfulness far beneath one’s age: 年に似合わぬいたずらっぽいしぐさをすることがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
many people walking towards him beneath umbrellas: 傘をさして歩いてくる何人かの人間
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
lie ever close beneath the surface: 外見の一枚下には〜がひそんでいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 53
lay directly beneath ...: (場所と)境を接して広がっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
it would be mortifying and much too far beneath one’s dignity to do: 〜するのも業腹で沽券にかかわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 121
fear that one’s legs are going to give way beneath one: 自分がその場に坐りこんでしまうのではないかと思う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 211
exposed flesh beneath what have been the nail: 爪がはがれたあとに露出した肉
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
be simply beneath one’s notice, an irrelevance: 取るに足らない、考える価値もない無用の存在だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
be beneath one’s dignity: (人の)誇りが満足しない
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 101
somewhere beneath the sweet agony of self-denial: この悩ましく甘い自己放棄の裡に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
grow up almost crushed beneath pressures that ...: 〜の圧力にほとんど押しつぶされんばかりにして成人する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 158
angle beneath the eaves: 軒下の暗がり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
be aware of one’s flesh beneath the clothes as continues: 着物の下の肌がどこも一続きに感じられる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
Besides, we're beneath the flowers here: ここは花の下だしね
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 14
beneath the blazing sun: 炎天のもと
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 171
breathing smoke beneath the brass colonial lamp: 真鍮製の古風な外灯の下で、吐く息が白い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
the ground is buried beneath a golden carpet of fallen leaves: 地面は金色の落葉で埋まる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
in the fold beneath one’s chin: あごの下に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
beneath the present euphoria there is an undercurrent of concern: 底深い部分ではやはり統合後の変化に危惧を抱いているらしい
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
be vermin, beneath one’s contempt: 最低の人種だ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 137
beneath those words, sb’s heart is cracking as sb speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
the muscles of sb’s well-sculpted arms can be discerned even beneath sb’ blue robe: 紺色のローブを通して隆々とした筋肉がうかがえる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 263
dug sb out from beneath whatever rock sb have been hiding under: 草の根を掻き分けても(人を)見つける
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 628
entertain sb beneath one’s roof: ご来駕を我が屋根の下に賜る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 123
stretch away beneath sb’s eyes: 一望の裡にある
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 31
be too far beneath sb: どう見てもみすぼらしすぎる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 24
feel one’s legs give way beneath one: 足が萎える
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 50
the emotion latent in sb’s first poem beneath its clarity and openness: (人が)はじめに吟じた詩の、いかにも明朗な詩句のかげにある若者の憤死の感情を
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 287
The Berkley campus lay directly beneath my laboratory: 研究所と境を接して海側にカリフォルニア大学バークレー校のキャンパスが広がっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
beneath the leafy canopy of the tree: 天蓋のようなこんもりとした樹葉の下に
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 10
feel one’ s legs give way beneath one: 足が萎える
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 50
beneath one’s quiet public manner: 人前ではおとなしいふりをしているが
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 49
the hair showing beneath one’s scarf: ハンカチの間からこぼれでている髪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 152
Mikhel shrugged, as if such details were beneath him: そんな細部まで知ったことかというように、ミケルは肩をすくめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 176
simmer just beneath the surface: (感情が)表面下でくすぶる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 169
suburban wealth spreads beneath ...: 〜の下に裕福な郊外が伸びている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
squint out beneath ...: 〜の下からのぞいている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
succumb beneath ...: 〜に屈服する
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 17
trail out beneath sth: の下からはみ出す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
be vermin, beneath sb’s contempt: 最低の人種だ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 137
winter’s wait beneath the snow: 雪の下でじっと耐えていた冬
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 172
ツイート