× Q 翻訳訳語辞典
brilliant   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あっぱれ
   
that was a brilliant piece of work: あの腕前はあっぱれだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
きらびやかな
   
brilliant violin and oboe passages: ヴァイオリンとオーボエのきらびやかな楽節 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
きららかな
   
the brilliant sunlight: きららかな陽光 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 337
こうこうと
   
brilliant cars: こうこうと明かりに照らされた車両 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
すっげえ
   
a brilliant tacking duel: すっげえタッキング勝負だ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 197
つやつやした
   
all brilliant sth: つやつやした(物)ばかり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
なかなかたいした
   
a brilliant idea: なかなかたいした考え 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 67
まばゆい
   
the brilliant light: まばゆい光 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
めざましい
   
proudly reel off one’s brilliant clues: 得々としてめざましい手がかりをならべたてる ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 39

一点の曇りもない
   
brilliant teenager: 一点の曇りもない青春 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 215
鋭い
   
thank you for that brilliant insight: 鋭いご指摘に感謝します バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 424
艶やかな
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 282
華麗な
   
brilliant and terrible retreats: 華麗で恐ろしい撤退作戦 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 265
恰好の
   
as a brilliant afterthought, sb add: 恰好の目印を思いだしてつけくわえる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 89
眼にまぶしい
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
機知に富んだ
   
play brilliant: 「機知」に富んだ演技をする デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 26
見事な
   
brilliant fielding plays: 見事な守り プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
見事な手なみで
   
make one of one’s brilliant vocal imitations: 見事な手なみで例の擬音をやってのける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
光彩陸離たる
   
be brilliant: 光彩陸離たる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 320
紅蓮の
   
the brilliant protean flames dance as they destroy: 変幻自在な紅蓮の炎が踊りながらすべてを焼きつくす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
才気煥発
   
秀才
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
上出来
   
though brilliant: 上出来のわりには ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
鮮麗な
   
brilliant tropical colors: 熱帯風な鮮麗な色 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 18
発想の大逆転
   
It was brilliant: それは発想の大逆転 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 194
抜群
   
may almost call sth brilliant: (物を)抜群といってもいい ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 48
抜群の
   
brilliant skills in working with ...: 〜と巧みに折り合ってことを処理する抜群の組織力 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 218
抜群のでき
   
not brilliant: 抜群のできとは言えない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 186
名高い
   
a brilliant violin player: 名高いヴァイオリニスト プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
目立つ
   
a brilliant one: 目立つ男 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 65
麗らかな
   
brilliant sun: 麗らかな陽光 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 204

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

some said brilliant: その仕事ぶりを褒められたこともある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 56
less-than-brilliant answer: 間の抜けた答え
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 125
in brilliant foliage: 鮮やかに紅葉して
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 93
brilliant silly line: 滑稽な名台詞
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 99
brilliant suggestion: 妙案
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 397
brilliant precis: 文句なしの出来
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
be brilliant observations: まことに鋭い洞察を含んでいる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 170
be brilliant idea: 申し分なしだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
be brilliant genius: 天才肌である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
a brilliant man: 天才
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 52
a brilliant bloke: なかなかの切れ者
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 37
with encyclopedic knowledge and brilliant minds: すべての知識の荷ない手、滅相もなく頭のよい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 354
the brilliant spangled sky: 眩いばかりに星屑のちりばめられた夜空
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 18
stumble on some brilliant way to do: 奇想天外の知恵を働かせて〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 73
sb’s statement that is nothing short of brilliant flash of the obvious: いわずと知れた事実のあけっぴろげな表明
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 35
one’s latest brilliant idea: 自分の最新アイデア
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
brilliant in deceit against the rich: 金持ちを巧みな策略で翻弄する
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 43
be nothing less than brilliant: 比類のないものである
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 312
be brilliant and creative: 溌剌たる才智と創造的能力がある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 295
a brilliant review appear: 絶賛の評が現れる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 77
Actually, he's a brilliant bloke: それどころかなかなかの切れ者だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 37
brilliant and conflicting images: 華麗な、錯綜する心像
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 548
make a brilliant logical jump: 素晴しい閃きを示す
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 15
Slowly his vision cleared, but the brilliant light remained: 視力はしだいに回復してきたが、いぜんまばゆい光は消えない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
ツイート