× Q 翻訳訳語辞典
goes  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

an age goes by: ひどく長い時間が流れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 360
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
don’t say anything while sb goes on: 黙って先をいわせておく
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 148
a story goes around once that ...: 〜という話もある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
She stabs it into the bed as she goes to bathroom: サラ、注射針をベッドに突き刺し、そのあと浴室へ向かう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 201
care not a fig for ..., either, as far as that goes: くだらなさにおいては〜も、みな似たり寄ったりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
something in sb’s scheme goes askew: 計画が少々狂ってくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 106
everything goes astray: めちゃくちゃになる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 161
the best of one’s attention goes to sb: (人の)注意は主に〜に向けられている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
one’s position goes from bad to worse: 一方的に(人の)旗色のわるいものとなってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 231
one’s story goes before one: (人の)噂は(人より)早く、人々の耳に届く
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 34
the sun goes below the horizon: 太陽が地平線の下に姿を消す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
the screen goes black: スクリーンが空白になる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
everything goes black: 目の前が真っ暗になる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 39
You can hardly see the blur of it as it goes by: 投げ込まれた球筋は、ほとんど眼にとまらなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
that smell goes right to your brain, doesn’t it?: 匂いって、すごいね。何よりもダイレクトに脳に入ってくるんだね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
the bucket of sth goes spilling: (物)の入ったバケットの中身がぶちまけられる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 255
a light bulb goes off: ぱっと電気がともる
cash flow goes down: 懐ろが淋しくなる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 106
when a child goes wrong the fault lies with the parents: 娘の不始末は親の不始末だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 123
a discussion goes around in circles: 議論にもなにもならない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 216
the colour goes from their six faces like enchantment: 魔法にかかったように、六つの顔から血の気がうせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 266
The Night School Boys are 'crackerjack', as our saying goes: まことナイトスクール・ボーイズこそ、われらのいう「天下一品」である
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
the line goes dead: 電話が切れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
sb’s health goes into a rapid decline: (人の)健康が急速に衰える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
the lazy drone of the B-29s goes on interminably: B29が鈍い眠い音をたてて何時までも飛んでいる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 69
it goes through and through sb’s head like an earthquake: 地震みたいに脳天までぐらっとくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 130
with an easy smile that goes well with one’s relaxed manner: にこにこと気さくだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
the electricity goes off: 停電する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
shake hands with every person individually as he or she goes out: 出て行く男女に誰彼の差別なく一々握手する
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 57
everything goes to shit: 大破綻を来す
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
the execution goes off smoothly, without any hitches, without scenes: 処刑が騒ぎもなく、滞りなく執行される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
sb’s face goes white immediately: 顔が見る見る蒼白になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
can make headway, as far as that goes: 動くことは動く
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
until the fire finally goes out: 炎が消えつくすまで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 172
foretelling goes forward: 予言が行なわれることになる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 63
the face is what one goes by, generally: ふつう、顔で見分けがつくんじゃない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
the joke goes as follows: こんなジョークがはやっている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129
a queer little thrill goes over sb: 言いしれないときめきを感じる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 50
something goes wrong: なにか不測の事態が生じる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
you know how that goes: ご承知のとおり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
work goes more smoothly: 仕事が捗る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
whenever one goes down: ひとりがすてんと転ぶたび
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
what goes on there at night: 夜はどうしてるんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
what goes on inside sth: (物の)事情
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 52
what goes on inside: 内面
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
there it goes: 私の目の前で
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 101
the writing goes on: 書く材料には事欠かない
the shining desolation that goes on and on: えんえんと続く輝く荒地
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 168
the light suddenly goes out: 電灯がふっと消える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
the guy who goes to Europe and places: ヨーロッパ通の男
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
that goes without saying: わかってるよ、そんなことは
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
that’s as far as it goes: それ以外はまったくだめ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57
system goes down: システム遮断
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
so it goes: よくある話だ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
much talk goes on: おしゃべりに花を咲かせる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 90
light goes down: 明かりが暗くなる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
it goes through and through sb’s head like an earthquake: 頭がすっかり地震みたいにがんがんする
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 139
it goes on and on that way: まあ、こんな調子なのよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 124
it goes beyond right and wrong: これは正邪を超えた問題である
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 247
if this goes on, ...: このぶんでいくと、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
I think that pretty much goes without sayin’: そりゃまあ、そうだろう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
before one goes on to say ...: 〜を話す前に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
be honest enough as honesty goes: 通り一遍の正直って点だけなら、結構正直だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 163
and so it goes on, ...: 以下同様に、〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 238
alarm goes off: 警報が鳴る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
a wild rumor goes around that ...: 〜というデマがとぶ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 329
a siren goes off: サイレンが鳴る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 347
ツイート