× Q 翻訳訳語辞典
elbow   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かきわける
   
elbow one’s way through the crowd: 雑踏をかきわける 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
ひじ
   
swing with an awkward roundhouse, elbow locked: スイングはひじをロックしたぎこちない大振り トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
sb take one’s elbow to help one up: (人に)ひじを支えられて〜にあがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
sb’s elbows are on the window sill: 窓閾にひじを突く 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 88

手元
   
at sb’s elbow: (人の)手元に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
a cup of cold coffee at one’s elbow: さめたコーヒを手元において ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
   
someone at one’s elbow doing ...: 肘が触れ合うほどそばにくっついて〜する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
slip one’s hand under sb’s elbow: (人の)肘をそっとつかむようにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
raise up on one’s elbows: 肘を立てて、身を起こす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 353
put one’s elbows on the table: テーブルの上に両肘をつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
leaning forward with one’s elbows on the back of the driver’s seat: 座席から乗り出して、運転手のうしろに両肘をかけながら 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
at the elbows: 肘のあたり ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
all elbows and a great, whippy arm: 強力な肘と鞭のようにしなう腕 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
肘でつつく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
片ひじ
   
pick oneself up on one’s elbow: かろうじて片ひじで体をささえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
   
be aware of someone at one’s elbow: 脇にだれかの気配を感じる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 112
   
sb’s elbow keeps jabbing close to ...: 腕がしきりに〜にあたる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 12

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

elbow each other: 肘と肘をぶつけあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
at one’s very elbow: 身近に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 174
who gives a fly’s elbow about sth: 〜なんて、知ったことじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
sit at sb’s elbow: (人の)横に控えている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 296
rest one’s elbows on one’s knees: 膝に肘をつく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 169
lean on one’s elbows: 肘枕をつく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
just to give strength to their elbow: 激励役といったところだな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 228
here and there the overhung, elbowing houses: あちらこちらにかたまりあっている家々
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 75
get off your elbows: のんびりしていないで
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
elbow one’s way in: (人が)紛れ込む
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 62
elbow one’s way ahead: かきわけて歩く
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 201
do not know one’s willies from the elbow: なにもわからない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
be all ears and elbows: 天狗になる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
AA give BB the elbow: (BBが)(AAに)すっぽかされる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 94
a long crawl from ... on one’s elbows to ...: 〜から〜までの長い距離を匍匐前進する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
the elbow bends of its own accord: おのずと肘がまがる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 139
lean across with one’s elbow on: 両肘を突いて身を乗り出す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
Their surgical gloves of elbow length shone ghostly grey: ひじまである外科用手袋が、気味悪く灰色に光った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
leaning one’s elbow on ...: 〜に片肱をつく
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
lounge with one’s elbow against the bar: 手すりに片肘っけてよりかかる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 137
the little arms were plunged in elbow-deep: 小さな腕が肘までどっぷり水にひたる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
the little arms were plunged in elbow-deep: 小さな腕が肘まで茂みに隠される
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
I shuddered, sensing the presence of some unseen watcher at my very elbow: 見えない監視者の気配を身近に感じて、私はぞっとしてしまった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 174
ツイート