× Q 翻訳訳語辞典
surprisingly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あんがい
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 207
えらく
   
be surprisingly busy for midafternoon: 午後も半ばにしてはえらく賑わっている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 99
おかしいくらい
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 121
おどろくほど
   
so surprisingly strong and fresh longing: 自分でもおどろくほど強烈で生々しいあこがれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
かえって
   
be surprisingly self-possessed: かえって、しんと落ちついて 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 123
けっこう
   
had turned out surprisingly good: つくってみるとけっこううまかった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
ことのほか
   
a surprisingly young man: ことのほか若い農夫 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 21
だしぬけに
   
Suddenly, surprisingly Ralston smiled briefly: 不意に、だしぬけに、ラルストンは小さく笑った マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 50
どうかと思うほど
   
statement is surprisingly blunt: (言葉が)どうかと思うほど無遠慮だ コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 62
はっと思うほど
   
sb’s face is surprisingly pale and serious: はっと思うほど思いつめた蒼い顔で 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
ひどく
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
びっくりしたように
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 9
びっくりするほど
   
be surprisingly quiet: びっくりするほど静かだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
へええ
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 193
まことにもって
   
surprisingly gracious offer: まことにもって寛大な申し出 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 541
やたらに
   
a surprisingly large number of ...: やたらに多く 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 421

唖然とするほど
   
The fall was surprisingly slow: 倒壊は唖然とするほど緩慢だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
案外
   
These fingers might in fact be surprisingly adept: 案外こういう指先のほうが、本当は器用なのかもしれない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
My mother was surprisingly optimistic and unconcerned: 母は案外平気であった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
in a surprisingly matter-of-fact way: 案外なんでもなく 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 115
He's surprisingly friendly, isn't he?: 案外、人なつっこいじゃないか・・ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 242
But the death rate is surprisingly low: 案外死亡率は低いですね 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 223
As the movie showed, the prediction range is surprisingly restricted: ニュースでも分かるとおり、予言の範囲は、案外限られているんじゃないか 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
意外なことに
   
Surprisingly, I did sleep: 意外なことに、私はちゃんと眠れた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 577
意外に
   
with a slow but surprisingly deft motion: ゆっくりとしたモーションをつけると意外にあっけなく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 122
smile in a surprisingly playful way: 意外にいたずらっぽく笑う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 93
Mass media is a surprisingly small world, and he made a fine example: マスコミの世界というのは意外に狭いからね、そういうのは結構いいみせしめになるんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
be surprisingly resistant: 意外にしぶとい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
意外にも
   
Lap, rubbing his eyes, was surprisingly composed as he replied:: しかしラップは目をこすりながら、意外にも落ち着いて返事をしました 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 44
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 70
意外の感
   
rather surprisingly: やや意外の感なきにしもあらずだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
奇妙に
   
surprisingly enjoyable: 奇妙に楽しい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 260
驚いたことに
   
Surprisingly, he could not recall precisely: 驚いたことに、はっきり思い出せなかったのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
驚くほど
   
find surprisingly little to say: 驚くほど話すことがない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 177
思いがけないほど
   
... give sb a surprisingly desolate feeling: 〜というのはなんだか思いがけないほど心細い 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 244
思いのほか
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 350
実に
   
arrive surprisingly well prepared: 実に準備周到だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 268
存外
   
The room was surprisingly quiet: 病人の枕辺は存外静かであった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
珍しいことに
   
Surprisingly, the skinflint said he would pay if it were cheap enough: 珍しいことに、しまり屋の弟は、もし安いのならお金を出してもいいと言った 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 147
珍しく
   
come home surprisingly early: 珍しく早く帰って来る 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 151
不思議に
   
For not having slept in twenty-four hours, I felt surprisingly awake: まる二十四時間眠っていないわりには不思議に眠くなかった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 35
be surprisingly good at ...: 不思議に強い 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 76
呆れることには
   
surprisingly enough, ...: 呆れることには 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
予想外に
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

rather surprisingly: やけに勢いよく
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 346
perhaps not surprisingly: あるいは驚くほどのことではないのかもしれないが、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
not surprisingly ...: 〜もうなずける
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 474
not surprisingly: まあこの世はそんなものである
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 116
not surprisingly: むりもないが
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 365
not surprisingly: 当然ながら
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 152
be surprisingly harsh: 辛辣を極める
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 84
with a ferocious expression but surprisingly gentle eyes: 恐ろしい顔のわりには眼つきのやさしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
settle in one’s stomach in a surprisingly benign manner: びっくりするほど穏やかに胃袋に収まる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
be surprisingly calm: 案外平気だ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 157
The drink settled in his stomach in a surprisingly benign manner: その薬はびっくりするほど穏やかに胃袋に収まった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
feel surprisingly safe: 意外なほど不安はない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 13
Then, perhaps not surprisingly I fell into a bout of clinical depression: そのうちに僕は、あるいは驚くほどのことではないのかもしれないが、抑鬱症に襲われるようになった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548