× Q 翻訳訳語辞典
drawn  
ひきしぼった
   
a drawn bowstring: ひきしぼった弓の弦 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171

吸い寄せる
   
sb’s eyes are strangely drawn to ...: (人の)眼、〜へ吸い寄せられる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with guns drawn: 銃を構えて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
drawn exhausted faces: 憔悴しきった顔
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 269
sb’s face all drawn and gray: 顔は血の色を失ってゆがみ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 203
one’s drawn long with terror: 恐怖のあまり長々と尾をひく母音の叫びをあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
drawn and haggard face: くたびれた貌
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
one’s face drawn with apology: 顔が申し訳なさそうにひきつっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
she is far too attractive not to have drawn sb’s attention: 彼女ほどの魅力的な女性が(人の)注意をひかないはずはない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
undoubtedly drawn here by the powerful magnet of revulsion and attraction: 明らかに怖いもの見たさだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 67
move forward automatically, as if drawn by an invisible pulley: 糸に引かれるように足を進める
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 581
the click of a rifle bolt being drawn back: ライフルのボルトをかちゃっと引く音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
let out a long-drawn breath: 長い吐息をひとつつく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
be drawn together by a gentle, brotherly feeling: 兄弟の優しい心持ちが湧いてくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
have one’s brow drawn down wearily in irritation: うんざりと眉をしかめて苛立ちを見せる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
the sound of a carpet sweeper being drawn back and forth over a rug: 掃除機が絨毯の上を行きつもどりつするときのうおーんという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
drawn-out complications: 後腐れ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 20
be drawn into the conversation: 話につり込まれる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 115
be drawn into what could be a crime: なにか犯罪めいたことの片棒をかつがされる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 41
have one of one’s hands drawn through sb’s arm: (人の)片手は(人の)腕をかかえている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 114
the lips drawn back from the teeth: 唇の間から白い歯がぐっとむきだし
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 341
be drawn most intimately to sb: 〜に引き寄せられて親密このうえない関係になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
sb’s lips are drawn as if framing a difficult question: (人の)唇はあたかも何か難しい質問をするかのように開きかける
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 83
be drawn as if by a magnet: 磁石に吸い寄せられる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
be drawn one to another: お互いに親愛の情がわく
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
have drawn nothing but rave reviews from sb: (人)には、大喝采を博してきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
sound of water being drawn in the bath: 浴槽に湯を溜める音
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 84
whisper, one’s disbelieving eyes drawn back to ...: 信じられない顔でつぶやいて、また〜に目を戻す
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 21
sb is drawn away: (人が)遠ざかっていく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
one’s eye are drawn to ...: (人の)視線は〜に吸い寄せられてゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 121
make out its drawn-up legs, its ears: ちぢめた足と耳が判別できる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 38
lines drawn through sth: 〜斜線で消されてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
feel drawn to sb: (人に)ひかれている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
feel drawn to sb: (人は)魅力がある
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
drawn to sb: (人の)魅力につられて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
drawn by the tasty-looking tulip blossoms: おいしそうなチューリップの花に誘われて迷いこんでくる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 219
be drawn to ...: 〜に惹き寄せられる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 30
be drawn on ...: 〜で現金化される
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
be drawn into sb’s quarrels from both ends: 双方からとばっちりをくう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
be drawn into manufacturing: 製造業に就職する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 284
be drawn by its unflinching self-assurance: そのゆるぎない自信に魅了される
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
be drawn with a clever economy of line capturing pose and character: 簡潔な線で顔の輪郭や性格を見事に捕らえている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 239
feel sb drawn away: (人が)遠ざかっていくような気がする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
I envision the picture but not the figure it is drawn from: わたしの見ているのは描かれた絵であって、その絵が写している実物そのものではないのだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
fine-drawn feeling: 細糸のようにきわどい感覚
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
a skilful and drawn-out flight: さんざん逃げまわる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 22
a line have to be drawn: 無茶苦茶としか言いようがありませんわ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 109
sb’s face is drawn and miserable: 顔は心痛でひきつっている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 153
hold one’s drawn saber at one’s shoulder: 抜いた軍刀を右胸に立て
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 155
five silent figures surrounded sb, their swords drawn: ひたひたとせまる白刃が五本
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 253
all drawn together singing a liberty song: いっしょに集まって自由の歌を合唱している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
be staring at ... with lips drawn tight: 唇をぎゅっと引きしめ、茫然と〜を見ている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 124
drawn sword: 抜身
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
be drawn into the midst of the unrelenting crowd and pressed to answer questions about ...: 人垣の中心に引き据えられ、なんの斟酌も加えず、(〜を)問いつめられる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 80
ツイート