× Q 翻訳訳語辞典
chest   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
キャビネット
   
the medicine chest: 薬品キャビネット カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380

   
touch one’s chest: 胸に手をあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
the staccato drumroll in one’s chest: みじかくはげしいリズムを刻んでいた胸の動悸 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
the blood flows from sb’s heart and down sb’s chest down sb’s legs staining sb’s white pants scarlet: 心臓から血が溢れ出て、胸を流れ、脚をつたい、白いズボンを緋色に染める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
sth still hold against one’s chest: 胸の前には、あいかわらず〜が掲げられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
sling across one’s chest: 胸にななめにかける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
sb’s chest rise and fall evenly: (人の)胸が規則的に上下する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
rub one’s chest: 胸をなでさする 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 25
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
put one’s head against sb’s chest: (人の)胸に頭をもたせかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
press one’s face against sb’s chest: (人の)胸に顔を埋める スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
pound on one’s chest: 胸を波打たせている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 39
lean against sb’s chest: (人の)胸に倒れかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
grip sb to one’s chest: (人を)胸にぐっと引きよせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
feel one’s chest rise: 胸が顫える 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 9
feel as though one’s chest would burst: 胸が引裂ける思いだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 283
feel a welling in one’s chest: (人の)胸に熱い思いがこみあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 308
feel a faint sadness pirce one’s chest: 薄らさびしさが胸にしみる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 35
face against one’s chest: 胸にうずめた顔 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
experience chest pains when greatly upset or angered: なにかとてつもない心配ごとや怒りごとがあると胸が痛くなる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
clutch sth to one’s chest: 胸に抱える 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
cause one’s chest to tighten: (人の)胸を強くしめつける 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 30
blazing pain that slices through one’s chest: (人の)胸を切りさいなむ焼けるような苦痛 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
across one’s chest: 胸のあたりで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
across one’s chest: 胸の前にかかげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
... foment in sb’s chest: 〜が(人の)胸にわいて来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 101
胸元
   
sb’s head pillowed on sb’s chest: 首を胸元にたれて マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
厚い胸
   
be pent up in one’s chest: 自分の厚い胸にひそむ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
   
knock some stuff out of the chest: 棚からいろんなものがばらばらと下に落ちる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
箪笥
   
shove the chest out: 箪笥を動かす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 75
抽斗
   
space inside the chest: 抽斗の中 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 12
抽斗の跡
   
squeeze one’s sweating body into the chest: 汗だらけの体を抽斗の跡へもぐり込ませる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

weakly chest: 胸板のそげた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
feel one’s chest constricted: 胸苦しい
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 87
a bird-cage chest: 胸の骨は鳥かごのように浮き出している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
with the chest and limbs of a Hercules: ヘルクレスのように筋骨たくましい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 16
with one’s heart thundering in one’s chest: 破裂しそうな心臓を高鳴らせながら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
with a chest broad as the map of America: アメリカ地図のように幅広の肩をした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
slip the drawer quietly out of the chest: 音一つ立てずに抽斗を抜く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
sb’s heart pounds and sb’s chest is tight: 胸騒ぎする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 62
sb’s chin sink towards sb’s chest: (人が)うなだれる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 61
puss out one’s chest: すこしそりかえる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
play it close to the chest: 秘密主義だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 345
one’s heart pounding dully in one’s chest: 心臓が、どこか具合のわるいような鼓動の音をたてている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
get sth off one’s chest: 〜を吐き出してさっぱりする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
get sth off one’s chest: すっきりさせる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 302
feel a frustrated anger creep into one’s chest: いらだたしい怒りが胸もとまでこみあげてくるのを感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
drop one’s head toward one’s chest: がっくりと頭を落とす
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 330
bury one’s face in sb’s chest: 痛いくらい強く(人の)肩と胸の間に顔を押しつける
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
puff out one’s chest with an appearance of some little pride: いささか得意そうに胸をはる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
puff out one’s chest with an appearance of some little pride: すこしばかり得意そうに胸を張る
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
atop the chest of drawers: 衣装だんすのてっぺん
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
polo shirt that leaves one’s chest bare: 胸をはだけたポロ・シャツ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 80
He heard her breathing and the rasp of her chest: 息づかいと、胸がぜいぜい鳴るのがきこえた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
burrow in closer against one’s chest: (人の)胸にさらに強くしがみつく
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 483
chest of drawers:衣装箪笥
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
a ludicrous chest-thumping patriot: 滑稽なまでの愛国者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
constrict sb’s chest: 胸がぎゅっとしめつけられる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 53
point sth directly at sb’s chest: (人の)胸にぴたりと狙いを定める
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
feel one’s chest tighten, one’s eyes become moist: 胸が苦しくなり、まぶたが熱くなるのを感じる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 224
feel the now-familiar rising and falling in ’s chest: 今ではすっかり馴れっこになっている胸の高鳴りと塞ぎを意識する
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 144
poke one’s finger in sb’s chest: (人の)胸に人指し指を突きつけている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
go in and swallow all the pills in the medicine chest: 薬品キャビネットにあったありったけの錠剤を口に放りこむ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
feel a painful fluttering in one’s chest: (人の)こころを、くすぐるような、軽く刺すような感情がかすめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
one’s chest begin to palpitate: 胸がどきどきしはじめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
He physically pokes his finger in Ted's chest: こちらはじっさいにテッドの胸に指を突きつけている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
I try to go around him, and predictably, he lays a finger on my chest: わたしは彼をよけてまわりこもうとした。すると読みどおりに、やつは指を一本、わたしの胸に突きつけ...
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 36
psychologically poke one’s finger in sb’s chest: 頭のなかでは(人の)胸に人指し指を突きつけている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
Tweet