× Q 翻訳訳語辞典
lived  
うるわしい
   
life is best lived at ...: 人生は〜してこそこのうえなくうるわしい クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 77

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

lived experience: 具象性
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
People lived aimlessly on alms given by aquans: 人々はぼんやり、水棲人からのほどこしもので暮らしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 257
the world sb have always lived in: (人が)住みなれたもとの世界
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
have lived always with death at the back of one’s mind: 死ぬ覚悟をしながら生きながらえる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
have lived that rough as sb’d be ashamed to hear of: (人が)聞いたらおったまげるくらい、手荒いことをやってきた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 127
Besides, not very far from where he lived was Yankee Stadium: しかも、家から目と鼻の先の所にヤンキー・スタジアムがあった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 112
A bluff, considering the chances of even discovering where the hacker lived: ハッカーの居所をつかむことさえおぼつかないのだから、これははったりと言われてもしかたがない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8
be lived out over the course of nearly a century: 一世紀近い時間を経た今でも、〜がしっかりと息づいている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
never lived to see the completion of one’s work: 作業が完成するのを見届けることができない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
have lived eight years with a sense of imminent crisis: 八年間、気をはりつめて生きてきたような形だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 49
had lived decades: 何十年も過ごしてきた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
Often his courtroom decisions had determined whether a man lived or died: 判決によって人の命を左右したことは何度かある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 223
you haven’t lived long enough to make a statement like that: それはもっと人生を長く生きた者のいう台詞だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 359
the greatest ... who ever lived: 史上最高の〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
probably the greatest ... who ever lived: 史上最高の〜と世評に高い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
have lived in ... for three years: 三年ばかり(場所)に住む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
one’s gratification was short-lived: よろこびは長つづきしなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 96
the greatest pitcher who ever lived: 史上最高の投手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
Nature lived hard by: 「大自然」という存在がつい近くにいる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 11
will have to be lived with sb for a long time: (人と)いやでも長い付き合いになる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 38
hit sb where sb lived: (人の)急所に触れる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 192
I lived during odd hours: こっちだってだいたいどんでもない時間帯で暮らしていたのだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
instinct that sb have lived by: 身についた本能
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 180
have lived one’s whole life thinking of oneself as the only real man: 自分だけは男だ、と思って生きてきたんです
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
have no recollection of sb’s ever having lived: (人が)いたことすら覚えていない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 72
we’ve lived with that: それならいまにはじまったことじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 298
sb’s life is lived on: (人の)生活は相変わらずだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 78
feel one have not lived in vain: しみじみ生きがいを感じる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 262
be lived out in total ignorance of ...: 〜をまるで知ることもなくすぎて行く
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 363
I pulled back the bed sheets, and the bottom sheet looked a bit lived in: ベッドの上掛けのシーツをめくってみると、下のシーツにはたしかに寝た形跡があった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 62
By comparison with Tok, Krabach lived a pretty extravagant life: クラバックはトックに比べれば、はるかにぜいたくに暮らしています
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
we lived in a world of research: 私たちは純粋な学術研究の世界に生きている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
be short-lived: つかの間のものだ
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 16
be short-lived: 束の間だ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 145
Why not find out where Mark lived and suggest they meet for a drink?: マークの住所を突き止めて、酒でも飲みにいかないかと誘ってはどうだろう?
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 51
In a vast, unpeopled house as well, where lived only an old man and a boy: 人の乏しい、老人と少年だけのだだっ広い家の廊下のように
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 221
No doubt, this latest wrinkle hit him where he lived: 最新の報告がT・Jの急所に触れるものであったことは疑いない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 192
ツイート