× Q 翻訳訳語辞典
group   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
とりまきの連中
   
The group cheers: とりまきの連中、喝采の声をあげる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 251

グループ
   
outstanding group: 優秀なグループ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 49
in group: グループを作って サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
Field Activities Group: 野外行動グループ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
arrange to be with a group: 団体旅行グループに入って来る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
グループ・セラピー
   
pick up a lot of insight in group: グループ・セラピーで大きな収穫あり ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 88

囲む
   
be grouped loosely about the piano: 漫然とピアノを囲む スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 35
一団
   
the group below: 地上の一団 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 25
a group of sbs: (人の)一団 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 47
a group of ...: 〜の一団 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
一同
   
group do sth together: 一同が〜する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
   
a group of men wearing cowls: 修道服を着た一群の人々 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
集団
   
be submersed completely in the group: 集団の中にすっかり埋没する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 162
act in concert with the group: 集団と行を共にする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
achieve consensus on group identity: それぞれに自分の帰属集団を納得させる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
情報通
   
small group of insiders: 一部の情報通 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 21
勢力
   
single group: 特定勢力 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 197
   
the groups huddle in consultation: 組ごとにかたまって相談する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 128
a single group: 一組 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 209
組み合わせ
   
six groups of letters: 6組の文字の組み合わせ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 23
団体
   
senior business group in Japan: 日本の主要経済団体 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
an American front group: アメリカの偽装団体 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 51
a peace group: 平和団体 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 360
男女の姿
   
look again at the group studying it: もう一度男女の姿をしげしげと眺めやる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 10
地位
   
be socially in the right group: 社会的に評価の高い地位につく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 56
仲間
   
of one’s group: 仲間うちの 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 125
部隊
   
this obviously select group of Marines: このいかにも精鋭部隊と思われる海兵隊員 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
   
leg at the rear of the group: 列から遅れて歩く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
連中
   
<例文なし> 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 44

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

tour groups: グループ・ツアーの旅行者
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 60
quite a group of ...: 〜は全員
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 86
isolated groups: 三々五々にかたまって
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
groups of women: 女たちが七八人ぐらいずつあつまって
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 131
group efforts: 寄せ書
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 304
group cry: 泣きくらべ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35
entire group: 家族全員
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
that is one motivated group: みんなやる気満々だ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 64
pick out from the group sb: (人を)見つける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 68
other children of one’s achievement group: 同級生たち
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
keep together in groups of ten or twenty: 十人二十人と隊伍を組む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 239
gather in groups to chat: 輪をつくって談笑する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 87
as a group of us are walking near ...: 数名の仲間と一緒に〜近くを通りかかる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
It belongs to their computer security group which is actually public: コンピュータの安全基準にかかわるNSAの下部機構の所属で、事実上、公開されています
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
particularly affectionate group of people: 特別慈悲ぶかい集団
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
an eclectic group of pictures hang on the walls: 壁にはとりたてて好みに特徴のない絵が何枚か
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
At the village of N-Giva, they encountered a group of Russian soldiers: 南アフリカ軍はン・ギヴァの村でソ連軍の部隊と交戦した
escort group: 護送集団
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
It is greater than any one individual, even than any one group: そのことがどんな一個人よりも、どんな一組織よりも、価値あることなんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168
the growing group of watchers: だんだんふえる見物
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
homogeneous group: ひとまとめにして
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129
in-group party: 内輪だけのパーティー
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 207
become effective instruments to promote group solidarity: 集団の結束力を強める有効な手段となる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
loose group: まとまりのない集団
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
obnoxious group of people: 鼻もちならぬ人たち
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 67
pariah to the group: グループの面汚し
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 231
In Plush she led a passable group in madrigals: プラッシでは、ひとかどの合唱団のリーダーだった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
promote group trips: 団体旅行をあっせんする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 257
promote group solidarity: 集団の結束力を強める
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
he saw sb rising from one of the tables with a group of prosperous-looking men: 羽振りのよさそうな一団のテーブルから立ち上がるのが見えた
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 120
be the psychology underlying Japanese group-ism: 日本人の集団指向性を裏付ける心理である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 54
ripple through the group: 広がっていく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 86
select group: 代表グループ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
splinter group: 分派
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 206
squeeze sb clean out of the group: (人は)完全に一団から押し出される
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 141
one’s gaze travelled slowly over the group: (人の)視線はゆるやかに男たちを一巡した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 272
Japanese are characterized by “group-ism”, while Americans are individualistic: 日本は集団主義的でアメリカは個人主義的である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 53activity
from the Group: グループの仲間じゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 161
ツイート