× Q 翻訳訳語辞典
seemed  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have seemed taken aback: あっけに取られているようだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 38
he seemed to require her absolution: 彼女の許しを請うているみたいだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 23
For all her reported coolness, she seemed accessible during her lecture: 冷酷な面もあると聞いたが、講義中のアン・キャンベルは心を開いているように見える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 202
Actually, life in the bungalow seemed to go on pretty much as before: 率直にいって、バンガローでの暮しは以前とほとんど変わらないように思えた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
with what have seemed like acute dissapointment: 大いにがっかりした様子で
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 37
Grim and adolescent before, he now seemed almost childish: 以前はむっつりした青年のようだったが、いまはまるで子供のよう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
He seemed agitated: 彼は動顛したようだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
Yogi seemed agreeable: ベラもこれに不満はないようだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 137
Naoko seemed almost disappointed at my answer: 僕がそう言うと、直子は少しがっかりしたみたいだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
the convulsion seemed to end almost as soon as it had begun: 凄まじい地震は、瞬時にして過ぎ去ったように思われた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
the whole country already seemed to be in an uneasy mood: あのころから、国中にはなんとなく不吉な気分がみちていた
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 38
Amazing as that seemed: われながら唖然とするが、
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 131
something seemed to have gone amiss: どうしたのか
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 39
And just when the trace seemed promising: それも、今度こそと望みを新たにした矢先のことである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
could not do anything wrong, it seemed: あれほどひどい過ちはほかになかったような気がしてならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
Anyway he never seemed to meet any girls: そもそも女と知り合う機会などおよそなさそうだった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
The four men seemed apathetic, indifferent: 四人の男たちは、冷然と、まるで気がないように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
He seemed genuinely apologetic: ガースタインはすっかり恐縮しているようだった
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
And her manner, when she appeared, seemed always willing and obedient: 返事をして出て来る奥さんの様子も甚だ素直であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
Smiley seemed about to argue this point, then changed his mind: その点でスマイリーは反駁しそうに見えたが、考えなおした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
An argument, rather than an ordinary conversation, seemed to be taking place: 能く聞くと、それが尋常の談話でなくって、どうも言逆いらしかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
That day the hacker seemed confident, even arrogant: この日、ハッカーは自信を通り越してふてぶてしいほどだった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
From his body a mild force field seemed to rise, an almost electrical aura: 弱い力の場、一種の電気的なオーラにも似たものが、自分の体から立ちのぼるように思われた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
everybody automatically seemed to think things would get much worse: だれもが短絡的に、これはもっと大事になると思ったみたい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 196
Lacon bellowed suddenly, in what seemed to be declaration of personal faith: だしぬけにレイコンが、個人的信念を公言するつもりか、大声をはりあげた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68
He seemed bewildered: 彼は面食らってしまったようだった
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 106
On closer examination, it seemed bizarre rather than frightening: あらためてじっくり見なおすと、ぞっとするというよりは、むしろ異様な感じがする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 155
no one seemed at all bothered: 誰も気にしなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
But this also seemed perfectly okay tonight: が、今夜のヒューの心は、どんな刺激を受けてもまったく波風を立てないようだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
But when at last death was very close, he seemed unable to recognize it: それでいて、眼前にせまりつつある死そのものには気が付かなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
In fact, he seemed to stand above all other celebrities: それどころか、あらゆる著名人の中でも抜きん出ていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 71
one’s expression certainly seemed deadened: まったく無表情に見えたことは確かだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
He seemed to her a lot older and had certainly put on weight: アベルはずいぶん老けこんだように見え、明らかに太っていた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 285
have seemed to lead a charmed life: 終始幸運にめぐまれた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 231
Oddly enough, it seemed that Sonoko was all the closer to me at such times: おかしなことに、そうしている方が、私には園子がより身近に居るように思われるのだった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 160
He had seemed so coldly composed only an instant before: つい一瞬前にはあれほど冷静で落ち着いていたように見えたのに、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 13
He seemed confused and a little anxious: 彼はわけがわからず少々不安な顔でたずねた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 93
The conversation seemed to me to be rather purposeless: この問答は私に取って頗る不得要領のものであったが、私はその時底まで押さずに帰ってしまった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
The civilization in the Vega system seemed very dedicated: ヴェガ星人はよくよく思いつめているらしかった
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 96
The tines of a large chrome fork seemed to be planted deep in her flesh: クローム製の巨大なフォークの先端が、深々と肉に突き刺さったような痛みだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
it seemed to be a potentially delicate matter: 事は微妙な問題を含んでいそうだった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 134
The severity of his inwardness almost seemed to demand it: 彼の内面の厳しさからして、それはほとんど必然の要請だったのだ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 33
the noise seemed gradually to die away: さわがしさはだんだんおさまっていく
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 141
In the deep shadow cast by the side of the bridge, he seemed disembodied: 艦橋の側壁がなげる濃い影のなかで、提督は魂のぬけがらのように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
But Strelski's disgust seemed alarmingly genuine: だが、ストレルスキの嫌悪は、見ていて不安を覚えるほど偽りなしのようだった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 209
this seemed absurdly dramatic: そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
He seemed embarrassed: なんだか困惑顔だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
the wait seemed endless: うんざりするほど待たされた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
It--er--seemed inevitable: いえ、当然に思えたもんですから
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 125
Eventually, she spoke, though it seemed to require considerable deliberation: しばらくしてやっと話しだしたが、それだけでも彼女にとってはかなり決断を要するようだった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
It was the Happy Hours everyone there seemed happy, save for us two: いまは飲みものが割り引きされるハッピーアワーで、われわれふたりのほかは、だれもかれもハッピーに見える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 7
The music seemed to me exceedingly vulgar: 音楽は、私には、いかにも野卑に思われた
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
His large hands hanging limply at his sides seemed exceedingly heavy: だらりと下げた大きな手が、いかにも重そうだった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 129
and the new seemed exciting, promising: 新しい時代は、心の高まりと明るい展望とを約束しているように思えたのである
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 2
It seemed an extraordinarily pure and simple face to Shimamura: ひどく単純に見えた
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 68
No matter how fast we walked, we seemed to make no progress: どれだけ足ばやに歩いても、とても前に進んでいるようには思えなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
The blimp seemed enormous moored in the field: 発着場につながれている飛行船は、いやに大きく見えた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
It seemed flat, like clay thrown against a slick concrete wall: やわらかな年度をコンクリートののっぺりとした壁に投げつけたときのような妙に偏平な音が聞こえただけだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 13
The flow seemed to be slowing down: 出血はだんだんおさまりつつあるようだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
Vallery seemed genuinely amused: ヴァレリーは、心底おかしがっているように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
He seemed genuinely amused: 本当におかしがっているように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 73
That seemed to be happening now: それが今や現実になりつつあるようだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 320
his spectacles seemed to be misting over from the heat: 眼鏡がほてりでくもってしまったようだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 70
Hell, he was on the phone to Them every fucking day, it seemed: くそっ、そういえばやつめ、毎日毎日、やつらに電話をかけまくっていたな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
The sound seemed to come from an impossible distance away: その音色は信じられないほど遠い遠いところから聞こえてくるようだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
He seemed transfixed with indecision: 逡巡で足がすくんでしまったように見えた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
be supple, so supple that seemed they would bend indefinitely without breaking: よくしなって、ほんとうにどこまでしなっても折れないようにしなる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 105
it seemed to indicate sth: そこに〜を読んだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
Over time, his inexperience seemed to compound itself: こうした年月のあいだに、女性に対する未経験度が倍加したかに見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
Cynthia gave Burt a look that seemed to say, 'You're a jackass.': シンシアがこの“下司野郎”というような目で署長を見た
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 288
This one seemed to be something of a joker,: この鹿はよほどおどけもののようでした
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 116
Silverman had covered everything and seemed to know exactly what he wanted: シルヴァ−マンは万全の手を打っており、相手の望むところを正確に見抜いているようだった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 33
She seemed to realise her own absurdity and laughed: いってから自分でもおかしいと思ったのか、声をあげて笑った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
seemed to sb at least, to create an air of purity and solemnity: 心なしか尊く清らかに見えた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 39
It seemed like an appropriate moment to leave: これを潮に私たちは退散した
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 20
be not so gifted as at one time seemed likely: 一時思っていたほどには才能がないことが解る
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 80
It seemed loose: 何かがつかえているわけでもなさそうである
sb’s manner seemed personable: 愛想がいい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 196
In Louisville, for the first time, he seemed to master his wildness: だが、マクダーモットはルイビルでようやく、なんとか自分の粗さを抑えられるようになった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
it is some seconds before he seemed able to move on: しばらくたつまでは、身動きもできぬようだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 247
ツイート