× Q 翻訳訳語辞典
faint   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うすい
   
faint smile of mockery: うすい嘲笑のような笑い 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 109
うっすらと
   
There was a faint glisten of perspiration high on Franny's forehead: フラニーの額の生え際には、うっすらと汗が光っていた サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 26
there is a faint smile on sb’s face: 口元にはうっすらと微笑みが浮かんでいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
faint yet unmistakable: うっすらと、だがまぎれもなく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 170
おぼろな
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
かきけされそう
   
sb’s voice is faint in the racket of the huge vault: (人の)声は大広間の騒音にかきけされそうだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 33
かすかな
   
the faintest hint of a croon of content: 聞きとれるかとれないほどの、満足のかすかな唸り声 ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 246
spin against the cords with a faint whine just in front of sb: かすかなうなりをあげて回転するボールは(人の)眼の前のネットに当たり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
こころもち
   
there is a faint stress on the word “must”: “しなければ”という言葉にこころもち力が入る アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 112
ささやかな
   
a faint light: ささやかな光 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 180
ほの
   
a faint red mist: ほの赤いもや 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
ほのかな
   
cast a faint shadow: ほのかな影をうつす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
ほのぼのと
   
a sphere glowing with a faint fresh light: ほのぼのとういういしい光りの球形 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 121
ぼうっとする
   
do you feel faint: ぼうっとしてるじゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
やわらかな
   
faint light: やわらかな光 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 236

意識が遠のく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
意識を失って
   
collapse again, in a faint: 再び意識を失って崩れ落ちる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
一縷の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 120
引っ繰り返る
   
But is it usual in such cases to faint often?: そんなに何度も引っ繰り返るものですか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 58
蚊の泣くような
   
faint though the voice is: 蚊の泣くような声だが 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 140
気の遠くなるような
   
the faint euphoria: 気の遠くなるような陶酔感 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
気を失う
   
the very sight of it would make a strong man faint: 見ただけで気を失う 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
be going to faint from the shock: ショック症状を起こしていまにも気を失いそうだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
腰を抜かす
   
faint right then and there: たちまちその場で腰を抜かす ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 460
失神
   
be so short of breath one can faint: 息がきれて失神せんばかりになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
弱々しく
   
sound faint and a little frightened: 弱々しく、いくらか怯えているようにひびく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
小さな
   
with a faint metallic clank: かちゃんという小さな音を立てて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
切れぎれに聞える
   
voices are faint against the sound of the sea: どよめきは潮騒に消されて切れぎれに聞える ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 100
卒倒する
   
would have made one’s sainted ma faint: もしおふくろが生きていたら卒倒したであろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
just about faint: 危うく卒倒する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
淡い
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 255
低い
   
in a voice so faint it is only a breathing: 呼吸だけのような低い声で 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 33
倒れる
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
薄ら
   
feel a faint sadness pirce one’s chest: 薄らさびしさが胸にしみる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pale and faint: 血の気を失い、意識がない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 124
in a faint: 気をうしなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
faint glow: 微光
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
wear the faintest trace of lipstick: 口紅を薄くつける
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 191
there is a faint glow: 薄ぼんやりと明るい
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
the faint hiss of the pitches as they come in: ピッチャーの手を離れたボールが、風切る音を小さく立ててこちらに向かってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
show only faint signs of a hang-over: 二日酔いの兆候などほとんど見せない
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 84
recall in one’s faint memory: うろ覚えに覚えている
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 8
one’s voice have a faint strain of New York in it: 声にニューヨーク風の妙に張りつめた感じが混じっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
not the faintest chance of ...: 〜の望みだってこれっぽっちもない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 261
mumbles a faint incantation: 小声で呪文をとなえる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 42
move in the faint motion of one’s doing: 〜するたび、かすかに動く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
just the faintest summery tang of ...: 〜の、あるかないかの夏の匂いが消えどっているだけ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 235
haven’t the faintest idea: 見当もつかない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 66
have not the faintest idea that ...: 〜がどうしてもわからなかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
have not the faintest idea: てんで知らない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
give a faint glow, like silk: 絹の艶を帯びているようだ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 229
for the faintest instant: ほんの一瞬
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
for just the faintest second: ほんの一瞬だが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
feel a faint mysterious shuddering: 不思議なときめき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 158
faintest tinge of light starts to filter through the blackness of the night: あくまでも漆黒の夜空がかすかに明るみはじめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 229
begin to have a faint idea: わかりかけてくる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 72
be crooked and irregular and faint: 不規則にゆがんだりぼやけたりしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
against the faint light of the sky: 白みかけた空の下には
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 49
a faint scent lingers in the air: しめやかな残り香が漂っている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
a faint fish smell hangs around sb: 魚くさい臭いがうっすらと(人を)つつむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
a faint tinge of annoyance: いささか当惑したような表情
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 35
a faint beam of light: かすかな一条の光
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 181
be so short of breath one could faint: 息がきれて失神せんばかりになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
A wisp of hair moved in the faint motion of her breathing: 寝息を立てるたび、髪がひとかたまり、かすかに動いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
faint breeze: かすかな風
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
a faint check comes in sb’s thought process: (人の)思考過程にかすかな行きづまりが生じる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 66
And then faint white spots clustering at the summit of a rise: それから、丘のてっぺんにかたまっているかすかな白斑・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
But he felt the first, faint chill of fear: だが、彼が戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
feel the first, faint chill of fear: 戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
A faint breeze outside stirred a loose halyard above-decks: 甲板でゆるんでいる帆策を、かすかな風が揺らした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
get a faint idea: ぼんやり感じられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 357
..., so faint as to be almost imagined: ただの幻影かと思うほどおぼろな〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
faint outline of a path: かすかな径すじ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
a faint smile pass across one’s lips: (人の)脣にはかすかな微笑がただよう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
the tone stays just as faint and uninflected: 細い声の斑のない口調である
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 188
ツイート