× Q 翻訳訳語辞典
wise   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜が関わってくる
   
timewise and locationwise: 時と位置が関わってくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 60

こざかしい
   
with a wise face: こざかしい顔つきをした ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 112
したり顔の
   
a wise nodder: したり顔のうなずき ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 52
まともな
   
it seems wiser to do: 〜するのがまともなやり方だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
らしい
   
cop-wise, experienced: おまわりらしい、やりてだぞ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 92

気のきいた
   
there is a wise tradition at ... that ...: (場所には)〜という、気のきいた伝統がある ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 10
賢明な
   
wiser and more diplomatic: 社交上賢明だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 242
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 411
口のへらない
   
wise guy: 口のへらない人 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 112
好い
   
it is wise to do: 〜する方が好い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
身のためだ
   
it is wiser to be truthful: ほんとうのことをいったほうが身のためだ マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 68
世慣れた
   
wise Swiss: 世慣れたスイス人 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 154
知恵深い
   
知識の深い
   
a wise and good old rabbi: 知識の深い高齢のラビ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 233
沈着な
   
得策
   
be wise to make oneself known in ...: (部署に)渡りをつけておいたほうが得策だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 217
分別くさい
   
give sb an older, wiser look: (人が)はるかに年上で分別くさく見える ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 49
分別をわきまえた
   
have become someone old and wise and gentle: 年をとって分別をわきまえた温厚な人間に変わっている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 239
目端の利く
   
all wise mortals: 目端の利く連中はこぞって デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 126
有益な
   
wise advice: 有益な助言 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 2
利口
   
it seems wiser to do: 〜したほうが利口のようだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 369
利口な
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
良策
   
it would be wise to do: 〜するのが良策だろう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wise up: 気を取りなおす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 257
wise things: 格言
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
Wise Men: 三博士
Wise Man: 東方の三賢者の一人
wise guy: キイタふうなことを言うな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 81
say something wise: 知恵を授ける
crack wise: 達者な口を利く
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 32
be not wise: すれていない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 77
be clever and wise: 賢い
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 7
with the clearly perturbed look of a wise first grader: 小学一年生の分別のなかであきらかにいくらかいらだった表情を見せて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
with no one being the wiser: 馬鹿にされずに
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 57
the wise thing is ...: 〜が一番である
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 140
put sb wise to sth: 〜を(人に)気づかせる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 336
perhaps it might be wise in future to do: 〜するほうが将来のためだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
it is not wise to find symbols in everything that one sees: 見るものすべてに意味を讀みとる法はない
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 75
get wise with sb: (人に)へんなまねをする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
be wise enough to do: 適当に〜する
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 10
be feeling wise to sth: 〜をわかった気でいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
be a wise guy: 利いたふうな口をたたく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
be a little wiser: 一つ利口になる
an urge sb find it wiser not to deny: こういう衝動を頭から否定してはいけないと、(人は)心得ている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 76
go around saying and doing wise things: 平凡な市井の暮らしに埋没して、賢明な言動を示す
in that wise: その点に関しちゃ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
be trying to find a suitable come-back to that wise-crack: へらず口にぴしっとお返しをしてやろうとする
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 207
be con-wise enough to do ...: 〜するほうが利口と考えるくらいの、悪党なりの知恵はある
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 249
The wise course, accordingly, was to offer: 〜を提供しておくことが賢明なやり方である
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 411
how wise and experienced it looks: その賢く大人びたたたずまい
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 35
I resent the implication, wise guy: そういうほのめかしは気にくわんぞ、口のへらないやつめ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 173
some wise inscrutable motive: 何か賢明なはかり知ることのできない考え
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 282
Being a smartass, a wise guy, a rogue on your own--that's an adventure too: 警察風を吹かせ、利いたふうな口をたたき、自分も荒くれ者になる−−それも冒険の一種
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
some wise inscrutable motive is to be served thereby: 何か賢明なはかり知ることのできない考えあってのことだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 282
status-wise:身分上は
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 62
To the Wise Men, and if necessary to my Minister personally: 賢人会議にも、必要とあればじかに大臣にも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 92
the Wise Men prefer to call it dependence, but I think that a trifle strong: 賢人会議は寄食とよぶが、それはいささか酷ないいかただろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
Tweet