× Q 翻訳訳語辞典
future   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あて
   
have not begun to think seriously about one’s future: これから何をしようというあてもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
いずれ
   
key to establishing future contact: いずれ連絡を取るときの鍵 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 190
これからさき
   
look forward to the future with a pessimism: 悲観しきった思いでこれからさきを思いやる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 87
さき
   
see future all too clearly: さきがみえすぎる 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 184
つぎの
   
for future use: つぎの投下にそなえて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27

衣食の
   
sb’s future career: (人の)衣食の口 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
運命
   
sb’s future looks bleak: (人の)運命は尽きようとしている 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 211
be acutely anxious about the future of ...: 〜の運命を、眉をひそめて真剣に憂える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 282
糊口
   
future livelihood: 糊口の資 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
今後
   
in future: 今後は ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 483
entrust one’s future to sb: (人に)自分の今後を委託する 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 25
今後は
   
be is to be sb’s future hideout: 今後は〜を(人の)かくれる場所とする 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
   
have a promising future as sth: 〜の座を約束されている 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 115
将来
   
will never have a future: (人)には将来なんてないみたいに思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
the future with sb: (人の)将来 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
take sb’s future to heart: (人の)将来を気づかう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
look down the long psychic highway of sb’s future: (人の)将来に何が起こるのかを、霊的な目ではるか遠くまで見通す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
if the future is in the hands of sb: (人に)将来を託さなくてはならないとなると フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 246
have never made sb any promise for the future: 将来を約束するようなことは、ひとことも言ってはいない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
be thought to be ... of the future: 将来は〜になると期待される プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
身上
   
take a deep interest in sb’s future: (人の)身上を本気で心配する 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
   
much less see far enough into the future to realize...: まして先のことまでは見えないから〜とはわからない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
先のこと
   
tell oneself not to dwell on the future: 先のことは考えまいと思っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
But I don't know about the future: でも先のことはわからないわ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 205
先行き
   
vision of the future: 先行きの展望 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
前途
   
future of sb: (人の)前途 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 171
別の
   
a future banquet: 別の宴会 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 258
未来
   
the future seems altogether probable: 未来は明るく事もなしという風に見える オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 124
Our Common Future: 地球の未来を守るために ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
look dimly toward the future: 暗澹たる未来を予見しているようだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
have a great future: 未来はバラ色 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
computers enable us to extrapolate trends into the future: コンピュータの未来予測技術が発達して興味深いデータが得られる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 171
can change the face of the future: 未来を大きく変える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
be admired for sb’s bright future: 輝く未来をもつ男として一目おかれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
a bleak, dreary future: おぞましい未来 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
未来の
   
future careers: 未来の事業 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 210

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the immediate future: これからのこと
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 410
the future: これから先の航海
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173
one’s future son-in-law: やがて義理の息子になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
in the future: これからは
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 237
in the future: そのうち
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
in the future: 以後
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
for the indefinite future: この先
for future benefit: 他日のため
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 17
at some future time: いつか
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 81
at some future time: そのうち
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 37
with an excellent future: 前途は洋々だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 29
there be no limit to sb’s future: (人)の行く手を阻むものは何もない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 146
talk with an eye to the future: 未来の話をする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 175
perhaps it might be wise in future to do: 〜するほうが将来のためだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 103
on some future occasion: いつかそのうち
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
in the immediate future: さしあたり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 8
have rather high hopes for sb’s future: (人に)対して持っている過分な希望を読む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
have a promising future in both departments: どっちの方面にも素質がありそうだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 371
have a great future: 前途は洋々だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 329
be unconcerned about one’s future: 呑気な事をいう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
a future residence in swh: 将来の永住地候補としての(場所)
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 158
one’s future which is precarious enough anyway: ただでさえ楽天的には考えられない運命
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 30
bearer of the future: 未来の担い手
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 251
believe in sb’s long term future: (人の)将来を長い目で見る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 272
besmear sb’s future: (人の)未来を塗抹する
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 35
a bit of future: 未来の一端
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 187
Would you go boldly into the future or would you back out?: 君が思いきって未来に踏みこむか、それともやはり、尻込みしてしまうか・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 212
He's bright young lawyer with an excellent future: しかし、若くて優秀な弁護士だし、前途は洋々だった
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 29
Since you can't face this future you are calmly able to disregard his life: 君は子供の未来を肯定できなかったから、平然とその命を無視することができたんだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 210
have sb to decide on one’s future: (人に)自分の運命を託す
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 30
sb’s whole future depends on sth: 運命を〜に賭する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 405
sb’s dismal future: (人の)わびしい行く末
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 9
What have they done that they need my past to redress their future: いったいなにをしでかして、自分たちの将来をつくろうのにわたしの過去が必要なのか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 64
all humans sharing an equal stake in its future: 全人類は一蓮托生だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 170
face the future: 未来を肯定する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 210
fail to recognize the future great love of one’s life: 生涯の恋人となるひとだと気づかない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 63
for the future: 将来を考えると
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 181
there is no reason that the future should be so full of shame: 前途にはただ恥辱あるのみときまっているわけでもあるまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 183
be given sudden glimpses of the future: ふいに未来の形を垣間見る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
glimpse a bit of future: 未来の一端をのぞく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 187
the greater the projection of a prediction into the future the less reliable it is: 一般に予想というやつは、時間の大きさに逆比例して、加速度的に有効性をなくしていく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
feel that one have to see into the future: 先を見届けたいと思う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 174
be turning out to be the iconoclastic prophet of the future: 型破りな未来の予言者ぶりを発揮しはじめる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 12
the immediate future: さしあたってのこと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
The future is intact, still unredeemed, but the past is irredeemable: 未来はまだ手つかずの、無垢の姿でそこにあるが、過去はもう書き換えることができない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 196
Later I would venture down to retrieve it for future use: しばらくたつと、わたしは危険を冒して下へ降りていき、つぎの投下にそなえてそいつを回収する...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
the foundation lays for sb’s whole future life: 一生の基礎がかたまる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 344
look into the future: 先を見届ける
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 175
look forward to an unforeseeable future: 予測できない未来を眺めようとする
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 194
a neatly ordered future: 建設的な未来
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 162
new industries of the future: 未来型産業
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 28
for future reference: 次の機会のために
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 155
a future representing something entirely new: 何かまったく新しいものを体現する未来
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 36
ツイート