× Q 翻訳訳語辞典
wet   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぐしょぐしょ
   
become soaking wet: ぐしょぐしょになる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
じっとり濡れた
   
back of one’s slender wet neck: じっとり濡れた細いうなじ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 147
じめじめと
   
the earth is cold and wet: 大地はじめじめと冷たい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 29
ずぶぬれ
   
get wet: ずぶぬれ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 154
なめる
   
wet one’s lip: 唇をなめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
べったり
   
be wet with grease: 脂でべったりだ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 30
まだ乾かない
   
wet acrylics somehow dazzling: まだ乾かないアクリル絵の具の輝き トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122

ズブ濡れ
   
put away wet: ズブ濡れのまま放っておく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 24
センチメンタル
   
be terribly wet: おそろしくセンチメンタルだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 87

一杯
   
a small wet: 軽い一杯 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
   
here is always wet: この土地には雨が多い トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 133
雨に濡れた
   
take the wet dark streets very fast: 雨に濡れた暗い通りをびゅんびゅん飛ばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
汗に濡れ
   
Simon, his brow wet face twisted with pain, said urgently;: サイモンは、額は汗に濡れ、顔は痛みにゆがんで、それでもせき立てるように言った アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 205
   
drip wet: 雫の垂れる手を振る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
湿りをおびた
   
the wet gloom: 湿りをおびた薄闇 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
湿気が多い
   
too wet to do: 湿気が多くて積もりそうにない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 413
   
down another wet: また酒をぐいとあおる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
水浸し
   
濡れた
   
plant a wet kiss right on sb’s mouth: 濡れたくちびるを(人の)口にべたりと押しつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
let the wind blow gently on one’s wet body: 濡れた身体を風に吹かせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
knot like a wet rag: 濡れた敷物のようなしこりをつくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wet one’s pants: 漏らす
wet one’s bed: おねしょ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
wet brain: アル中野郎
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
wet a handkerchief: 手ぬぐいをしぼる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 83
when it is not too wet or inclement for sb’s child to be with: 子どもの足にはむずかしいほどの荒天でもなければ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 168
sob, deep, wet sobs: せつなげに嗚咽をもらす
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 104
make you wet your shorts: 人に小便チビらせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 60
laugh so hard one almost wet one’s pants: 笑いすぎておしっこを洩らしそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
have one’s wet pants: 小便をちびる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
do feel like wetting oneself: なんとなくムラムラした気分につつまれる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 209
can’t get any wetter than this: どうせずぶ濡れだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 61
be wet with perspiration: 汗を掻いている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
be wet from a rainstorm earlier in the day: 雨上りで濡れている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
be in make-shift wet dock: 間に合わせのドック入り
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 105
be as wet as a dishcloth: ひよわな人間だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 153
be as mad as a wet hen: 色をなして怒っている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 229
be already dripping wet: それだけで汗がしとどになる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
a hand comes away wet with sweat: 手が汗にまみれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
ツイート