× Q 翻訳訳語辞典
admiration   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ほれぼれ
   
watch with admiration as sb do: (人の)〜し方は見ていてほれぼれする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391

畏敬
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 172
   
think with admiration: 感にたえて思う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
感心
   
with admiration: 感心して 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 124
高尚
   
have great admiration for sb: (人が)高尚に見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
賛辞
   
carry equal traces of admiration and amazement: 賛辞と驚きがこもっている フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 93
賞賛
   
with admiration: 賞賛の目で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
speak with admiration: 賞賛の口振りで語る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 62
speak of sb with admiration: (人)のことを賞賛の口ぶりで話す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
observe sb with admiration: (人を)賞賛の目で眺める トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
崇敬
   
He was not prepared for the claustrophobic admiration of this stranger: この知らぬ男の息苦しい崇敬をうけいれる用意はなかった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
嘆賞
   
become the object of everyone’s admiration: 一般の嘆賞の的になる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 134

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

gasp in admiration: ただ茫然と見とれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 229
cries of admiration: 嘆声
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
smile in icy admiration of sth: (物を)ひややかに受けとめる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
set tongues and heads wagging, both in admiration and distrust: 噂に花を咲かせ、首をかしげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
sb’s admiration for sb: (人が)(人に)一目置いている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 421
say with obvious admiration: 言葉には賛意がこもっている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 86
reluctant admiration greets sb’s exploit: (人の)わざの巧みさをみとめないわけにはいかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 266
looking after sb with admiration: 感にたえたような顔をして、(人の)後ろ姿を見送っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
look over sth with admiration: 惚れ惚れと眺める
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 231
have the greatest admiration for sb: (人を)敬服する
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 14
have not concealed one’s fervent admiration for sb: (人には)感嘆の眼を見張っていた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
have a great admiration for ...: 大の〜好きだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 77
feel a pang of reluctant admiration: 意に反して見とれずにはいられない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 107
exclaim in unfeigned admiration: 思わず感嘆の声をあげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 91
cries of admiration escape from the women’s mouths: 女たちは口々に嘆声を洩らす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 137
be transfixed with admiration: ほれぼれして
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
a nod of admiration: 参りました、というようにこっくりうなずく
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 58
authentic loyalty and admiration: 正真正銘の忠誠と尊敬
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 21
claustrophobic admiration: 息苦しい崇敬
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
despite one’s intense admiration for sth: 〜の熱烈な崇拝者でありながら
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 59
a measure of admiration for his own sensitivity, his own discernment: 自分の鋭敏さと眼力に対するほどほどの賞賛の念
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 336
its tireless adaptability and tenacity draw my astonished admiration and sometime even my tears: その適応性や根気強さには驚く他ないし、またどうかするとそのために涙ぐみさえする
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 78
in further grudging admiration at ...: 〜に、しぶしぶながら、あらためて感心して
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 113
feel a grudging admiration for ...: 〜に対して残念ながら賛嘆の念を禁じえない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 375
intrude the impression of admiration into one’s voice: 声に畏敬の感じをこめる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 172
At once he would be rewarded with keen-eyed cries of admiration:: すると忽ち目ざとい嘆声がそれに報いた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
in mock admiration: 感心してみせる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 45
sb’s admiration quickens: (人の)賛嘆はさらに強まる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 290
one’s eyes show obvious signs of admiration: (人の)瞳には明らかに讃歎の色が窺われる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
smile, in further grudging admiration at ...: 〜に、しぶしぶながら、あらためて感心して、苦笑する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 113
speechless with admiration: ほとほと感心して
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 137
be struck with admiration for sb: (人に)ほとほと敬服している
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 433
think with a surge of admiration for ...: 〜に賞賛の念を禁じえない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 194
Amen, thinks Burr, transfixed with admiration: アーメン。バーはほれぼれして胸の内でつぶやく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 160
unqualified admiration: 手放しの賞讃
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 164
ツイート