× Q 翻訳訳語辞典
apology   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
わび
   
express a strong feeling of apology towards sb: (人に)迷惑を掛けたことに対するわびの気持ちが強く現われている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 27

謝れ
   
demand an apology: 要求はひとつだ。謝れ! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 110
謝罪
   
sputter an apology and an introduction to sb at the same time: 謝罪と(人の)紹介をもつれる舌で同時にやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 100
謝罪する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
詫び
   
stop sb’s apology with a giggle: くすくす笑って(人の)詫びを封じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
apology for frank observations of a white girl: 白人の娘がこういう観察をしたことへの詫び トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
詫びの言葉
   
Nicholls flushed darkly, began to stammer an apology but Vallery cut him off: ニコルスはぱっと赤面し、もごもごと詫びの言葉をならべはじめたが、ヴァレリーがさえぎった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
詫びること
   
heartfelt apology: 心から詫びること 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 51
詫び言
   
the apologies are unexpectedly profuse: 詫び言は丁重だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 195

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

no apologies: どうぞ、悪しからず
no apologies: 悪くとらないで
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 47
leave one’s apologies: 恐縮する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
in apology: 済まなそうに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 266
have no apology: 何を恥じることがあろう
one’s head is lowered in apology: 頭を下げる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
one’s face drawn with apology: 顔が申し訳なさそうにひきつっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
my apologies for ...: 〜について、衷心よりお詫び申し上げます
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
bow abjectly in apology: 頭をすりつけんばかりに謝る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
after coming out with the expected apology: 一応詫びは言いながらも
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
sb’s voice as much as apology as explanation: いいわけとも謝罪ともつかない言い方
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 78
sb’s words, spoken half by way of apology half in order to console sb: 弁解のような慰謝の様な(人の)言葉
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 12
make a full apology: みんなにお詫びする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
murmur an apology: 弁解をおずおずと口にする
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 15
stammer an apology: もごもごと詫びの言葉をならべる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
tape a note of apology to one’s office door: 謝罪文をドアに貼り紙する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 51
toss off an apology: しゃらっと謝る
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 9
ツイート