× Q 翻訳訳語辞典
distance   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すこし
   
walk a distance: すこし歩く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
ところ
   
within easy breathing distance of fumes: 排気をもろにかぶるところに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163

遠く
   
in the distance: 遠くに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
in the distance: 遠くには ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
from a distance: 遠くから トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
何処か遠いところ
   
look off into the distance: 何処か遠いところを見入っている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
隔たり
   
the distance and difficulty between sb and sb: (人と)(人の)あいだには隔たりがあり、葛藤がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
sb’s distance from sb: (人と)のあいだの隔たり ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
隔て
   
shorten the distance: 隔てがゆるむ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
隔てる
   
the years of hard distance: (人の)あいだを隔てていた厳しい歳月 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
距離
   
the distance closes: 距離は縮まる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
supposed distance of the shot: ショットの予想飛距離 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
stand off a long distance: うんと距離をおく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
reflect on ... now, from a little distance: 少し距離をおいて〜を冷静にふりかえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
put distance between sb: (人との)距離を広げる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 145
love sb from a distance: 距離をおいて(ひとを)愛する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
keep a respectful distance: 気おくれしたように距離をおいている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 76
hold sb at a distance: (人)との距離を保つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
hold one’s distance: 距離をおく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
begin to keep a distance from sb: (人と)距離をおくようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
at a distance: ちゃんと距離をおいて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
a prudent distance away: 用心ぶかく距離を保つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
a peculiar distance: お互いに相手を尊重して距離を保つこと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
距離をおく
   
distance oneself from sb: (人に)距離をおく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
高さ
   
the whole awesome distance: そのおぞましい高さ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
長い道のり
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
道のり
   
travel that enormous distance to ...: 長い長い道のりをたどる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
彼方
   
stretch into an empty distance: がらんとした彼方へまっすぐ延びている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 319
避ける
   
put oneself at a greater distance from ...: 〜を避けるようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
離れたところ
   
from the considerable distance one click the shutter: かなり離れたところから望遠で撮る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
離れている
   
distance oneself from ...: 〜から遠く離れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the distance from one side to the other: 幅
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 20
sense of distance: 立体感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 159
impossible distance away: 信じられないほど遠い遠いところ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
from a distance: 遠目には
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 225
from a distance: 遠目にも
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 180
distance oneself: 心を鬼にする
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 44
commuting distance: 目と鼻の先
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
any considerable distance: 相当のところまで
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 296
within hailing distance of ...: 〜から目を鼻の先のこの区域で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
within easy walking distance of ...: 歩いてすぐのところに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
within easy walking distance: 歩いても行ける距離
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 166
with enough distance in one’s voice to suggest that ...: 〜という含みを持たせた口ぶりで
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 297
warn all human sympathy to keep its distance: 人情などはいっさい受けつけない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
want sb at a distance: (人)を寄せつけたくない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 82
wade a long distance before the water is at one’s waist: 岸から相当離れても水はようやく腰の深さ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
this wet expanse of grass flows on like waves into the distance: 草の波はどこまでもしっとりと濡れて続く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
there is no distance between sth and ...: 〜に触れるほど
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 7
the months and the years have forced a distance between AA and BB: 年月がAAをBBから遠ざけた
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 103
the autumn sky shines crystalline into the distance: 夜がさえざえと明るむ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 69
surround sb at a Distance: 遠巻きにする
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 38
some distance away from ...: 見当外れに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 272
see a familiar figure in the distance: 見覚えのある人影が目にはいる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 284
plunge the remaining distance: 一挙にどん底まで落ち込む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
pass sb’s aunt’s some distance: 叔母の家をだいぶ前に通りすぎる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 60
one’s voice come from a great distance: (人の)声がはるか彼方から聞こえてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
look aimlessly into a bovine middle distance: 眼はあてどなくのっそりと、遠くもなく近くもないところをさまよう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
keep sth at a distance: 〜を寄せつけない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 45
isn’t even within shouting distance of fine: 平気などという状態は、大声で呼んでもとどかぬほど遠くにある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
help sb every inch of the distance: 終始(ひとを)助ける
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 204
go only a short distance: ちょっとだけ進む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
go far into the distance: 遠ざかってゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
from a distance sb look flashily dressed: 遠目には派手に見える〜をみて
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 86
don’t make sb feel good about the distance sb and sb: (人)みたいでなくてああよかった、とはとても思えない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
cycle down ... a short distance: (場所を)少し自転車を走らせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 431
be within walking distance: 歩ける範囲で調達できる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
be some distance away: むこうに見えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 118
be snapped from such a great distance: ずいぶん遠くから望遠で撮られている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
be only person within howling distance: 見渡すかぎり人影もない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
be kept at a respectful distance: 敬して遠ざけられる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
be blown away over great distances: 遠くに飛ばされる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 15
as if to put greater distance between sb: (人が)少しでも離れようとする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
an obscure sense of distance and space: 漠とした感じ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
a rifle fired far in the distance: はるか彼方で引金をしぼられたライフル
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
accept one’s distance from sb: (人と)のあいだの隔たりを静かに受け入れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
the actual sight of land receding into the distance: 現実に陸地が遠ざかってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
at any distance at all: どんな距離にせよ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
wake a long distance before the water is at one’s waist: 岸から相当離れても水はようやく腰の深さ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
Results this season show it's definitely her best distance: 今シーズンの成績を見れば、一マイル半は彼女のいちばん得意の距離だということがはっきりしています
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 248
The girl's jewelry looked cheap-showy even from this distance: 女のジュエリーの見かけだおしであることは、その距離でもわかる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 369
the lane continue to wind for some distance: 道は相変わらず曲がりくねっている
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 168
the actual sight of land receding into the distance never made sb cry: その(人の)涙は、現実に陸地が遠ざかってゆくときには、ついぞ流れることがなかった。
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
Suguro decided he should just watch from a distance and then go home: ただ彼女をここからそっと見るだけで帰るのだと勝呂は心に言いきかせた
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 98
the distance and difficulty between sb1 and sb2: (人1と)(人2の)あいだには隔たりがあり、葛藤がある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
go the distance: 切れ目なく続く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 150
can hold an audience over a distance like that: 読者を引きずってこれだけの大長編を読ませうる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 12
hover at a little distance: 少し離れたところで機を窺っている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 164
the distance hurts: 隔たりが厳しい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
and illness shortens the distance between a man and a woman: 病人相手ではつい男女の隔てがゆるみ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
The sound seemed to come from an impossible distance away: その音色は信じられないほど遠い遠いところから聞こえてくるようだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
as ..., the distance seems to increase: 〜につれて、その距離はいよいよ遠くなりまさるようだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 140
an indefinable sense of distance: 得体の知れぬ距離感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 52
sb’s warmth keeps the winter cold at a distance: 身うちに冬の寒夜をものともせぬ温気がこもる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 100
the distance he leave her: 男が女とのあいだに保とうとする距離
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 127
look out into middle distance: ほどほどの遠方を望む
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 45
mentally measure the distance: 距離を目測する
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 82
middle distance: ほどほどの遠方
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 45
stare toward the middle distance: 空中に目をこらす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
distance was no barrier to conversation: 距離は一向に彼らの会話を妨げはしなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 67
keep the distance from one’s target with nonchalance: つとめてさりげなく、ターゲットから一定の距離を保つ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 27
The quality of our relationship was partly created by a peculiar distance: わたしたちのこの良好な関係は、一つには、お互いに相手を尊重して距離を保つことで成り立っていたと言える
"Let me try it differently," she proposed when they had walked a distance: 「じゃ、ききかたをかえるけど」すこし歩いてから、彼女はいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
recede into distance: みるみるうちに遠ざかる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 63
ツイート