× Q 翻訳訳語辞典
notion   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なりの
   
cling to one’s notions of abstinence: (人の)なりの耐乏生活を守る ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 311

ポリシー
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76

意見
   
float notions: あたりさわりのない意見を口にする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
疑念
   
can not rid one’s mind of the notion that ...: 〜という疑念をなかなか拭い切れない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 94
空想
   
an irresistible notion: 抗いがたい空想 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 35
見当
   
have no notion how ...: 〜すればいいのか見当もつかない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 195
光景
   
have queasy notions of ...: 〜するいやな光景が頭にうかぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
考え
   
test oneself with the notion that ...: 〜だという考えを自分にためしてみる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
have a notion that ...: 〜という考えを抱く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
abandon the notion: その考えを放棄する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
思いつき
   
some crazy notion that ...: 〜という、いかれた思いつき ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 64
mad notions: 突拍子もない思いつき スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 118
hasty notion: 軽はずみな思いつき 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 49
crackpot notions: 気ちがいの思いつき アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 323
助言
   
valuable notion: 貴重な助言 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
図を想像する
   
the notion of doing ... has its satisfying aspects: 〜する図を想像すると愉快でたまらない カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 92
   
Freud’s notion: フロイトの説 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 164
想い
   
certain bizarre and intriguing notions: 奇妙な謎めいた想いがあれこれ オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 76
定式
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 40
提案
   
grunt at the notion: この提案に不満の声を発する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
予感
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
   
the notion of boyfriend and girlfriend is meaningless to sb: ガールフレンドやボーイフレンドといった話は唐突すぎる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 127

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what a notion: 考えるだにすごい!
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
great contradictory notions: 矛盾が錯綜する大いなる混沌
wrestle with the notion of telling sb ...: (人に)〜を言おうか言うまいかと迷う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
the whole notion of a challenge: 挑戦されたと思っただけで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
the notion of ... give sb the willies: 〜は考えただけでもぞっとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
the notion has occurred to someone that ...: 〜と誰かが思う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
the more ludicrous notions: 世俗のこと
tease oneself with the notion of another life: べつの人生を送る自分を想像したりする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
sb’s notion of a sexual overture: (人の)口説きの流儀
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 101
not really get the notion of ...: 〜は思いもよらないことだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 108
let the substance out of that notion: そうした考えは根のないことと悟らされる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 87
it isn’t my notion of the thing, at all: そんなつもりは毛頭ありません
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
have no real notion of ...: 〜はよくわかってはいない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 366
have no notion of what sb means by ...: (人の)いう〜という意味がよくわからない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
have no notion of sth: 何もわかっていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
have a great notion of oneself: 大きく出る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 215
entertain the notion of doing: よろこんで〜したいと思う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
eccentric and extravagant notions often enter sb’s head: 突飛で奇矯な発想をする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 141
don’t have a notion of not having: 貧乏ってものがわかってない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 383
Also, I had no notion of what Sensei meant by "guilt.": いずれにしても先生のいう罪悪という意味は朦朧としていてよく解からなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
be attracted by the notion of doing: 〜という思いつきが気に入って
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 4
broaden our notion of ...: 〜というものをもっと広範囲にとらえる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 65
dismiss the notion: その思いを振り払う
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 262
dispel the notion that ...: 〜ではないと納得できるはずだ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 121
the notion was false: それが嘘っぱちだ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 200
a notion gains strength in sb’s mind: 考が頭を擡げて来る
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 235
Hostility towards Rick was a new and giddying notion for Pym: リックに対する反感というのは、ピムにとってあたらしい、めくるめくような感覚だった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 188
knuckleheaded notion: たわけた独断
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
a long-standing notion: 長いあいだ信じられてきた通説
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 37
the notion so obsesses sb that ...: そう考えると矢もたてもたまらず
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 33
this outrageous notion: この突飛な考え
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 335
can not rid oneself of the notion that ...: 〜な気がしてならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 106
secretly cherish the notion that ...: 〜という期待を心のどこかに抱く
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 44
can’t shake the notion that ...: 〜という思いが(人の)胸を去らない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 592
be not as certain of this outrageous notion as one sounds: この突飛な考えに口ほどは自信がないのである
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 335
suppress that hasty notion: こんな思いつきにひそむ軽はずみをしっかりと押さえつけた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 49
This notion terrified her: この考えは彼女を戦慄させた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
thinks, is this sb’s notion of a sexual overture?: これが(人の)口説きの流儀かしら、と訝る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 101
ツイート