× Q 翻訳訳語辞典
excuse   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
お断りしておく
   
excuse me: お断りしておきますが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 34
これさいわいに
   
gladly seize the excuse of ... to do: 〜をこれさいわいに〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173

我慢する
   
be requested to excuse any inadvertent swagger sb may detect in ...: 少しく大きな顔をして〜するのを我慢しなければならない 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 24
言いのがれ
   
make excuse to sb: さまざまな口実をもうけて(人に)言いのがれをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
言い訳
   
offer some sort of excuse: 言い訳らしい言葉を使う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
make excuses: 言い訳を並べる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 370
do not accept excuse: 言い訳には耳を貸さない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
言を許す
   
if you will excuse sb: いや、(人の)言を許していただきたい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
言訳
   
all excuse aside: どんな言訳があるにせよ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 260
口実
   
utilize every excuse to do: あらゆる口実をもうけては〜する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
use the incident as an excuse to renege on one’s promise that ...: その一件を〜という約束を反古にするための口実に使う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
use ... as one’s excuse: 〜をいい口実にする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
on a frail excuse: 口実にもならぬ口実で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
make some excuse: 口実をもうける レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 114
make excuses for oneself: 自分自身への口実をもうける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
make excuse: 口実をつくってやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
辞退
   
make an excuse: 辞退する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
申開き
   
make excuses: 申開きをする 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 57
弁解
   
make excuses: 弁解をならべる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
make all sorts of excuses: 色々弁解する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 181
弁護
   
think of one excuse after another: 色々の弁護を自分の胸で拵える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that is no excuse: だめだよ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 44
excusing oneself: あいさつもそこそこに
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 142
excuse the profanity: あ、ごめん、きたない言葉使っちゃって
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
excuse oneself early: 中座する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 233
excuse oneself: その場を辞す
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 255
excuse oneself: ちょっと失礼すると言って席を立つ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 69
excuse oneself: ちょっと失礼と言う
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 122
excuse oneself: 辞する
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 39
excuse me, sir: つかぬことをお伺いしますが
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 35
excuse me: ちょっとうかがいますが
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 484
excuse me: ちょっとそれ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 58
excuse me: まあ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
excuse me: わかりませんね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 180
excuse me: 尾籠な話だが
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 36
arguments and excuses: 口実
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
write one’s own excuse slips and forge sb’s signature: (人の)筆跡を真似て病欠届けを偽造する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
using ... as an excuse to do: 〜を口実に〜する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
sorry excuse for a garden: 猫の額ほどの庭
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
provide a convenient excuse: 〜ということが難癖をつけるのに都合がよい
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
owe sb some excuse: たとえ口実にしろ、別れの挨拶だけはしなくてはいけない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
long for an excuse to do: 〜したくてうずうずする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
it doesn’t excuse ...: それは〜を許すものではない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
if you will excuse me mentioning it: 私のようなものがこんなことを申してはなんでございますけど
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 122
giving the excuse that ...: 〜と称して
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 231
excuse the appearance of the place: ちらかっててすまんがね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 283
excuse oneself to go to the men’s: トイレに行く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
excuse oneself from the conversation: 話をうちきる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 145
excuse oneself from the company: 座をはずす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
each remark become an excuse for additional laughter: 何かひとこと言うたびにわっと笑い出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
could you please excuse us?: すまんがはずしてくれないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 105
beg leave of sb to be excused: (人に)「失礼します」と言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 376
be ready to run away at the first excuse: 折あらば逃げ出そうと構えている
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
the best excuse: 都合のいい口実
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
blurt out some excuse or equivocation: 弁解したり逃げ口上を言う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 243
excuse oneself from sth with a curt wave of the hand: にべもなく手を振って辞退する
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 106
the excuse sounds lame even to sb’s ears: われながら力ない言い訳に聞こえる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 112
be excuse enough: 恰好の口実になる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 27
feeble excuse: 薄弱な口実
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 199
take ... as one’s excuse to go: 腰をあげる口実とする
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 32
have a very good excuse: もっともらしい口実がある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 51
But it has at least the saving grace of antiquity to excuse it: でも、とにかく古いというとりえがあるんで面目はあるというものでしょう
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 148
not that sb ever needed an excuse to do: もっとも(人は)〜する口実など必要としなかったが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 30
a pleasant excuse: 当り触りのない口実
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 108
(sb), predictably, enjoyed competition and for years, had utilized every excuse to lure sb into joining him in various sports: 言うまでもなく、(人は)競争好きで、長年にわたってあらゆる口実をもうけてはさまざまなスポーツに(人を)誘いこんできた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
some probable excuse: なにかいい口実
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
sth provide a convenient excuse: 〜ということが難癖をつけるのに都合がよい
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
can not think of a resonable excuse: もっともらしい言い訳が思いつけない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 223
an excuse for further sidetracking: 話のそれるたね
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 262
excuse oneself stolidly: のっそりと詫びを述べる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 158
offer some such excuse as ...: 〜なぞと弁解をする
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 52
ツイート