× Q 翻訳訳語辞典
grave   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いとも厳粛な様子で
   
grave yellow-shawled Tunisians plucks at the strained strings of monstrous lute: 黄色いショールをつけたチュニス人が、いとも厳粛な様子でばかでかい琵琶の張りつめた絃を掻きならしている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
きつい
   
grave limit: きつい枷 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 30
しかつめらしい
   
a grave woman called AA: AAというしかつめらしい女 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 234
すごく
   
with grave reservations: すごく嫌がったんだけど 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 24
とりかえしのつかない
   
turn out to be a grave mistake: とりかえしのつかない失敗となる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
むっつりして
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
ものものしく
   
a grave nod: ものものしくうなずく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 159

暗く
   
grave and unhappy: 暗く悲しげ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 241
謹厳寡黙
   
be normally a taciturn man, grave and unsmiling: ふだんは謹厳寡黙、にこりともしない人物である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
険しい顔で
   
be grave and quiet: 険しい顔でじっと黙りこんでいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
固い感じの
   
judging by the grave nod of one’s head: 固い感じの首の振り方といい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
重々しい
   
state sth in a grave portentous manner: わざともったいぶって重々しく述べる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
重々しい顔をした
   
sb’s grave mustached father: 口髭をはやし、重々しい顔をした(人の)父 ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
重々しさ
   
sb’s face grows very grave as sb do: 〜するうちに、(人の)表情に重々しさが加わる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 248
重度の
   
grave emotional distress: 重度の精神障害 バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 51
重味がある
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
深刻な
   
sb’s face assumes a very grave expression: 深刻な表情を顔に浮かべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
真剣な
   
with a grave face: 真剣な顔で ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 240
grave eyes: 真剣な目 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 69
荘重な
   
talk in a grave voice: 荘重な声でしゃべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 32
大変な
   
in a grave moment: 大変な時に クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 303
沈痛な
   
Vallery turned to the Admiral, his face grave: ティンドルをふり返るヴァレリーの顔は、沈痛だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
曇っている
   
sb’s face is grave and anxious: 顔は不安に曇っている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 105
   
take flowers to a certain grave: 或仏に花を手向けに行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
   
visit sb’s grave: (人の)墓へ参りに行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
go to one’s grave keeping a tight hold on one’s secrets: 秘密を胸にしっかり抱え込んだまま、墓に入る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
a freshly dug grave: 掘られたばかりの墓穴 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 44
墓穴
   
sb’s coffin is lowered into its grave: (人の)棺が墓穴に埋められる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 349
由々しい
   
grave irregularities: 由々しい不正 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
由々しき
   
grave consequences: 由々しき事態 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 335

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

visit sb’s grave: (人の)墓参へ行く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 207
have grave reservations: もろ手をあげて賛成することはできないと思う
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 328
graved stone: 彫像
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 320
from one’s grave: 草葉の蔭から
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 14
there is a grave lack of communication: 意思の疎通を決定的に欠く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 30
sb, now in sb’s grave: 今は石の下に眠る(人)
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
now at least five years in one’s grave: (人が)他界してから、もう五年以上になる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
listen with grave interest: じっと聴きいる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 89
it is not grave: 別に問題はない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
have very grave objections to sth: (物とは)ひどく食いちがう
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 18
fear nothing more grave than sth: 〜がいちばんこわい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 472
be rolling in one’s grave: 草葉の陰で苦虫をかみつぶしたような顔をしている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
be a little grave: ちょっぴりもったいぶってるみたい
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 157
be a little grave: むずかしい顔してる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 150
Actually, for me marriage could probably be some very grave happiness: その実結婚は、僕にとって何か極めて重大な幸福かもしれないんだ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 157
accepting and grave: 近づきがたいところがなく、それでいて重味がある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
can’t have counted on having a grave handy: 都合のいいお墓があるかどうかわからない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 170
crowd round the grave: 墓穴の周りにひしめく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 121
Decay, rot, disease, an early grave: 活力は衰え、物忘れはひどくなり、あちこちが故障して、早い者から順にあの世行きである
one’s early grave: (人が)早く死んで葬られた墓
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
wear a grave expression: 謹厳な顔つきをする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
fresh grave: 掘られたばかりの墓穴
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
be hailed as the answer to grave emotional distress: 重度の精神障害を治療する方法として広く認められている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 51
count on having a grave handy: 都合のいいお墓があるかどうかわからない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 170
a sort of honorable grave: 誉れの墓地のような
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 11
Indeed, the grave stood like some monstrous thing, forever separating us: むしろ二人の間に立って、自由の往来を妨たげる魔物のようであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 42
grave limits: きつい枷
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 30
looking grave: 心配そうな顔で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
grave and majestic cathedral: 重々しく壮大な大聖堂
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 15
neglected grave: なおざりにされた墓石
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 135
gradually realize how grave the situation is: 事態の重大なことがだんだん呑み込めてくる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
His sidekick was a grave woman called Dawn: お供はドーンというしかつめらしい女
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 234
small grave: こじんまりした墓
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
I am afraid that whatever theory we state has very grave objections to it,: われわれがどんな見こみを立てようと、警察の考えとはひどく食いちがうにきまってるさ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 18
Did my wife tell you whose grave I was visiting?: 誰の墓へ参りに行ったか、妻がその人の名をいいましたか
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
ツイート