× Q 翻訳訳語辞典
thoughtful   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
遠く
   
thoughtful consideration: 遠く慮る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
回顧的な
   
have a thoughtful look: 回顧的な顔をしている 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 19
考えこむ
   
sb’s voice trails off into a thoughtful silence: 語尾が薄れ、黙って考えこんでしまう ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 74
考え抜かれた
    辞遊人辞書
自分の内側をのぞきこむような
   
Polly sounded sad and thoughtful: 自分の内側をのぞきこむような悲しげな声でポリーはいった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
心こめた
   
thoughtful attention: 心こめた手入れ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 84
慎重な
   
remark in a thoughtful tone: 〜の答えも慎重だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 123
慎重に
   
slow and thoughtful: そろそろと慎重に フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 231
妙に思慮ぶかげな
   
thoughtful voice: 妙に思慮ぶかげな声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

thoughtful gentle sb: 痒いところに手の届くほど心遣いを見せている(人)
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 55
look thoughtful: 考える眼をする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 188
look thoughtful: 思案の態だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 147
be looking thoughtful: 何か考える顔になる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 218
with a certain thoughtful deference: お互いに一目置いてある程度の距離を保っている
toss sb a thoughtful look: したり顔を(人に)向ける
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
that is very thoughtful of sb: たいへんご親切な申し出だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
say in a thoughtful tone: 考えこんでしまう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 113
in a thoughtful frame of mind: なにやらもの思いにふけりながら
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 350
give sb a thoughtful stare: (人を)まじまじと見つめる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 112
give sb a thoughtful look: 何かあるなという顔で(人を)見る
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 461
be really most thoughtful: じつに用意周到だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 42
after a thoughtful pause: しばらく間をおいてから
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 182
one’s voice taking on a distant,thoughtful quality: ぼんやりと考えこむようにいいながら
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 50
sound sad and thoughtful: 自分の内側をのぞきこむような悲しげな声でいう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
ツイート