× Q 翻訳訳語辞典
existence   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
人生
   
生き方
   
libertine existence: ふしだらな生き方 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
生涯
   
in sb’s whole existence: 一生涯 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 204
生存原理
   
a cruel existence: むごい生存原理 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
存在
   
loudly remind sb of one’s existence: いろいろとうるさくおのれの存在をアピールする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
independent existences: 別々の存在 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 81
evince no recognition whatever of the existence of sb: いっさい(人の)存在を無視する態度に出る ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 352
be hardly aware of sb’s existence: (人には)〜というものが殆ど存在しない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
achieve real power over existence: 存在に対する実権を握る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 59
有無
   
existence of God: 神の有無 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 16

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

human existence: 人生
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 16
continued existence: 解消しない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 66
come into existence: 〜になりえる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 14
come into existence: 結成される
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 303
come into existence: 誕生
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 105
what one’s existence have been based upon: 今まで立っている地盤
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
the stuff of existence: 現実の具象
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
take some sudden startling control over sb’s existence: 突如としておそろしい力で(人を)支配しようとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
simply be laughed out of existence: 笑われて笑われて笑われぬかれていたたまれなくされる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 103
live an austere dowager’s existence: そのまま行いすます
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
live a reclusive existence: 世間の目を逃れて暮らす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
lead a meaningless existence: ただこうして生きているだけだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 128
lead a celibate existence: 独身生活を続けている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 195
ignore completely the existence of sb: (人と)一向音信の取り遣りをしない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
have be now become part of sb’s normal existence: (人は)〜に馴れている
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 12
erase oneself from existence: 自分で自分の生命を吹ッ消す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 312
enjoy a very free and easy existence: まずは太平楽に暮している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 136
continue undisturbed existence in ...: (場所)での平穏な生活を続ける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 26
be the normal condition of sb’s existence: (人の)日常茶飯事になっている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
a daily existence of hopping along the highwire: 綱渡りのロープの上を走ってみせる生活
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
the absurdity of existence: 存在の他愛なさ
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 7
The existence of plutonium-186 was bad enough: プルトニウム186の存在は、なんとも厄介だった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 27
lead a peaceful, contented existence: 安穏なみちたりた生活を送る
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 34
this sedentary domestic kind of existence: 家にひきこもりがちなこうした存在の仕方
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
immediate problems of existence: 生存ということそのものから直接に生じる問題
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 24
justify its existence: 実施の意味さえ理解できない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
Not a very consequential existence but an existence nonetheless: たいした世界ではないにしても、とにかく動きつづけてはいた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 101
not the smallest part of one’s existence reaches sb: 自分の存在がみじんも(人に)通じない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 20
probably would starve oneself out of existence: 餓死することは自明である
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
prosaic fact of the universe’s existence: 宇宙の存在という単純な事実
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 244
a shifting of the responsibilities of existence: 生存の責任を転嫁すること
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 125
sb’s existence is tolerated: (人の)生存が許される
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 135
one’s own unique existence: 自分の固有の存在
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 3
ツイート