× Q 翻訳訳語辞典
invariably   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いつでも
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
いつも
   
He was invariably right: ウィリアムスの読みはいつも当たっていたという ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 291
be invariably disproved: いつも肩すかしにおわる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 26
いつもは
   
weather forecasts are invariably wrong: いつもは的中しない天気予報 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 251
きっと
   
it is invariably sb who does: 〜するのはきっと(人)だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 173
きまって
   
Sidd invariably groaned: シドはきまって不平のうめきをあげた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
invariably take ... in beautiful stride: きまって〜をあざやかに受けとめる サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 115
Invariably his destination was a plain which was said to be former land: 行く先は、きまって、昔陸地だったといわれる、高台だった 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 262
... invariably overlooked: 〜はきまって無視される アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 55
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
たいてい
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
たえず
   
be invariably at sb’s side: たえずつきっきり ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 577
どうしても
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
なにかといえば
   
invariably say ...: なにかといえば〜と声をあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246

一つの例外もなく
   
be invariably absurd: 一つの例外もなく荒唐無稽だ カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 240
欠かさずに
   
invariably pay a call on sb: 欠かさずにたずねてくる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 42
決まって
   
invariably these events are followed by ...: このような折には、決まって〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 124
誰もが
   
one’s companions are exclusively male and invariably drunk: いつも付き合うのは男ばかりで、誰もが酔っ払っている ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 133
必ず
   
invariably insist on doing: 必ず〜するといって承知しない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
必ずといっていいくらい
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
必然的に
   
invariably accompany one’s explanation of ...: 必然的に〜の釈明にもなる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 341
例外なく
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 46
例外なしに
   
invariably pull out all the stops: 例外なしにあらゆる音色を奏でてしまう ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 203

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the unborn child invariably takes second place to the circumstances of the parents: 親の事情が主で、生まれてこようとする子供は従である
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
sb invariably want ... back in such very small change: こだしに取戻したがるのもまた(人)だからね
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 120
be invariably the case, all the world over: もっとも世界じゅうどこでもそうしたことに決っているのだが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
almost invariably: かならずといっていいほど
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
turn out to be invariably interesting and enriching: 必ず面白い私にいろいろなことを教えてくれる人たちだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 111
The first summer, they said, is invariably hell: 移って最初の夏はひどい目に遭うという
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 51
ツイート