× Q 翻訳訳語辞典
class   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜級の
   
a diminutive Hunt class class="linkInReibun" href='./?word=destroyer'>destroyer: ハント級の小型駆逐艦 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78

しゃきっとしたところ
   
show sb some class: (人に)ひとつしゃきっとしたところを見せる オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 209
なかなか上品だ
   
class="linkInReibun" href='./?word=Class'>Class: なかなか上品だったぞ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163

クラス
   
go first class: ファーストクラスの旅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
finished top in one’s class: クラスではトップだったんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
class class="linkInReibun" href='./?word=president'>president: クラス委員 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100

階級
   
ruling class: 支配階級 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
administrative class: 支配階級 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
教室
   
a hush falls over the class: 教室がしんとする 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 95
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
講義
   
confusing classes: 難解な講義 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
講座
   
the indoctrination classes: 思想講座 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
時間
   
the next science class: この次の理科の時間 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 56
授業
   
cut classes: 授業をボイコットする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
classes were over at class="linkInReibun" href='./?word=noon'>noon: その日の授業は午前中に終わった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
集団
   
class class="linkInReibun" href='./?word=characteristics'>characteristics: 集団特性 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
道場
   
go to classes: 道場へかよう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
品格
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 447
毛並みのよさ
   
have a drop of class class="linkInReibun" href='./?word=to'>to sb: (人に)毛並みのよさがちょっぴりある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

no classes: 学校はお休み
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
lower classes: 下々
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 64
have class: 品格がある
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 205
behave with class: 上品に振る舞う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 205
be in the class of ...: 〜と同等
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
wispy young men of the polo-playing classes: ポロでもやりそうな、ほっそりしたからだつきの若い男
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 242
prepare for the class: 下調べする
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 27
oh, a member of the upper classes eh?: なんだ、お上品ぶりやがって
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
lend a certain touch of class: いくらか上品な感じになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
in a statistical class by itself: 統計ではケタちがいの数字を示している
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 199
have got real class: できがいい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 31
get a D in a drawing class: デッサンでDをもらう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
be almost in the class with sb: (人と)似たタイプだ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 188
a woman of a better class: もう少しどうかした婦人
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 45
a thief of the worst class: 陰険な泥棒
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 475
the first-class seats are always sold out: ファースト・クラスは毎度満席になる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 26
monseigneur, as a class have dissociated himself of his not being appreciated: フランス貴族たちは、もはや彼らが階級として少しも尊敬されていないことを、ことさら目をふさいで見まいとしている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
frugal upper-class approach: けちな上流階級式やりかた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
arena of high-class crime: ハイクラスの犯罪分野
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 285
attract the better class of talent to the minor role: 上のクラスの俳優でも進んで端役を演じてくれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 17
high-class four-bedroom condominium: 4LDKの高級マンション
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 229
he thought it did lend a certain touch of class to Main Street: これでメイン通りがいくらか上品な感じになるだろうとは思った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
do not confine oneself to any particular period or class of object: 別に、種類とか時代にはこだわらないで集めたものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 14
he had been daydreaming his way through math class: 算数の授業中、彼はずっとぼんやりしていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
be a dedicated, world-class sulker: ふてくされて見せることには年季が入っている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
a class on its way to destruction: 滅びゆく階級
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 167
first-class doctor: 名医
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
during art-history class: 美術史のクラスで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 309
be a cadet in a previously selected entering class at ...: 推薦で〜の学生になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
you’re doing a first class job: きみはじつによくやっているよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 224
first-class all the way: 超一流
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 184
a first-class officer: 一流士官
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 81
first-class insinuation: 高級なあてこすり
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
class formation: 整列
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
be class a fuck-up: 見上げたドジ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 124
graduate in the top of one’s class: クラスのトップで卒業する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323
attending class is no hardship: 講義はまったく苦にならない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 244
high-class hotel: ちょっとしたホテル
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 13
a kind of high-class dilettante: ひとりの秀でたディレッタント
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 8
a high-class title: 由緒ある家柄
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
class be held: 授業がおこなわれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
be in my math class: 数学の時間はいっしょ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 265
intolerably gentility of the upper class salon: 上流サロンの鼻持ちならないお上品さ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 159
working-class kid: 労働者階級の小倅
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411
leave one’s freshman class at Harvard: ハーヴァード大学一年生の籍をなげうつ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 16
a real low-class mind: げす根性丸出し
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 333
take on these pudding-y, plump, vapid, low-class children: うすのろでぶくぶくの育ちの悪いこの娘たちの面倒を見る
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 69
middle-class dry goods wholesaler: 呉服などの中ぐらいの問屋
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
world-class needler: 人をからかうことにかけては第一人者
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
be now more possible in a wider economic class than ever before: かつてないほど多くの女にとって前のように無理な注文ではなくなる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 48
a first-class insinuation never reaches a man like that: こんな高級なあてこすりの通じる男じゃない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
reopen for class: 休みが明ける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 102
have a world-class reputation: 世界的名声を博している
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 326
be smaller than average in my class: クラスでも小さい方なんです
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 70
speech therapy class: 話し方教室
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
Tebbetts was a world-class needler, and he decided to sting Kramer: 人をからかうことにかけては第一人者のテベッツは、クレーマーに一泡吹かせることにした
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
it is a first-class ticket to ...: 大手をふって(場所へ)出かけられる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 173
world-class production capabilities: 世界屈指の生産能力
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 112
He was going to create a world-class library on the career of Darryl Grayson: ダリル・グレイスンに関する世界有数の資料館を作る、という仕事だった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 318
ツイート