× Q 翻訳訳語辞典
shudder   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おぞけをふるう
   
skid the car to a shuddering stop: 車を横滑りさせて、おぞけをふるうような急停止をする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 89
shudder at the taste: その味におぞけをふるう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
がたがた震える
   
shudder in sb’s company: (人の)そばに寄るとがたがた震える ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 92
ぐらっとゆらぐ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 453
なんだかざわざわとおそろしい気持になる
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
ひとつ大きく身ぶるいする
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 168
ひやりとする
   
shudder at the fawning sweetness in sb’s voice: その声の阿るような甘さにひやりとする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 136
ふるわせる
   
shudder all over: 全身をふるわせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
ぶるっと身ぶるいする
   
He shuddered pulled his scarf higher round his neck: 彼はぶるっと身ぶるいし、スカーフを首のまわりにひっぱりあげた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 280
ぶるぶると身体を震わせる
   
She downs the glass and shudders: グラスをおいたサラ、ぶるぶると身体を震わせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 186

小さくふるえる
   
"Yes," Kelly's body shuddered for a moment: 「うん」ケリーの肩が、一瞬、小さくふるえた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
身ぶるい
   
retort with a shudder: 身ぶるいしてこたえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
身震いする
   
shudder to think what might be like: 〜はいったいどうなるのか、考えただけで身震いしてしまいそうだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 345
震える
   
one’s body shudders with fear: 戦慄に身が震えるのを覚える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
戦慄
   
shudders of dread: 戦慄 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 176
戦慄する
   
At that moment he shuddered without knowing why: そのとき本多は、われにもあらず戦慄していた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
体を震わせる
   
The mama-san shuddered: とママは体を震わせた 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 219
怖気をふるい
   
with a shudder: ふるふる怖気をふるいながら ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 121
慄然とする
   
Isao shuddered as the thought came to him that he would soon give birth: 自分はやがて生むことをはじめるのだ、と思って勲は慄然とした 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

think with a shudder as sb’s eyes rest briefly on ...: 一瞬、その目が〜のうえで止まったのに気づいて、ぞっとする
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 71
shudder open to one’s fullest extent: がたぴしといっぱいにひらく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
it made sb shudder and feel very cold: ぞくっと寒気がして来た
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 114
give sb a shudder to think of it: 思っただけでもふるえあがる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 240
a shudder passed along my spine: 背筋がぞくっと痺れたのを憶えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 173
a cold shudder of something like panic: 焦りに似たようなもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 171
shudder involuntarily: 思わず、ぞっとする
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 32
a shudder pushes sb tighter into sb’s arms: 身震いして(人の)腕にすがりつく
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 307
visibly shudder: 思わず身震いする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 181
ツイート